忍者ブログ
その女の子が信じてくれたなら、ドロボウは空を飛ぶことだって、湖の水を飲み干すことだってできるのに
[1]  [2]  [3]  [4
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

さて、今日のフライルーの時間です。
今回で、漸く完成を迎えます。
1/144のくせに細かいフライルーさん。お陰で、完成まで半月もかかってしまいました。

今回の作業は、最後のお手入れです。
すなわち、墨入れ、シール張りですな。今日で、フライルーさんと遊ぶのが最後になるかと思うと、万感の極みです。
ま、これからは眺めて暮らします。

早速、完成した格好いいフライルーを見物しましょう。


正面

正面です。
いやはや、お世辞抜きで格好いいと思いませんか?
迫力があって、ゴテゴテしていて、メカニカルで。とても1/144サイズとは思えませんな。

サーベルは、付属の奴ではなく、旧キット1/144Ex-Sのを使っています。なんかジャンク箱に入っていたので。
付属のは、短すぎるんですよね。こんだけ本体が大きいのに、あの長さはないですよ。


横

横から。

ビームライフル。手に持たせると保持しにくい上に、破損の恐れもあるので、やめました。
で、肩かアームかになるわけですが、肩だと前に突き出しすぎて、飾っておくのに邪魔なんですよ。
なので、アームにくっつけました。
こっちの方がメカっぽくて好きですけどね。

シールドのTRの文字。これシールです。でかいシールです。よって、シワにならないように、空気が入らないように張るのが難しいです。
私は空気が入ってしまいました。
車のスモークを自前で綺麗に張るのと同じくらいの難易度ですよ、これは。


後ろ

背面。
馬鹿でかいスラスターが目立ちますね。
アームを肩に持っていったお陰で、尻のポリが丸見えです。
まるで肛門ですよ、これじゃあ。

ま、いっか。俺にも付いているし。


上

上から。
ショルダーパーツがどんだけでかいか、これで分かると思います。
これがあるお陰で格好よさは3倍ですが、肩の動きはかなり制限されるようになっていますね。

私は、可動よりもフォルムの格好よさを模型に求めるので、この程度の低下であれば問題ありません。


アップ

顔。
ガンダムに似せた顔とかいう設定らしいですが、全然ガンダムに見えません。精々角がそう見えるくらい。
アゴがね、凄いんですな。友人にも一人、こういうアゴの持ち主がいます。

モヒカンのところ、クリアシールになっているってことは、ここもカメラなんでしょうかね?
中のモノアイが、縦に動くとか?

さて、ただ作っただけなのに、かなり時間がかかって完成したフライルーさんですが、とても楽しかったです。
やっぱ、キットが格好いいと、モチベが違いますね。

さすがはフライルー!!


さて、恒例のキットレビューにいってみましょう。

○キットのフォルム:9点
相当格好いいと思う。元のギャプランよりもずっと。といっても、思い入れのある人は、また違うことを言うかな?
MS形態は折り紙つきだし、MA形態もかなり素敵。
両形態での格好よさは、Zガンダムとタメをはれると思う。というか、MA形態を格好いいと思えるデザインは、ギャプランとZだけだったりするんだが。
Ex-Sは、格好いいというより「迫力がある」だし。
やっぱ、ギャプランのデザインが優れていたからこそ、フライルーが格好よくなったのだろうなあ。


○作りやすさ:6点
人によっては、割と作りにくいかも。
説明書にちょっと難、という点がある。
パーツのはめ込みとかも、結構無理がある場所が腰周りに多く、分かりにくかったりする。
また、胴体がかなり複雑。個人的にはその構造が作っていて楽しかったが、人によっては鬱陶しいかな?
ある意味、ギャプランに無理矢理増加パーツをくっ付けられるようにしているわけだし。
いずれにしても、1/144サイズのHGUCなのに、MG並みのパーツ数があるので、それほど気軽ではないキットかな。
個人的には、問題ない範囲。



