忍者ブログ
その女の子が信じてくれたなら、ドロボウは空を飛ぶことだって、湖の水を飲み干すことだってできるのに
[762]  [761]  [760]  [759]  [758]  [757]  [756]  [755]  [754]  [753]  [752
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

しばらくキット休暇を頂いてますが、もうちょっと貰うつもりです。

さて、年末から最近までほとんど新作情報ってのをチェックしてなかったんですが、色々と出てきていますね。
バンダイからは、以前にも書きましたけど、νガンダムHWS。これが1番の注目でしょうね。
他にも、VF-25オズマ機のスーパーパックが出るみたいです。って、オズマ機にスーパーPは要らないのでは?まあ、出したくなる気持ちは分かりますが、それよりもアーマードパックをですね・・・。
とりあえずのところ、ルカ機に続いてミハエル機も発売決定らしいので、主要4機は揃ったことになりますね。

あとは、アーマードにVF-27にケーニッヒモンスターだ!!

マクロス関連の拡充もさることながら、何としてもボトムズ関連もシリーズが続いて欲しいです。
スコープドッグ→ブルーティッシュドッグ→スコタコRSC→ファッティー→スコタコ・ペールゼンファイルズ版。
ここまで来るのに1年半近くかかったわけですが、現在は続報がないですね。
発売ペース自体に不満はないのですが、最後に出たPF版が11月ですから、そろそろ何か動きを感じられるとワクワクできるのですが。
近いうち、私も最低野郎の仲間入りをするつもりですので、新作を楽しみにしています。
何度も言ってますけど、ゼルベリオス(是非、藤田版で)、テスタロッサも出して欲しいです。というか、この二機がボトムズ関連で1番格好いいと思っている私は、きっと異端なのでしょう。
あと、ペールゼンFで出てきたアイスブロウワーをつけたスコタコやチャビーなども出ると凄まじく嬉しいです。

一応、ゼルベリオスやテスタロッサ、アイスブロウワーなどは、各メーカーまたはイベント物のガレキとしては出ているんですが、単純に高額な上、現在は手に入りにくいですしね。
テスタロッサに関しては、かつてマックスファクトリーさんが出したガレキが、私としてはベストです。
2005年あたりから怒涛のようにでたボトムズトイにもテスタロッサは含まれていたのですが、どれも設定画準拠の細い頭なんですね。
マックスFさんのように、丸っこい頭の方が格好いいと思うのですが。

バンダイがスコタコを出したとき、ゼルベリオスは出ないだろうからスクラッチできるかな?とか考えていたんですが、無理ですね。私のようなヘタレでは。
プロポーション的にも全然違うし、各装甲の形状なんてまったく違いますから。スコタコは精々芯にしかなりませんね。
というより、スクラッチできるほどの技術も根気もないってわけです。
アイスブロウワー程度なら、何とかできるかな・・・?

あと、随分と前から情報が出ていて、漸く発売日が決定したのが、ハセガワさんのマシーネンクリーガーシリーズの反重力装甲戦闘機ファルケですね。
三月に発売らしいですよ。ついこの間まで発売日未定だったのに、随分と急な話です。
値段は6510円。ちょっとお高いですが、仕方ないでしょうね。
造形は、さすがにハセガワさん。CADを使った(使ってるんだよね?)とは思えないほどの自然な曲面表現ですね。さらにエンジンのところにあるメカニックディテールも素晴らしいです。
是非、waveさんが年末に出したガンスと並べたいところですが・・・時間も金もねえ!
ま、いずれってことで。
ちなみに、ハセガワ・マシーネンは第二段が決定しているそうですよ。その名も「ルナダイバー・スティングレイ」。
サイズがファルケ1/20に対してこっちは1/35と違うのが残念ですけどね。もとを知らないので、設定サイズも分からないで言ってますけど。
設定サイズがでかいものなら、1/35も当然なんでしょうが。

