忍者ブログ
その女の子が信じてくれたなら、ドロボウは空を飛ぶことだって、湖の水を飲み干すことだってできるのに
[363]  [362]  [361]  [360]  [359]  [358]  [357]  [356]  [354]  [353]  [352
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日のミラージュ・セレナのお時間です。

今回は接着をしていきます。
といっても、パーツが相当に多く、しかも異常に細かいこのキット。普通にやっていてはわけ分かんなくなりそうですし、パーツ紛失もしそうです。
そこで・・・


ケース使用

登場。名前は・・・分かりません。ま、ケースです。
100円ショップで買ってきたものです。これだけあって、お値段たったの300円!!
安いですねえ。

実はこれ、プラキットのために買ったのではなく、ガレキを作るときのために買ったのでした。
まさかプラキットで使うとは思いませんでしたけどね。
考えてみれば、パーツの多いMGやアーマードコアに使うのも当たり前かも。

さて、このケースの中にばらしたパーツを入れていき、さらに接着が必要な部分は接着していきます。

そうそう。
この間、良く分からなかったであろう顔パーツの脆弱性。見てみましょう。


顔のパーツ

顔が上下で別になっているのがわかります。
んで、下のほうにボールジョイントがありますね。こいつが顔の上と接続するわけですが、そんなに動くわけではないです。

問題は、このボールジョイントと顔下との接続方法ですね。
見て分かるように、顔下は左右からの挟みこみです。ほとんど写っていませんが、ボールジョイントは径1mmもない棒に依って、左右と固定されているのです。BJの左右にチョロっと写っている奴が固定軸ですな。
細かい上に結構はめ込みがきついので、ここはちょっとだけ隙間を開けたあと、流し込み用接着剤を使いました。
首パーツと色が違いますが、マスキングは比較的容易だと思いますので。

で、今日の成果。


終わった部分

今日できたのは、武器すべて(ここに写っていないのも含めて)、両腕、顔だけでした。
残念ながら、一日では終わりませんでした。

やっぱりパーツが多く、しかもはめ込みがきつい箇所があるので、意外と時間がかかります。
といっても、全体的に見れば、はめ込んだ箇所をばらし易いです。ナイフでチョロっと隙間を開けてやれば、パコって簡単に外れます。
やっぱり硬いプラなんだねえ。
考えてみれば、MGと違って、フレームというものにパーツを費やしているわけではないACです。
それだけ見えるところにパーツが費やされているわけで、ばらすのもそりゃ大変だと気が付きます。

ちなみに、肩のダークレッドパーツ。やっぱりばらすのが大変でした。
硬いのなんの。ナイフでちょっと隙間を開け、そのあとはマイナスドライバーで少しずつ隙間を大きくしていき、最後に強引に取り外すと。
そんな形でしたね。馬鹿みたいに時間がかかりました。

もう片方の肩をやるときは、まず肩をばらして、後ろからダークレッドのはめ込みピンを押し出す形にしてみましたが、あまり変わらないですね。
壊す確率の低い方法ではありますが、どちらにしても硬さは変わりません。

次回はもっとパーツが多い胴体と脚ですが・・・。あと一回で追われるかな。第一次接着作業。

そうそう、こういった硬いプラを始めて接着した感想。
「これ、本当に溶けてる?」
でした。心配です。溶けてくれないと、合わせ目は消せないですからね。
硬質プラだと、やっぱりシンナー接着剤でも溶けにくいってことでしょうね。

今回やった部分に関しては、消すべき合わせ目は、意外と少なかったです。
肩はモールド化しましたけどね。ペーパーで段差を均して、ケガキ棒で合わせ目を太くするという。

これが終われば、改修フェイズ(改修してないけど)は終わりですね。
あとは接着待ちをしていればいいと。

ん~、やっぱりデキのいいキットは楽だわ。変に弄る必要がないし。
でも、このあとの塗装のことを考えると、ちょっと憂鬱かな。
パーツが多いから、キチンと把握して塗装するのが面倒だし、設定よりもより細かく色分けするとなると、恐ろしい勢いでマスキングが必要だし。

ま、頑張ります。

そんな訳で、今日のセレナはお仕舞い。

また。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
こんなのいかが?
そういえばこんなのも私は買ってたりします。
ぶっちゃけプラモじゃなくて完成品なのですが、
デザインの秀逸さに惹かれました。
元は美少女ゲームなのですが、メカニックがACと同じくらい気に入ってます。

元ネタ作品のサイトがこちらで、↓
http://www.total-eclipse.jp/te/index.html

フィギュア販売サイトはこちらです↓
http://www.volks.co.jp/jp/a3/index.html
コスオルモス URL 2007/09/05(Wed)00:14:03 edit
A3って奴ですよね?
今年の冬のワンフェスのちょっと前に知りました、これ。
ボークスさんのサイトでも、宣伝しまくっていましたしね。そういえば、ショールームにも展示してあったかな?
元ネタはまったく知らなかったのですが。美少女ゲームなのですか。