○どれだけ簡単に綺麗に作れるか度:8点
作ったことがなかったので知りませんでしたが、HGUCも塗るところほとんどないんですね。
楽でいいや。
が、脛、腿、前腕、肩、バックパックなど、合わせ目消しをすべき箇所がある。
といっても、それほど大きくもないので、たいしたことはない。
といっても、デコボコの中にまで合わせ目があるため、油断をするとペーパーがけで形がおかしくなる。
ま、かなり楽な部類だと思う。

○可動範囲:6点
下半身は充分に合格点ですが、上半身、というか肩周りがね、あんまり動かない。
肩増加パーツと、シールドのお陰で、いまいち動かせないんですな。
といっても、それら二つは格好よさアップに貢献しているので、仕方ない。
ま、表情をつけるには充分に動かせるので、私は不満はないです。
模型は置物ですから。
 

○関節保持力:7点
巷では、重いシールドを支える肩周辺の関節が弱いと聞きますが、ウチのフライルーさんは大丈夫だと思います。・・・今のところは。
この先どうなるのかは知りませんけどね。もう、接着しちゃったから。
下半身は問題ありません。
 

○プレイバリュー:7点
変形!!
それが大きいかな。それ以外は、普通のキットだと。
が、胴体周辺が複雑で可動部が多いことから、子供のように動かして遊ぼうとすると、破損の恐れあり。
手に持って眺めようとしても、どこを持てば安定するのか分からないくらいですから。
ガシガシと遊んでいると、股関節その他が緩んできて、変形した時にキッチリと決まらなくなるかも。
ボールを太らせればいいだけなんだけど。
とりあえず、動かして遊ぶと壊しそうで怖いキットではある。


○置物的価値:9点
可動範囲そのものは並みでも、表情をつけるには充分以上で、しかもちょっと角度をつけてやると物凄く格好よくなるので、飾っておくと映えるキット。
上でも書いたが、この格好よさは変形しても維持されているので、漢の2個買いをして並べて飾ると、オルガズムを得られること請け合い。
私はしないと思いますが。
ただし、スタンドはMA形態を飾るとき以外役に立たない。MS形態の時は素直に立たせた方が無難。
ホント、落っこちそうになる。
動かして遊ぶのには向かないと思うが、飾っておく分にはとてもいいキットだと思います。 

○総合評価:8点
特に大きな欠点というものがなく、また設計も優秀で非常にいいキット。
フライルーになって一部差し替えにはなったものの、やはり変形のギミックは凄い。こうやって腹で分割するのかと。
ただ、バンダイの癖で、できるところをやらず、下らない所で手を抜くのが出ている点が気になる。
合わせ目とかは基本工作の範疇なので気にならないが、剣がクリアパーツではないとはどういうことか?
1990年代初頭から、既にクリアだったのに。
あと、素のギャプランについていたブースターのためのパーツが余剰で余りまくるのも頂けない。
あと200円アップしてもいいから、ブースター本体も同梱してしまえば、付属パーツでは剣以外は文句なしになったんじゃないだろうか?
コストダウンが大事なら、ブースターのパーツを全部抜いて、もっと安くすればいいじゃないか。
同ランナーだからって知るか!!バンダイの都合を押し付けすぎだ。
非常にいいキットだけに、こういったところが気になるのは、仕方ない。
あと、実は素のギャプランとコンパチキットだったりする。
色は変わってしまうけど、ちゃんと普通のギャプランも組める。
そういう意味でもお得。
これ、やれば良かったな。まず、普通のギャプランを作って、そのあと増加パーツを装備していく。面白かっただろうなあ。
ちょっと後悔。

 

○お勧め度:9点

デザインが気に入ったなら迷わず買いだ!!
HGUCの中では高い部類だが、MGと比べると全然安いし。
安めの値段で、これほどのクオリティならほとんど文句も出ないと思う。
ただし、安めといっても2500円なので、旧キット基準の私からすると高性能な1/100や古い1/60の値段の間違いじゃないの?って思ってしまうわけだが。
ま、パーツの数が、当時とは比べ物にならないくらい増えているし、色分けもシール込みでほぼ完璧。
妥当な値段かな。
最近の子供が可哀相だ。あ、奴らは5000円もするゲームをいっぱい持ってるか・・・。