こうして近年の模型事情を見ていると、着実に盛り上がってきているように感じますね。
コトブキヤさんが大攻勢に出て以来、waveさんハセガワさんも独自にカテゴリを増やし、バンダイですらガンダムから離れたシリーズ展開をおっぱじめる現状ですから。
インジェクションは盛り上がっていますけど、ガレキは逆に衰退しているように感じます。
waveさんはコンスタントにガレキを出してますけど、ガレキ界の雄ボークスさんは、てんで出してないですね。
ボークスさんがここ二年で出したガレキは、マイティシリーズ3騎とバング、KOGだけですね。
マイティは旧作をブラッシュアップ&新しいマテリアルの試用でしたし、KOGもこれまた旧作のブラッシュアップ。完全新作はバングだけでした。
ん~、ボークスさんも、ガレキから撤退するのかな?アクションフィギュアやスーパードルフィーで儲かっているし、わざわざ手間をかけて利益率がそれほど高くないガレキをする意味がないとか?
そうだったら、哀しいなあ。
ま、ボークスさんもバングからインジェクションに参戦するみたいですが、どうなるんでしょう?全然続報がないので推測すらできない状態ですが。継続的にインジェクションキットを出してくれるのなら、嬉しいですけどね。

FSSも連載が再開されないためか、20周年以降、どんどん下火になってますねえ。
とかいいながら、waveさんはインジェクションでインフェルノナパームを出してくれますけど。あ~、楽しみ!

あと、アーマードコアはどうなってるんでしょうね?全然音沙汰ないんですが。
オーギルとホワイトグリントの間が空きすぎているから、多分間に何か入れる予定なんだろうとか思っていたのですが、実際にはなんにもなかったですね。
ACも元を知らないので、出せるデザインがあとどれくらい残っているのか分かりませんけど、終わるって事は多分ないでしょうね。コトブキヤブランドを確立したシリーズですから。
でも、ペースを落すことは確実ですね。
年間4体くらい出てくれれば私は満足ですけど・・・半年に一体しか出ないってのは心配になるなあ。

ま、コトブキヤさんも色々と手を回しすぎなんですけどね。
ACとスパロボの二本柱以外に、ランバレル、バーチャロン、ゾイド、グレンラガンなどなど。
このうち、グレンラガンは既に終わったのでしょうし、ラインバレルもそろそろ出し尽くした(?)と思うので、また他が加速するのかな?
いや、この二つが終わったが故に、バーチャロンを開始したのかな。
なんだか漏れ聞く情報によると、ACの設計担当の方が、現在はバーチャロンにいっているみたいですね。
だから、ACの展開速度が減速しているのかな?

それにしても、コトブキヤさんもそろそろ実感するころでしょうね。シリーズを続けるという困難さを。
二昔前はともかく、ここ10年くらいでは、シリーズを維持し続ける難しさに直面していたのはバンダイくらいなものですからね。
ハセガワさんのマクロスシリーズも、かなりいい線までいったのですが、ここ数年はずっとバリエでお茶を濁しているわけですし。

シリーズも続けば、色々と注文が付いてきますもんね。

AC.V.Iも、第二世代突入とか称して、関節の互換性を捨ててしまえばいいのになあ。って、これは暴言。
互換性はオプションパーツで賄い、キットの関節はもう少し柔軟にしてもいいんじゃないかな?
例えば、肩、股関節のボールジョイントはちょっと構造的にも古過ぎるし確実性のない物なので、新機構にすればいいんだよ。
で、今までのとアセンブルしたい時のために、それ用のパーツを付ければいいのでは?

って、ホワイトグリント発売を機に、本当に新しい構造でACを展開したら受けるな。
実際、今が構造を新しくするチャンスな気もするし。
だから、こうまで長い沈黙を保っているとか?
ん~。

さてさて、ここ数年大攻勢をかけてきたコトブキヤさん。これからどうなるかな?
メーカーとして、難しい局面に立っているってのは間違いないでしょうな。

いちユーザーとしては、リリースペースが落ちてもいいから、これまでの挑戦的姿勢を崩さず、そしてこれまでのシリーズをなお継続して、模型業界を面白くしてもらいたいってことくらいしか言えませんね。

あー、それにしても欲しいキットが山のようにあるZE!

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
お久しぶりです。。
長らくコメントできず、すみませんでした。

オージ、拝見しました。パーツを流されてしまったとは・・・凄まじい経験をされましたね(汗)私もここのところよくパーツ紛失をしてしまいます。しかも二回も・・・。
おゆまるを使えばすぐに複製できるのですね。私はいつもシリコン複製を使っているのですが、とても手のかかるシロモノなのでなくしたら普通に請求することにしています。こちらもかなり手間の掛かるものですが・・・。

しかし美しい金色装甲ですね。私も以前金色を再現しましたが、通常のシルバーにクリアーイエローだけではほとんど見栄えがしませんでした。最近では発色効果を得る為に艶出しスプレーを併用したり、二重透過効果を出す為にクリアーオレンジを混ぜたりしています。
永野さんらしい、いかにも「騎士」たるデザインですね。肩の紅い十字架を見ると、中世のローマ帝国の十字軍兵士を思い出しますね。

オージも永野さんですが、似たような名前のメカで「オーオージェ」なるものもあったような気がします。金色繋がりでは、究極のロボとして名高い「ナイトオブゴールド」もありますね。あちらはウェーブさんだったかな?


