忍者ブログ
その女の子が信じてくれたなら、ドロボウは空を飛ぶことだって、湖の水を飲み干すことだってできるのに
[1]  [2]  [3
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日のズゴックEのお時間です。

今回で、長きに渡ったズゴックEさんの制作記もお仕舞いです。
長いといっても、ズゴックEさんに時間がかかったのではなく、アリーヤさんに時間がかかり、アラレちゃんのファンタジードラゴンさんを繰り上げて作ったが故に、遅くなっただけなんですけどね。

何だかんだ言っても完成した喜びは同じです。


ズゴックE

さて、今回のズゴックEさんは、色々と実験的要素を盛り込んでみました。

1:同系色の三段階グラデの効果
2:パール塗料の艶消しは是か非か
3:初めてのウォッシングとドライブラシの共用

こんなところですかね。実験は。

まず、1から言うと、以前にも言いましたけど、わざわざ調色しての三段階グラデをする必要は無いかなって気がします。
二段階グラデでも吹き付け方に依っては、ほとんど同じようになります。経験的にですけどね。

もしかしたら、もうちょっとましなやり方があるのかもしれませんけど。


三面図

三面図。
汚したというよりも、汚れた感じになってしまった・・・。

次に2のパールの艶消し。
クレオスさんのブルーパールを使っているので(これは他のパールよりも発色が弱く、ハッキリとした色がでにくいらしい)、一概には言えないかもしれません。
で、得た結論は、

「艶消しパールもあり」

鈍く光る金属的質感といった感じになります。
艶消しパールは、応用性が高そうです。艶消しでメタリック塗料などを使うと変な質感になってしまいますが、パールならいい感じです。
艶ありにしたほうがパールの輝きはハッキリしますけど、艶消しも面白い質感ですよ。
言葉では説明しにくいですけど。


斜に

斜に構えて。

最後、3。
これは皆さんが見ての通りでしょう。
ハッキリ言って、成功とは言いがたいと思います。

さっきも言いましたけど、ウォッシングの結果が、「汚した」というよりも、「汚れた」といった感じで、「綺麗な汚し」には程遠いデキとなってしまいました。
もうちょっとちゃんと拭き取ればよかったのでしょうかねえ・・・。

また、ドライブラシですが、前回も言いましたけど、エッジやモールドの造形が余りにもだるいため、色が乗りづらいです。
よって、これまた効果的に感じません。
胸の辺りだけは、そこそこ効果は出てますけどね。

一つ分かったことですが、ウォッシングによって全体の色がトーンダウンし、きついグラデも、割と馴染んで見えるようになったってことですね。
もしかしたら、ウォッシングってのは二段階ですべきなのかもしれませんね。

一段目で面の中で必要な部分だけトーンダウン。
二段目に面相筆などで汚れを書きこみ、あとでぼかすとか。

なんにせよ、ウォッシングってのは意外と奥深いようです。
まだまだ実験してみます。


上半身

それにしても、恵まれないキットでした。
アリーヤさんのお陰で大幅に完成が遅くなり、ファンジードラゴンさんのお陰で後回しというね。
開始してから既に三ヶ月近い時間がかかっていますけど、実際には半月も作業をしていません。
ただ組んで、基本工作をして、塗装しただけですからね。

でも、色々と実験をして得たことはありました。
そういう意味で、ズゴックEさんもまた、無駄ではなかったのです。
模型野郎の礎として、確実に意義はあるのです。


シャア!!

シャアが来る!!


では、ズゴックEさんのキットレビューでもしてみましょうかね。

○キットの造形:6点
時代を考えれば、7点でもいいと思う。
が、エッジ、モールド、バランスなど造形全体がモッサリ&歪なところがあるため、幾らか減点。
でもまあ、今の目で見ても、それほどおかしなキットではないと思う。


○どれだけ簡単に綺麗に作れるか度:8点
パーツも少なく、難しい箇所もない。
ただ作っているを塗るだけならすぐに終わる。ストレスもない。
ただ、上腕や腿などの蛇腹部分は、時代相応モッサリとしたデキなので、モールド彫り直しが面倒。

○可動範囲:7点
割といいほうでは?
デザインも構造も単純なため、四肢は結構動く。
足首も接地性がいいため、安定する。
なにより、時代不相応の土踏まず関節があるのは大きい。


○関節・武器保持力:5点
武器はないが、各関節の保持力は充分。
が、肘、膝にポリが使われていないため、ちょっと動かすだけでヘタってしまうことは請け合い。
これは遊ぶキットと考えないほうが良さそう。

 
○プレイバリュー:5点
キット本体だけで武器とかはないので。
その分、ポーズはつけやすいからいいのでは?