初めてHGUCを作ったわけですが、このシリーズも楽しいですね。最初につくったキットがフライルーだったからかもしれませんが。
これからはHGUCも視野に入れておこう。
ひょんげー格好いいνガンダムとサザビーがHGUCで出るといいなあ。MGでのバージョンアップは望めないだろうし。

そんな訳で、格好よかったフライルーの章も終了です。
最後に見得を切ってもらいましょうか。



やっぱこれ

ほえ~。かっけ~な~。

さすがはフライルー!!

では、また次ぎの章で。

拍手[0回]

PR
さて、今日のフライルーです。
今回は頑張りましたよ。ええ。
なんたって、合わせ目消しのためのペーパーがけと、モールド彫りの第2段も一緒にやりましたからね。

ペーパーがけに2時間。
モールドに1時間半といったところでしょうか。
3時間半もありゃ、ジェット機だって直らぁ!!(無理)

ってなわけで、まずは合わせ目です。


消えました

はい。綺麗に消えていますね。
というのは嘘です。一部、ちゃんとパーツが噛みあっていなかったせいか、白い線が僅かに浮き出しているところがありました。
どうしてこうなったのかは不明です。
というより、ほとんど必ずといっていいほど起こることだと思います。パーツのズレが原因かとは思いますが。

塗装をせずに、合わせ目を完璧に消す方法はないと思います。
精々、目立たなくするといった程度だと。
成型色の色が濃いほど、さらに消しにくくなりますよね。シンナーが浸透して、色が薄くなって余計目立ったり。

ま、仕方ないです。目立たなければそれでいいので。

次ぎ、二度目のモールド彫りです。
前回よりは、少しだけ上手くやりたいものですが・・・。


モールドのガイド

色々考えた結果、ガイドはマスキングテープで充分だと思い、適当に張ります。
で、そいつをガイドにして、ナイフの反対側でけがいていきました。


片脚完成

で、できたのがこちら。
前回よりも幾分マシだとは思いますが、やはり線が交差するところが甘いです。
それに、やっぱり線の幅が一定ではなく、どことなく曲がった印象を与えます。

ケガキ棒ではなく、Pカッターといわれるものでやった方がいいのだろうか?

もう片方の脚も頑張ります。


両脚完成

シンメトリーが取れていませんが、そこはそれ。ちゃんと計ってやらないからですね
目分量でやるなという反面教師です。
ま、こうして並べるから気になるだけで、本体に接続してしまえば気にならない・・・かな?


たったこれだけのモールド彫りですが、疲れました。
異様に細かい作業になりますし、失敗は許されませんからね。

結果論ですが、このモールド。要らなかったかな?あまり格好よくなっていない気がします。
ま、それもいいです。今後のためです。
色々とやってみるのが楽しいわけですから。

んなわけで、今日のフライルーは終了です。
おそらく、次回に完成します。

では。

拍手[0回]

さて、今日のフライルーです。

今日は初挑戦をします。スジ彫りです。モールドを彫るわけです。
センスのいいモールドは、キットを本当に格好よくしますからね。ちょっとやってみます。

理屈は分かっているはずです。道具も揃っている筈です。
あとは、技術の問題ですな。これが自信ないわけですが。
元々、器用ではない私ですから、綺麗になんてできないでしょう。
が、頑張ります。


もとの状態

これが元の状態。ノッペリしていますよね。
ちょっとモールドを追加します。


テープで巻く

ラインを引きたいところにテープを貼ります。
で、両面テープでガイドをくっ付けます。テープの上からなのは、私が持っている両面テープだと、ベッタリと糊がパーツにくっ付いてしまうからです。
安物はやっぱり・・・ね。

で、ガイドにそって、デザインナイフを軽く滑らせます。
あとが付いてきたら、力を加えていき、完全に彫れたら、先の太いモールド彫り用の針みたいなのでモールドを太くしました。


初の彫刻

あらら・・・。ちょっとガイドがずれてしまったみたいね。なんかおかしくなっていますよ。
まあ、いいです。どうせやってしまったんですから。
最後までやります。


片方終わり

はい。片方、終わり。

なんか、四角の部分が歪んでいる気がする。
なんか、ラインが汚い。
なんで、俺には綺麗にできないんだ?

