忍者ブログ
その女の子が信じてくれたなら、ドロボウは空を飛ぶことだって、湖の水を飲み干すことだってできるのに
[74]  [73]  [72]  [70]  [69]  [68]  [67]  [60]  [62]  [66]  [65
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

さて、今日はクロボンさんのを作りました。

クロボンさんの作成を開始するにあたって、デザインナイフの刃も新しいのに付け替えました。
今までの刃は長いこと使っていて、旧キットEx-S,MG・Ex-S、グフカスタム、旧キットガンダムと、4つの作成を手伝ってくれた古強者です。
ですが切れ味も落ちてきて、さすがに替えた方がいいだろうとおもって、新調した刃を使ってみたら・・・・
すげー切れ味
切れ味爽快ですよ。
その分、危険も増したわけで、注意して使います「切れてな~い」ってわけにはいきませんから。

クロボンさんですが、小型MSだからなのか、パーツが非常に小さい
です。
ちょっと見てみると・・・


ちいせえ

横幅1cmはいいとしても、縦に伸びるみたいなのが細いですね。
ランナーから切り離す時、かなり神経を使いました。
デザインナイフでのゲート処理も怖いです。ポッキリ折ってしまいそうで。

と思ったら、上には上がいます。


さらにちいせえ

さらに細い。ただの棒ですから。径が1mm程度の。
これは怖いです。適当に切ると負荷がかかって、簡単に棒が折れてしまいそうです。
うちのニッパーは本当に切れ味悪いのでね。
少しずつ、すこしずつ力を加え、切り離し成功。
は~、怖かった。
新しいニッパー買おうかしら。

しっかし、ここまで来ると、金型を作ってる人も匠の世界ですな。凄い精度です。
どこまでパソコンなど機械で出来るのか分かりませんけど。

で、ここでちょっとした喜びが。
私、今まで土踏まず関節のあるキットを作った試しが、ほとんどないのです。
MGとかにはさすがにありますが、やはり旧キット基準の人間ですから、こんなところに関節があるというだけで、嬉しくなってしまう
のです。
で、クロボンさんの土踏まず関節の構造です。


土踏まず関節の構造

左にある白いパーツは、上にはめる装甲ですな。
これを外した状態です。

分かりますか?
要するに、小さなピン(踵側)と、それを挟み込むパーツ(爪先側)で、合体させているわけですな。
ピンをパチっと押し込むことで固定されるわけです。

こんなパーツ、自前では作れませんね
で、動かしてみましょう。


動くぞ、こいつ

こんなに動きます。素晴らしいですね。
さらに驚いたのが、土踏まず関節が可動するとき、赤いところの前の部分と後ろの部分が、ギリギリで干渉しないようになっているんですよ。
実際には、少し擦ってます。が、たいした抵抗もなく、スルって感じで抜けていきます。

凄まじい精度です。もう、0.1mmとかの世界ですよ。
これ以上位置が前後してしまったり、ちょっとパーツが厚くなったりするだけで、この関節は死ぬでしょう。
まさに匠


両足完成

両足が完成しました。
折角なので、シリンダーである例の小さなパーツを、メタルシルバーに塗りました。後々隠れてしまって見えなくなる
でしょうが、たいした手間じゃないのでね。
こんなことをしておくと、思い入れが湧いて楽しいです。

しかし、細い足ですね。
足だけでも格好いいです。エッジも効いていて、メカニカル。
さすが、最新のMG。伊達じゃありません。

では、第一回:サイズ比較に参りたいと思います。
今日のお題は、
「馬鹿の大足、間抜けの小足。丁度いいのは俺の足」
足のサイズ。誰が一番?


比較

左は1/100ガンダム、真ん中がクロボン、右がFG1/144ガンダムです。
以降、大体このメンバーで比較していきます。
100ガンダムの足、塗りむらがビシバシなのがばれてしまいますね。

それにしても意外ですね。
前後の長さは、100ガンダムとほとんど変わりません
が、幅は144よりも細いです。
どんだけ細身なんでしょうか?
ってか、ロボットならば、足の幅はあった方がいいと思うんですが。安定した自立には不可欠な要素でしょう。
ま、格好いいからいいんですけど。
300年経っても、ガンダムみたいなメカは作られないでしょうし。


今回、4~5日振りにキットを作ってみての感想。
「組むって楽しい!!」
本当、組むだけなら、すんごく楽しいです。こんなに模型作りって楽しかったんだと、
改めて発見しました。
いままで、散々構造とか考えて、変に弄ってましたからね。
なんも考えずにパチパチと組んでいくことが、こんなに楽しいとは。

で、さらに。
「26年の進化は伊達ではなかった」
実感しますよ~。

まず、パーツが綺麗に噛み合う
今では当たり前のことですが、昔のキットだと、平気でずれてますから。削ったり、パテを盛ったり、面倒な作業をしなければなりませんからね。
しかも、このクロボンさんは、足片方だけで、10個のパーツを使ってますからね。100ガンダムなんて、足先から腿の付け根までのパーツは、両脚あわせて8つ
でした・・・。
これらのパーツが悉くピッタリ噛み合う様は、見ていて非常に気持ちいいです。

しかも、模型野郎なら分かると思いますが、合わせ目がまったくない!!
10個ものパーツを使っていてですよ。いや、だからこそかな?
とにかく、合わせ目が綺麗に隠れる構造になっているんですね。

例えば、足の赤いところです。
足裏(底)になる部分と、側面になる部分を上下に噛み合わせるようになっているんです。
この時、足裏パーツがやや小さめになっていて、側面パーツの中に押し込まれるようになっているため、合わせ目が目立たない足裏に、しかもモールドの一部のようになるって寸法です。
素晴らしい発想ですね。

色分けも素晴らしい
昔なら一体成型が当たり前の、足の甲や踵の白い部分も、ちゃんと別パーツ化してくれているお陰で、塗る必要がないんですね。

いや~。最近のガンプラって、本当に凄いです。
26年前から戻ってきたばかり
であるが故に、激しく実感しますね。

組み立てキットの楽しみを知るには、まずは精度の高い最近のキットを作る方がいいかもしれませんね。組むだけで、恐ろしく綺麗に仕上がりますから。
昔のは、面倒な作業が盛り沢山ですから。

組むのが楽しいお陰で、今、再びやる気の炎が燃え盛っています。

でも、続きはまた明日。
チマチマ作って楽しまなきゃ。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カウンター
ブログ内検索
プロフィール
HN:
無礼部員1
性別:
非公開
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリー
最新コメント
[03/21 孝ちゃんのパパ]
[09/11 コスオルモス]
[06/20 コスオルモス]
[05/13 コスオルモス]
[05/13 コスオルモス]
[03/06 政府開発援助]
[12/28 原田 祐嗣]
[05/21 コスオルモス]
[05/15 ラベル]
[05/06 hikaku]
[05/04 NONAME]
[05/02 リコーダー]
[04/23 Matrika]
[03/17 コスオルモス]
[03/04 コスオルモス]
[03/03 コスオルモス]
[02/11 コスオルモス]
[02/11 コスオルモス]
[12/31 コスオルモス]
[12/31 コスオルモス]
[12/27 コスオルモス]
[12/27 コスオルモス]
[12/03 テリー]
[12/01 コスオルモス]
[11/22 コスオルモス]
最新トラックバック
バーコード
アクセス解析
お天気情報
FX NEWS

-外国為替-
忍者ブログ [PR]

photo byAnghel. 
◎ Template by hanamaru.