忍者ブログ
その女の子が信じてくれたなら、ドロボウは空を飛ぶことだって、湖の水を飲み干すことだってできるのに
[90]  [91]  [89]  [85]  [84]  [82]  [81]  [83]  [80]  [76]  [75
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

さて、今日は腕装甲を付けてあげました。
これにより、クロボンさんは全身に輝くクロスを纏い、戦闘準備完了となります。
あとは小宇宙
(コスモ)次第ですね。

では、見ていきましょう。
まずは腕フレームそのものです。


腕フレーム

これが裸の状態ですね。
ここに装甲をくっ付けていきます。


第一段階

前腕部です。

第一段階。
フレームを装甲パーツで左右から挟みこんだ状態です。

そこにさらに・・・


最終段階

細かく色分けされているパーツと、可動ギミックを仕込んだパーツを加えて、前腕の装甲終了です。

あとは上腕ですが・・・・おおっと!こういう構造か。


合体

上腕装甲は一体成型の筒型になってました。
素晴らしい技術ですね。

数年前から、MGではこういった一体成型をたまに使いますが、こういうのを見ると思わずにはいられません。
「武器もそろそろモナカ式はやめて、一体成型にしようよ、バンダイさん!」
武器がモナカ式になっていると、デコボコが多いので、合わせ目消しが厄介なんですよね。

ま、これで腕は終了しました。
次は肩です。

まずは第一段階。


第一段階

肩の基部を2つのパーツから作ります。
下のように可動ギミックが仕込んであります。

で、次ぎ。


肩完成

肩の基部を白いパーツで左右から挟みこんで、その上から紺色のパーツを被せます。
これのお陰で、肩の合わせ目がほとんど消える
って寸法です。
2000年頃からのMGって、こういった技術を多用して合わせ目を隠してくれるので、とても作るのが楽です。

実際には、横から見ると肩の終わり際に、少し合わせ目が見える
んですが、気にならないでしょう。
私は消しません

さて、これで片腕が完成しました。
両腕を比較してみましょう。


片腕完成

当たり前ですが、貧弱だった肩などが大きくなったことにより、バランスが良くなりましたね。
しかし、こういった左右非対称も格好いい気がします。
フレームのみだとちょっとイメージし辛いですが、左右非対称だと、複雑に見えて面白くなるんですよね。
なぜかガンダムのメカは、ほとんど左右対称ですが。やっぱりキットを踏まえた、金型成型の経済性を優先したデザインなんでしょうか?

さて、そんなことを考えている間に、左手も完成して、本体が完成しました。
全景を見ていきましょう。


本体完成

全身にクロスを纏ったことにより、格好よさが10倍になりました。
いいですねえ、クロボンさん。つい3ヶ月前まで存在そのものを知らなかったわけですが、こうしてみるととてもいいデザインです。

ただ、ちょっと思ったのが、「脚、太くないか?
」ってことです。
装甲が完成していないから、下半身デブに感じるんだと思っていたのですが、完成してみても、ちょっと太い気がします。
細身のデザインに、内部フレームを再現した結果でしょうか?
特に太もも
が太く感じます。
足首にアーマーが集中していて太くなっているのも、大根脚に見える原因でしょう。
足首がキュっとしまっていると、全体的に細く見えるものですから。

バランスを崩すところまでいっていないし、好みの問題も入っているので、これはこれでいいと思います。

では、装甲も付いたことですし、腕の可動確認をして見ましょう。


可動範囲

肩の可動は、肩アーマーに邪魔されて激減しましたが、肘はちゃんと180度曲がりますね。
激減といっても、これだけ曲がれば、誰も文句を付けられないでしょう。

2重関節。凄いですね。
この発想そのものはそれほど難しくないと思うのですが、デザインを崩さずに、長くなった関節を組み込むってのは、かなり大変だと思います。
思いっきり曲げてしまうと、「明らかにおかしいところが曲がっているな」と感じてしまうのは、仕方のないことです。

さて、肩の引き出し式関節の威力を見てみましょう。
こんなことができます。


絶対零度

オーロラエクスキューション!!
喰らえ、絶対零度の凍気を!!

じゃなくて、肩が前にこんなに曲がるお陰で、腕を前で合わせやすくなっているんですよ。変に肘を曲げずにね。
これができると、武器の両手持ち
が綺麗に決まるんですな。
例えば、ビームライフルを構えて、左手をそれに添えるとか。
サーベルの両手持ちとか。

約めて言えば、ポージングの幅と自然さが、大きく増すんですよ。

さて、恒例行事。
最後の比較です。
今日のお題はこちら。

「一番格好いいの、だあれ?」


格好いいのは?

個人的な思い入れを加味していいのなら、苦労した100ガンダムさんなんですが、やっぱりクロボンさんが一番格好いいかな。

こうしてみると良く分かると思います。すべてのパーツのサイズが小さく細いのに、足だけ太い。100ガンダムとほとんど同じ太さです。
脚の長さが同じなのは、その方がスタイルがよく見えるという理由ですのでいいと思います。
が、やっぱり脚は太いのではないかな?
特にがね。こう感じるのはなんでだろう?
あ!分かったかも。腰の横幅が狭いからだ。腰がすっきり細身なのに、太ももの太さは他と同じくらいだから、相対的に太く見えるんじゃないかな?
腰を左右で2mmずつくらい太く。あと足首が太いですから、足の赤い部分、スリッパを2mmくらい幅増しすれば、相対的にかなりバランスが良くなるのではないでしょうか?
え?改造?やりませんよ。こんだけ複雑な構造をもつキットを改造するなんて、果てしなく大変ですからね。
このままだって格好いいし。

ちなみに、太く感じる脚ですが、角度を付けてみると・・・・


いいねえ、君

ほら、太く見えない
正面からの写真よりも、立体感がまして格好よく見える。

角度の付いた写真を信じちゃ駄目ですよ。
角度美人に騙されて、あとでてんてこ舞いしますからね。

じゃ、この辺で。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カウンター
ブログ内検索
プロフィール
HN:
無礼部員1
性別:
非公開
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
最新コメント
[03/21 孝ちゃんのパパ]
[09/11 コスオルモス]
[06/20 コスオルモス]
[05/13 コスオルモス]
[05/13 コスオルモス]
[03/06 政府開発援助]
[12/28 原田 祐嗣]
[05/21 コスオルモス]
[05/15 ラベル]
[05/06 hikaku]
[05/04 NONAME]
[05/02 リコーダー]
[04/23 Matrika]
[03/17 コスオルモス]
[03/04 コスオルモス]
[03/03 コスオルモス]
[02/11 コスオルモス]
[02/11 コスオルモス]
[12/31 コスオルモス]
[12/31 コスオルモス]
[12/27 コスオルモス]
[12/27 コスオルモス]
[12/03 テリー]
[12/01 コスオルモス]
[11/22 コスオルモス]
最新トラックバック
バーコード
アクセス解析
お天気情報
FX NEWS

-外国為替-
忍者ブログ [PR]

photo byAnghel. 
◎ Template by hanamaru.