もう片方もやっちゃいます。


終了

できました。
一回やっていることなので、前よりも綺麗に、しかも早くできたとは思いますが、やっぱり美しくはありません。

ま、初体験だし、いいでしょう。これで。
格好よくなったかは不明ですが。

しかし、こういう細かい作業は、性に合いませんな。異常にくたびれました。
でも、まだモールドを追加したい部分があるので、頑張ってやります。

それでは、また。


モールド彫りの教訓

○先の太いケガキ棒は駄目っぽい。デザインナイフの裏側だけで充分?

○彫るとき、ゴシゴシと往復せず、同じ力で一方向にのみ動かした方が、モールドの太さ、深さが一定になりやすく、綺麗になるっぽい。

○ガイドを当てるとき、そのガイドはなるべく薄い方がいい。でないと、ナイフなどを当てるときに変な角度が付いて、四角とかが歪む。

拍手[0回]

なんだか急にエルガイムmk2の発売が直近だということが分かってきましたね。
ずっと月末。2月25日だと、Hi-νと同日発売だと思っていたのに・・・。
ほとんどのところでこんな感じに書いてましたよね。
でも、

ええ!2月8日入荷!?嘘ぉ!!
さて、アマゾンで予約していたLガイムをどうしてくれようか。
いまんとこ、アマゾンでは25日入荷で28くらいに発送ってなっているけど。
車でいけるトイザラスなら、何百円か安く買えるし(こんなものはどうでもいいけど)、早く買えるわけだし。
といっても、その日にトイザラスに行けるか分からないわけですが。
早く買ったからって、早く作るわけでもないんですが。
クロボン・フルクロスでも言ったように、物事には順序ってのがあって。

そもそも、旧キットなんてまったく置いていないあのトイザラスが、エルガイムなんていう子供が知るはずもない20年以上前のアニメのキットシリーズを、入荷するかどうかも怪しい。トイザラス・オンラインにはありますけどね。実体店舗はどうだか。
5日に更新されるバンダイさんのホビーサイトの発売日を見れば決定事項が分かるでしょうし、8日説が正しいなら、そこから計算すると9日か10日には店頭に出るでしょう。
実際に行ってみて、現物があったらアマゾンはキャンセルかな。

考えてみれば、エルガイムは随分と前に完成してたと思うんですよね。
Hi-νよりもずっと前から情報が流れていましたし。06年の10月あたりで、既に試作品の画像も出てましたしね。
ただガンダム系ではないため、注目度が低かっただけで。
本当のところは、
12月→ストライクフリーダムをクリスマス商戦に出すから延期。
1月→お買い得になったクロスボーンのフルクロスと、どでかい出費を強いる1/350ヤマトがでるから延期。
で、2月になったんだけど、Hi-νの評判が芳しくなくってエルガイムmk2に購買層が流れてしまうから、前倒しして無理矢理クロボンとハイニューの間に捻じ込もう!!
ってことなんだろうなあ。

でも、怪我の功名ですよ?延期したお陰で、よりクオリティは高まっているんですから。
10月の段階では、シールドみたいな奴。左腕にしか付いてなかったんですから。
それがファンの熱い要望があったお陰で、両腕に装着させたんですから。
やっぱり、開発期間と品質ってのは正比例すると思います。
明らかに急いで作ったHi-νは、ちょっと・・・なデキですから。


