忍者ブログ
その女の子が信じてくれたなら、ドロボウは空を飛ぶことだって、湖の水を飲み干すことだってできるのに
[790]  [789]  [788]  [787]  [786]  [785]  [784]  [783]  [782]  [781]  [780
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日のエルガイムMK2のお時間です。

今回は、装甲色グレーの更なる塗装として、パール塗装を終了させました。
どんな感じになったのか?


パール塗装

はい。写真では全然分からないレベルですね。
実物を見れば、まあ分かるんですけど。

なんでしょう?下地がグレーだと駄目ってことかな?
いや、そんなことないな。グレーの上にパールホワイト塗って綺麗に仕上げているのを見たことあるし。
では、パールの層が薄いのかな?
そうかも。あまり塗膜を厚くしたくなかったので、あまり塗装しませんでしたから。
他に考えられる理由は、一般的にパールを使う人は、クレオスやフィニッシャーズではなくFGパールとかを使っているみたいです。
これは結構性能がよく、またクリアに溶く量を自分で決められるため、結構照りがきついパール塗装もできるみたいなんですよね。
こういうこともあって、フィニッシャーズさんのホワイトパールは目立たなかったのかもしれません。

が、経験的に、黒の上に塗ると、フィニッシャーズさんのホワイトパールでいい感じに照りが出ます。

○下地の色
○薄い塗膜
○パールの濃さ

こういうことが重なって起きた事かもしれません。
ちょっと残念ですけどね。

そんな訳で、今日のエルガイムMK2は終了。

パールも終わり、装甲色グレーの塗装は全部終了しました。
あとやるべきは、武器やバックパックの一部を合わせ目消しして、塗装することですね。
もう少し・・・!

では。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
こちらも順調です。
どうもです。
いよいよエルガイムMK2大詰めですね。
私の「スーパーシルフ雪風」「メイブ雪風」も大詰めです。

パールはACの無地装甲に吹きましたが、やはりちょっと効果は分かりにくかったです。クレオスのパールを使ったからかもしれませんが。
高級感とか神秘性とかをかもし出すにはもってこいなのですが、使いこなすには訓練がいるようです。
まあ確かに兵器とかガンダムにはあまり縁がないですしねえ・・・。
因みに「プはプラモのプ」の本では、なんとラメ入りマニキュアを溶剤で溶いてグレーホワイトの上に噴いていました。MGカトキガンダムの作例でしたが・・。

追伸
ブキヤの新作情報と新作タレコミを載せました。
是非ご覧下さい。
コスオルモス URL 2009/03/17(Tue)22:42:35 edit
完成まであと少しです。
今晩は。
スーパーシルフだけでなく、メイブも同時進行でしたか。
完成を楽しみにしておりますよ!

私もスーパーシルフver1.5は持ってるんですが、まだ手を付けられそうにありません。
スケールが1/100というのが勿体ないキットですよねぇ。なぜに1/72にしなかったのか?
ガンプラは仕方ないにしても、ある程度現用兵器を意識したものは、スケールモデルの縮尺にして欲しいもんです。

とはいえ、ガンダムもそろそろ18mの呪縛から脱却したほうが良いと思うんですけどね。
ティエレンを見ていると、どうしたってこれは4m~10mサイズだよなあと。
このサイズなら1/24・35・48・72とかにできてスケールモデルとも絡められるし。
というか、このサイズの方が、圧倒的にリアリティは増すし、劇中でも様々な演出ができるのではないかと思うのですけどね。

パールは、経験上、クレオスさんのやつは発色が弱いです。黒にブルーパールを沢山吹き付けても殆ど発色しませんでしたから。
とはいえ、私もブルーのほかにレッド、ホワイトを持ってるんですよねぇ。
どこで使おう?
まあ、強い発色を必要としないパール塗装の時に、ちょっとやってみようかな。フレームのガンメタ再現とか、サザビーの赤のアクセントとかに。

コトブキヤさんの新作。公式サイトで私も見ました。
「うーん」といった感じですね。勢いが凄いのは認めるんですが、単純に私が「のお!!」って叫んでしまうような新作がないのが寂しい。

要は、ACがないって所が気に入らないってことですね。

こんなのは個人的好みの問題でしかないわけで、いまだ怒涛の勢いを続けてくれているコトブキヤさんに感謝こそすれ、文句を言うのは筋違いだとは分かるんですけどね。
分かるんですけど、そろそろ我慢の限界。

「ACだせやー!!」

叫びだしそうです。
まあ、これだけ一気に進行していれば、そりゃACを作っている暇はないよな。アリーヤさんのバリエでお茶濁しが精一杯だよなって思いましたけど。

作ってみてもいいかもって思ったのは、スペシネフとART-1くらいでしょうか。
でも、ART-1のデザインは思いっきりカトキさんしてて、ちょっと退屈なんですよねえ。
カトキさんて、パッと見で格好いいデザインを書くんですが、結局全部同じようなバランス・プロポーションにしかできないのが残念です。デザインの幅がないんですね。決定的に。
色々とカトキデザインを見ると大体同じに見えてきて、飽きちゃうんです。
こんなことを言うと、カトキ好きな人に恨まれちゃいそうですが。

不思議なのは、ART-1が良くてなんでヒュッケバインが駄目なんでしょうねえ?
ヒュッケ関連で生まれた確執の解消への歩み寄りとして、ART-1ならいいよって言ったんでしょうかねえ?

あれからもう2年が経ちますが、当初噂のあったバンダイからのヒュッケバイン・ボクサーの超合金化もいまだなく、結局なんだったのかという謎だけが・・・。
強いて言えば、00が始まるから、デザイン的にガンダムと紛らわしいものが他社から出ているのが気に入らないってことだったのかなあ?

その00も、私の中ではティエレンとフラッグだけが収穫といった現状。
ファーストシーズンのガンダム4機はそこそこいいとは思いますけど、頑張って作りたいとまでは思わないんですねえ。
他にもっと好みのキットがありますし。

そんなこんなで、最近はずっと抑えていたスケールモデルへのリビドーが加速しつつあります。
キャラクターモデルに加えてスケールモデルまで手を出すとなると、本当に一生かかっても作りきれない積みを抱えてしまいそう。

これが恐くて、スケールモデルはなるべく見ない振りをしていたんですがねえ。

では。
【2009/03/18 22:36】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カウンター
ブログ内検索
プロフィール
HN:
無礼部員1
性別:
非公開
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリー
最新コメント
[03/21 孝ちゃんのパパ]
[09/11 コスオルモス]
[06/20 コスオルモス]
[05/13 コスオルモス]
[05/13 コスオルモス]
[03/06 政府開発援助]
[12/28 原田 祐嗣]
[05/21 コスオルモス]
[05/15 ラベル]
[05/06 hikaku]
[05/04 NONAME]
[05/02 リコーダー]
[04/23 Matrika]
[03/17 コスオルモス]
[03/04 コスオルモス]
[03/03 コスオルモス]
[02/11 コスオルモス]
[02/11 コスオルモス]
[12/31 コスオルモス]
[12/31 コスオルモス]
[12/27 コスオルモス]
[12/27 コスオルモス]
[12/03 テリー]
[12/01 コスオルモス]
[11/22 コスオルモス]
最新トラックバック
バーコード
アクセス解析
お天気情報
FX NEWS

-外国為替-
忍者ブログ [PR]

photo byAnghel. 
◎ Template by hanamaru.