新作。珍しくコトブキヤさんよりもバンダイさんがアツいですね。HWS!!これ欲しかったんです。装甲着脱可能ということならば、νガンダムを今まで買わなかった意味も出てきますね。以前GFFでリリースされたHWSを見たのですが、「これがプラモになってくれれば・・・!!」と歯軋りしたものです。

そしてメサイア。オズマのスーパーパック、ルカ機のゴースト、そしてミシェル機のスナイパーガン仕様!!
ここのところメサイア・アルト機をいじっており、新たにオズマ機も弄っています。メサイア、凄いキットですよ。面白いです。自分はギミックなぞ二の次なのですが、コレに限ってはギミックがなにより面白いキットです。流石、近年稀にみる売り上げを誇ったプラモデルだと思いました。
コトブキヤさんはなんだかホワイトグリント以降、スパロボキットとラインバレル、バーチャロンで主力を固めつつあるようですね。バーチャロンも捨てがたいのですが、やはりACもどんどんだしてほしいものなんですがねえ・・・。

メサイアはオススメです。是非スーパーパックと共に購入されることをオススメいたします。


追伸
教え子君が無事受験校合格いたしました。そのお祝いにMGシャアザクver2を共同作業で作りました。
次は塗装を教えるツモリです。
で、その次のキットはMGザクF型ver2の予定です。
シャアザクはいいですね。
コスオルモス URL 2009/02/11(Wed)00:22:02 edit
追伸その2

アルターから新たに「M9ガーンズバック」が発売されるようです。
アーバレストの元になった量産機体ですね。モデロック製作の資料としていかがでしょう?(笑)
コスオルモス URL 2009/02/11(Wed)00:50:01 edit
こちらこそ、お久しぶりです。
テストでお忙しかったようですね。
お勉強もなかなか疲れますからね。そんなときにキットを弄りだすと色々と弊害がでそうです。

パーツの紛失破損の場合、請求が1番手っ取り早く確実なんですが、なんというかボンヤリと待っているってのがどうにも耐えられない性分でして、無理矢理複製してみました。
精度はアレですが。
ま、何度かこなせば、かなり綺麗に複製できるという手応えは得られましたけど。

オージの金色。最初はあまり好みでもないなと思っていたのですが、眺めているうちに気に入ってきました。
白っぽいより黒っぽい金色が好きなんですが、スモークグレーを入れたらそうなって、上手くいったなと。

シルバー下地にクリアイエローだけだと、なんか軽い質感になってしまうんですよね。
本文には書きませんでしたけど、エルガイムを塗装している時に、剣を使って実験してたんですよ。クリアイエローだけの時の色合いを。
で、金色として気に入らなかったので、クリアオレンジとスモークグレーを混ぜたんです。

オージの系譜は色々と複雑ですが、私が知っている限りでは、

1番目:オージェ
エルガイムの中盤のボス?傀儡のポセイダルが乗っていたらしい。

2番目:オージ
オリジナルオージェ(上のオージェはこれのレプリカ)という設定だが、永野さんがオージェのキットを観察して、関節を動かし易いようにと各フォルムを再検討してリデザインしたもの。

3番目:キュベレイ
言わずと知れた、Z~ZZにおけるボスMS。

4番目:オージェ・アルスキュル
FSSで出てきた、オージのリファイン版。

5番目:AUGE(アウゲ・オージェのどっちでもいいらしい)
FSSに出てきた、今のところ最後のオージェの系譜のデザイン。
個人的には、これが1番好き。

こんなところでしょうか。
AUGEに関してはボークスさんとwaveさんがそれぞれガレキを出してますが、どちらかといえば、waveさんの方がバランスが美しいですね。
詳細は
http://www.hobby-wave.com/LINE_UP/gennteisyouhin/data/auge/index.html
で見られます。
再販を二度としないと宣言してしまっているので、もう入手困難ですけど。(固いこと言わずに、再販して~)
たまにヤフオクに出てきても、ボッタクリともいえるプレミアが付いてますね。
ボークスさんのも美しいですし、こっちで充分満足できるとは思いますけど。