○置物的価値:5点

 誰が見てもズゴックなので、なんとなく知っている人はには受けるだろう。
が、いかにも旧時代のバンダイキットらしく、モッサリとした造形なので、万人から見てアイキャッチがいいとは言えないだろう。


○総合評価:6点
 割といいキット。致命的欠点がない。
といっても、いいところもそれほどないため、ディテールアップなどをしようと考えると、相当面倒。
何度も言っているが、造形が悉くモッサリしているため、ディテールはすべて作りなおしということになりそう。
そこまでするのなら、最初からHGUCを買ったほうがいい。

○お勧め度:6点

サクっと作れて雰囲気を楽しめる。色分けも元が単純なため、大体OK。
ポケ戦シリーズ全体にいえることだが、キットを作るうえでの基本的スキルを学ぶには丁度いいキットだと思う。
パーツも少ないし、作るのは簡単だし、合わせ目などは消しにくい箇所もない。
組むだけでお仕舞いというオートマチックな模型作りを脱却したい人は、こういうキットで練習するのもいいとおもう。


ということでね。ズゴックEさんのキットレビューでした。


三体

漸く三体が揃いましたが、これで漸く折り返し地点。
まだまだキットはあるんですよねえ。モチベが・・・。

ともかく、今日のズゴックEはお仕舞い。

また。

次回からは何をつくろうかなあ・・・。

拍手[1回]

PR
今日のズゴックEのお時間です。

今回で、塗装フェイズはすべて終了しました。
エアブラシ塗装後に、一体何をしたのかというと、別に特別なことはしてません。

ウェザリングです。


艶消し

一旦、艶消しでトップコートします。
こうしたほうが、色々と色が乗り易いのと、塗膜保護のためです。
エナメルがラッカーに浸透しないってのは嘘で、ちゃんと剥げます。
なので、できるだけエナメルで上塗りする時は、トップコートをしたほうがいいですね。
私は結構サボりますが。

んで、


ウォッシング

ウォッシングです。
程度が分からず、ほとんど全面に塗装してしまいました。

んで、コイツを程よく落としてからドライブラシをします。
ドライブラシをする前から思っていたのですが、やっぱり色が乗りません。

理由としては、まず、エッジが物凄くだるいこと。
これは旧キットなので、言っても仕方ない感じですね。分かっていて作っているわけですから。
後はモールドのダルさでしょうか。一個一個のモールドがハッキリしないので、ドライブラシの色が乗りにくいです。

総合的に、旧キットはドライブラしにくいです。


トップコート

そして、もう一度艶消しをトップコートして、塗装は完全にお仕舞いです。

今回、乾燥が間に合わなかったので、完成図は次回。

初めてまともにウェザリングをした我がズゴックEさん。
一体、どんな風になっているでしょうか?

では、今日のズゴックEはお仕舞い。

また。

拍手[0回]

今日のズゴックEのお時間です。

ここ暫く悪天候が続いたため、最終段階ができませんでしたけども、漸くエアブラシ塗装を終えることができました。

今回は、細部塗装をしたのですね。
つまり、要マスキング箇所です。


マスキング

これと、


マスキング

バーニアですね。
マスキング。めんど・・・。

ともかく、本塗装は終了したので、もう一度組み立ててみました。


三面図

三面図です。
あ!腕のバーニア塗り忘れた・・・。
もういいや。このままでいこう。

本来ならここで墨入れなどの仕上げをして終わりなのですが、もうちょっとズゴックさんは続きます。
色々と実験をするために、わざわざこんなにきついグラデにしたのですからね。
本当は終わりにしたいんですけど・・・。どうせなら一つのキットでできるだけ実験しようじゃねえかと。
その方が結果的には、手間も金も節約できるぞと。