んなわけで、相当ハイクオリティだと思われるエルガイム。確認しておきましょうか。

http://www.toysdaily.com/discuz/viewthread.php?tid=12447&extra=page%3D1

例によって、大陸の方のサイトですな。
やっぱ、永野護さんのデザインって抜けてますね。メッチャ格好いいです。FSSはもっと抜けてますが。
こういった禍々しい感じの、メカとも金属生命体ともつかないデザインって好きなんですよねえ。
ガンダム系の、ある種「閉じこもったデザイン」とは一線を画していると思います。

永野さん。この解脱してしまったデザイン力のせいで、ガンダム系MSのデザインはかなり却下されたみたいですけどね。
ま、確かに、ガンダムとはとても同じ世界のデザイン、技術だとは思えませんから、デザインの統一感という観点からすると、玩具メーカーから強制的に下ろされたというのも分かりますけど。

最近知ったんですが、ロボットに骨格(=フレーム)を導入して、こいつが動くことでメカが可動するって概念を最初に考え付いたのは、永野さんらしいです。
ガンダムの世界で言うところのムーバブルフレームってやつですね。
今のMGも、永野さんの遺産があってこそってところでしょうか。

戯言が長くなりすぎました。


さて、今日のフライルーです。

今回は、前回力尽きて塗らなかった(忘れてた・・・)部分を塗りました。


赤と金

赤い点と、金色の所ですな。
これっぽっちですが、意外と大変です。金色の所、こんなに小さいのに、塗りスジができています。
何とかならぬか!!

一応、工夫してみました。
「2回重ね塗りをする→トップコートを拭く→もう一度塗る」

でも駄目でした。トップコートが溶けてしまうんですな。ま、同じ溶剤を使っているわけですから当然といえばそうですが。
金色って、それほど隠蔽力は高くないみたいですな。ちゃんとサーフェイサーを使った方がよかったかも。
スラスター内部と違って、それなりに目立つ部分だし・・・。
でも、サフを拭いたからって、スジは消えないんだよなあ。旧キット1/100ガンダムで経験あるし。下地どうこうじゃないんだよね。

要するに、下地が溶けてしまうから、塗っても塗ってもスジが消えないわけで、塗膜がさらに厚くなるわけで。
下地を溶かさない方法ってあるのかな?丸一日乾燥させれば、かなり溶けにくくなるのなら、まだやりようもあるけど。
私、水性アクリル塗料を使っていますが、1時間程度しか乾かさないでやっているんですけどね。
いや、そもそも塗膜が均一の厚さにならないからスジができてしまうわけで、筆で均一にする術はあるのだろうか?
塗膜を均一にして、重ね塗りしたときに下地を溶かさないようにできれば、筆でもエアブラシに匹敵するクオリティを出せるんですけどね。
無理か・・・。

気力があったら、塗装を落してもう一度やってみようかな。マスキングしてサフを拭いて。
実験としてね。
面倒くせえなあ、しかし。

赤い部分。食み出していますが、乾いたら、余計なところは削り落とします。

塗装って、本当に面倒臭いですな。やっていて、まったく楽しくない。エアブラシを買っても、この辺は変わらないかも。
圧倒的に綺麗にできるわけですから楽しくなるのかもしれませんが、その分、マスキングがね。
最近のキットは色違いの部分で別パーツ化してくれていますから、あまりマスキングをしなくてもいいみたいですけど。

そんな訳で、また。

拍手[0回]

今日、本屋に行ったついでに、目に留まったホビージャパンという模型雑誌を立ち読みしてみました。
初めてこの手の物を見るわけですが、なんですな。あまり面白くないかと。
ほとんど新製品のPR雑誌ですな。模型雑誌(ホビー雑誌)ではないです。

まあ一応、プロの観点から、「ちょっとした改修でこんなに格好よくみえるよ」ってのが載っているので参考にはなるのですが、面白い作例とかあんまりないですね。
一個だけ、ケンプファーを思いっきり弄った(ほとんどフルスクラッチみたいだけど)作例は面白かったです。
脚の後ろがモーターヘッドみたいになっていて。
これをもう少しページを増やして細かく作成手順とかを載せれば、「簡単な改修」なんてコーナーを作らなくてもいいのでは?