HWS。熱いですね。
ハッキリいって、かなりバランスの悪いデザインですが、それが味になっていて格好いいです。
特に馬鹿でかいシールドとライフルがいかしてます。
素νにプラス300円というのも、かなり良心的。原油が下がったのが幸いしているんですかね。

こうなると期待してしまうのがナイチンゲール。絶対にないでしょうが。
あっても、古いガレキより見劣りする造形になりそうで恐いです。

VF-25は近々作る予定です。
とりあえずスーパーPは出たので、ノーマルとスーパーPは作ってしまおうと思いました。
一気に作るつもりはありませんが、キット制作の何体かごとにVF-25を作っていこうかなと。
楽しみですねえ。傑作と名高いVF-25。

ACはちょっと心配ですね。2007と2008年が異常だったのでしょうが、かなりハイペースでのリリースでしたからね。
それが一気にここまで落ちると、どうなったんだ?と。
お仕舞いにするつもりはないと思いますが、暫くは休憩というところですかね。
ファシネイターのような一部新規のバリエーションばかりでは売り上げも悪くなってしまいますし、アーマードコア5とかが出るまで、ジックリいくつもりかもしれませんね。

個人的な好みのことを言ってしまえば、バーチャロンよりもACの方が好きなんですが、そこはそれ。
まずは模型業界が盛り上がってくれないと、出て欲しいキットも出なくなってしまうので、長い目で見ればキットの幅が広がってユーザーも増えると考え、そうなれば私も楽しい思いをさせてもらると信じて待ちます。

とかいって、これでACが全然出なくなったら、
「そんなもんいいから、AC出せ」
って言い始めますけどね。(勝手)

教え子さん、合格したんですね。
おめでとうございます!!!

確か教え子さんって、無骨なメカがお好きでしたよね。
でしたら、スコープドッグなんか気に入るんじゃないかなと思ったり。
今なら、バンダイ製スコタコがありますから、キット慣れしてない子供にも簡単に作れますしね。(wave(タカラ)製は、今時の子供には、構造的にお勧めできない内容です)

なにより、バンタコは構造が凄いです。パーツ一個一個が本物の部品ように造形されていて、模型を組み立てるというより実物を組み上げている感覚を味わえますから。
この辺は、
http://www.1999.co.jp/10057480
に出ている説明書の画像を見れば、なんとなく分かるかと思います。

バンタコもVF-25と並んで、作りたくて仕方ないキットの1つなんですけどね。

思えば、2007~2008年は、バンダイはバンダイらしからぬ異色の傑作キットを出したなあと思ったり。
エルガイムMK2、ウォーカーギャリア、スコタコ、ファッティー、そしてVF-25。
ガンダム以外にここまで熱いバンダイってのは歴史上初めてかもしれませんね。

アルターさんのガーンズバック。コスオルモスさんのブログで拝見しました。
モデロック改造の参考ですか?ここまで格好よくするとなると・・・。
ええっと・・・そのう・・・いずれってことで(逃)。
【2009/02/11 21:46】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カウンター
ブログ内検索
プロフィール
HN:
無礼部員1
性別:
非公開
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリー
最新コメント
[03/21 孝ちゃんのパパ]
[09/11 コスオルモス]
[06/20 コスオルモス]
[05/13 コスオルモス]
[05/13 コスオルモス]
[03/06 政府開発援助]
[12/28 原田 祐嗣]
[05/21 コスオルモス]
[05/15 ラベル]
[05/06 hikaku]
[05/04 NONAME]
[05/02 リコーダー]
[04/23 Matrika]
[03/17 コスオルモス]
[03/04 コスオルモス]
[03/03 コスオルモス]
[02/11 コスオルモス]
[02/11 コスオルモス]
[12/31 コスオルモス]
[12/31 コスオルモス]
[12/27 コスオルモス]
[12/27 コスオルモス]
[12/03 テリー]
[12/01 コスオルモス]
[11/22 コスオルモス]
最新トラックバック
バーコード
アクセス解析
お天気情報
FX NEWS

-外国為替-
忍者ブログ [PR]

photo byAnghel. 
◎ Template by hanamaru.