上の三面図を見て、鋭い人なら気が付いたと思いますが、一番小さなパーツを一つ失くしてました。
本当にムカつくわけですが、仕方ありません。このままナシの方向でいきたいと思います。
まあ、随分と長いこと放置されてましたからねえ、ズゴックEさん。あはれな・・・。

そんな訳で、今日のズゴックEはお仕舞い。

また。

拍手[0回]

今日のズゴックEのお時間です。

今回で装甲色の塗装を終えました。
成果をば。


違い

ということで、三段階のグラデに挑戦してみました。
右は三段階目を塗ったもの。左は以前の状態、二段階目。
やってみての感想は、
「ほとんど分からない」
でしたねえ。

普段、皆さんはどういう風にグラデをつけているのか分かりませんけど、私はまずエッジやモールドなどを残して吹きます。
この時、端はまったく塗らず、端の近くは薄く塗ります。
で、エッジが暗くなりすぎ、色差がハッキリしすぎますよね。こうなったら、今度は全体にまぶすようにして吹いていきます。薄っすらの乗せる感じで重ねていきます。
これをすることで、ハッキリしていた色差が馴染んできて、きついグラデは消えます。

というわけです。私は。
このやり方だと、端から真ん中になるにつれて、徐々に色が明るくなるように簡単にできると思っています。
で、三段階グラデです。結果的に、私が普段しているように色を徐々に明るくするためにするのだと思うのですが、三段階でやると、その度に調色をしなくてはなりません。
しかして結果は、私が普段やる二段階グラデとたいして変わりません。

手間の割りに効果の薄いやり方なのかなあ・・・。やり方間違ってる?
ま、いいや。多分、もうやらない。

ともかく、装甲色を塗装し終えたので、なんとなく全体像を見てみたくなりました。


なんとなく

ざっと組み立て。
パーツの少ないキットだからこそできる、塗装途中の組み立てですね。

やっぱり、グラデがきついです。コレはコレでいいのですが、もうちょっとグラデを抑えた感じが好きです。
イメージで言うと、写真ではなんとなく写る程度。

この後は細部塗装をしていくわけですが・・・、アチコチにあるバーニアを塗りわけるの、面倒くせえな。
適当に済ます方法はないかな?

ってなわけで、今日のズゴックEはお仕舞い。

また。

拍手[0回]

今日のズゴックEのお時間です。

今回から、上塗りを開始します。
まずは成果。


全景

本体色の上塗りを終えました。
詳細は・・・


詳細

こうですね。

かなりきつめにグラデを残しています。後々、ちょっと実験をしようと考えていますので。
今回の上塗りに使った色は、ミッドナイトブルーに白を混ぜて作ったグレーです。
ちょっと一気に白くしすぎたかな?

この後は、もう一度塗装を施します。
今回は三段階のグラデ塗装をしてみようと考えているのです。なので、きつめにグラデを残したのですけどね。
あまりきついグラデは好きじゃないんです。本来なら。

つーわけで、あと4~5日はかかるかな?完成までに。

そういうことで、今日のズゴックEはお仕舞い。

また。

拍手[1回]

HOME 次のページ >>>
カウンター
ブログ内検索
プロフィール
HN:
無礼部員1
性別:
非公開
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
最新コメント
[03/21 孝ちゃんのパパ]
[09/11 コスオルモス]
[06/20 コスオルモス]
[05/13 コスオルモス]
[05/13 コスオルモス]
[03/06 政府開発援助]
[12/28 原田 祐嗣]
[05/21 コスオルモス]
[05/15 ラベル]
[05/06 hikaku]
[05/04 NONAME]
[05/02 リコーダー]
[04/23 Matrika]
[03/17 コスオルモス]
[03/04 コスオルモス]
[03/03 コスオルモス]
[02/11 コスオルモス]
[02/11 コスオルモス]
[12/31 コスオルモス]
[12/31 コスオルモス]
[12/27 コスオルモス]
[12/27 コスオルモス]
[12/03 テリー]
[12/01 コスオルモス]
[11/22 コスオルモス]
最新トラックバック
バーコード
アクセス解析
お天気情報
FX NEWS

-外国為替-
忍者ブログ [PR]

photo byAnghel. 
◎ Template by hanamaru.