要は、読者がプロのやっている作例を元にして、自分ができる範囲でやればいいわけですから。
プロのやったことを、読者が自分で拾っていけるような記事構成にすれば、無駄にコーナーを増やさずともいいわけです。

で、減ったページ数分だけ、昔のキットなどを改造してみたりすれば、これまた面白い読み物になると思うんですけど、それは私好みの論点ですね。

あと笑ったのが、2月の新製品、エルガイムMK2Hi-νの記事です。
見比べて、「全然、デキがちがうなあ」と感じてしまいました。
ハイニューは塗装して、ポーズを付けて、角度も付けて、一生懸命格好よく見せようとしているわけです。素立ちは、ちっちゃい写真でありましたが。私がよくやる三面図で。
あれ、自分流のつもりだったけど、みんな
考えることは一緒なんだねえ。

一方、エルガイムMK2は、素組み無塗装、墨入れもなしで、素立ちポーズがでかく載っていました。それでも、相当格好いい
フレームのみの写真もありましたが、これまた良くできているなという感じ。
可動範囲が広いとかありましたが、模型は格好いいフォルムを造型するのが基本なわけで、物凄くよく動く必要性はないと私は思っております。
動くことは確かに楽しいのですけど、可動のためにフォルムを殺して欲しくはないなと。

この新製品二つ。格が違います
エルガイムMK2。間違いなく
買いです。

やっぱり、開発期間の長さは、製品のクオリティに正比例するってことでしょうかね?
バンダイ社内のノルマのことは知りませんが、やっつけ感の漂うHi-νと、練りこんだエルガイムMK2、という印象。
そのくせ、値段はν:7000円とエル:5500円。
エルガイムの方が安いのに、変形ギミックがあって(たいしたものではなさそうですが)、スタンド(Hi-νもあるけど)も付いてくるわけですよ。

2月は注目の製品が多いですが、どっちを取るか、考えるまでもないですね。


さて、
今日のフライルー、開始です。

とりあえず組んだままでは塗装が難しい箇所は塗り終わったので、合わせ目の接着をしました。


合わせ目消し必須部分

お静かに・・・接着中です。

おそらく合わせ目を消す部分はこれですべてだと思います。
え?結構ある?
そうかな・・・。たいしたことないでしょ?こんなのサクサクと終わりますよ!!
合わせ目消しって嫌いじゃないです。部分的に難しいところはありますが、綺麗に合わせ目が消えていると嬉しいですしね。
乾燥待ちが退屈ですが・・・。さらに失敗していると憂鬱ですが。

んな訳で、しばらく待機です。

待機中にできることは、アレとソレだな。ちょっとやってみよう。

では、また。

拍手[0回]

HOME 次のページ >>>
カウンター
ブログ内検索
プロフィール
HN:
無礼部員1
性別:
非公開
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリー
最新コメント
[03/21 孝ちゃんのパパ]
[09/11 コスオルモス]
[06/20 コスオルモス]
[05/13 コスオルモス]
[05/13 コスオルモス]
[03/06 政府開発援助]
[12/28 原田 祐嗣]
[05/21 コスオルモス]
[05/15 ラベル]
[05/06 hikaku]
[05/04 NONAME]
[05/02 リコーダー]
[04/23 Matrika]
[03/17 コスオルモス]
[03/04 コスオルモス]
[03/03 コスオルモス]
[02/11 コスオルモス]
[02/11 コスオルモス]
[12/31 コスオルモス]
[12/31 コスオルモス]
[12/27 コスオルモス]
[12/27 コスオルモス]
[12/03 テリー]
[12/01 コスオルモス]
[11/22 コスオルモス]
最新トラックバック
バーコード
アクセス解析
お天気情報
FX NEWS

-外国為替-
忍者ブログ [PR]

photo byAnghel. 
◎ Template by hanamaru.