武御雷って書いてありましたね。なんの名前か知らないのですが。
読めなくて、勝手に「タケシぎょらい(魚雷)」って言っていました。
タケシ専用の魚雷かよと。やっぱり通常の三倍、何かが凄いのかよと。
正しくは、「タケミカズチ」らしいですが。
そういえば、ロボットの名前が戦闘機と被っていたような・・・。
形式番号(?)は戦車っぽいですね。

まあ、いい加減な話は置いといて、これ、結構注目していたんですよ。
格好いいですから、当然。
が、完成品であることから、躊躇しています。

さらに、現在の優先順位がACやFSSの方が高いのです。
他にも、マクロスだって作りたいし、オーラバトラーもやりたい。さらに、パトレイバーのキットも欲しいですし、ボトムズも弄りたい。
当然、スケールモデルもやりたい。
何より、FSSのガレキが高い!!

お財布の関係で、どうしても優先順位をつけてやらざるを得ないのが、貧乏人の辛いところです。
なので、それらを悉く我慢しているのが現状だったりします。

宝籤でも当たって、1億くらい手に入れば・・・。
模型制作専用の部屋を借りて、徹底的にいい道具を揃えて、欲しいキットを片っ端から買って・・・。

随分と小さな望みだな。

でも、格好いいんですよねえ。
これで組み立てキットで、4000円くらいで売られていたなら、間違いなく買うでしょうね。
やっぱり、完成品を買うとなると、私には相当の思い入れが必要なようです。
作れない。弄れない。それが物足りないんですよね。

全般的にクオリティの高いハイコンプロにしても、デキのいいキットがなかったサザビー以外にはまったく食指が動きませんでした。
サーバインにしても、キットそのものが恐ろしくレアである上に(プレミアつきまくり。PMTさんのは特に)、作ることが難しいソフビ(PMTさんはレジンキャストですが)であったわけですし。

A3のアクション・フィギュア。これって、材質はなんでしょう?
PVCでしょうか?プラなわけないですよね。
PVCだと、設備投資が安く済みますしね。

こういうのを見ていると毎回思うんですよ。
「ガレキって高いよなあ」と。
いや、ガレキが高い理由はよく分かっているんです。仕方ないとも思います。
内容も、プラキットと違い、物凄く作りこまれているのも分かっているんです。

でも、完成品でこれだけ完成度の高いものがたかが6000円程度で出てしまうとなると、数万にもなってしまうガレキはそうそう簡単にユーザーを獲得できないぞと。
いや、プラキットですら危ういぞと。考えてしまいますね。
ガレキなんて、作ることに相当のエネルギーが必要ですしね。
最近では、魂スペックというカテゴリで、80年代のロボが復刻してますね。

嗚呼!!もうドラグナーの新作キットは出ないのか?

私の様に、基本的に元ネタや原作を知らず、思い入れも薄い人間だと、どうしてもその思い入れの源泉を「作ること」に求めてしまうようです。
一月も弄り続ければ、思い入れも湧きますからね。
そうなると、やっぱり元ネタを知らないメカが幾ら格好よくても、完成品では満足できないでしょうね。
勿論、格好いいと思ったから買うってのが常に先にあるわけですが。
娯楽性のキャパが狭い完成品は、どうしても二の足を踏んでしまいます。

折角格好いいのになあ。勿体ないです。
作りたいです。自分で。この完成品にすら及ばないのは分かっていますが、それでも自力で完成させたいです。

どっかのメーカーさん。プラキットで出してくれないかな~。

無理ですよねえ。この値段で完成品が出ている上に、元ネタがマイナーなんでしょうし。
【2007/09/05 23:30】
無題
レスありがとうございました!
そうなんですよね、このシリーズ、異常な高さなんです。
だからいまのところ第一弾しか買えていません・・・。
まあ数万だして色変え版を買いたいとも思わなかったので・・・。

この材質はPVC、ABS,ナイロン樹脂だそうです。
アクションモデルなので、レジンは脆いんでしょうね~。

やはりこれはプラモで出して欲しいですよね。どこも出してくれないのかなあ。

コトブキヤならばもしかしたら・・・です。
デモンベインだって元々美少女ゲームのメカだったんですし、10年以上前の作品である「機動戦艦ナデシコ」からのメカをキット化しる予定だそうですし。

この武御雷やF-15はマブラヴというゲームに出るのですが、そこそこ名を馳せた作品なので、コトブキヤもひょっとしたらキット化リストに加えているかもしれないです。
願望ですが(笑)
コスオルモス URL 2007/09/05(Wed)11:55:35 edit
Re:無題
確かに、コトブキヤさんなら出してくれるかもしれませんね。
是非、出して欲しいです。
デモンベインは未だに買えていませんけども。
ナデシコからのキット化も面白そうですよね。パッと見のデザインは、面白く感じました。模型のための線画の設定画しか見ておらず、どういうデザインなのか、ちゃんとは把握してないんですけど。

世の中、プラキットで出して欲しいメカ・ロボットっては唸るほどあるわけですが、実際にリリースされるのは、その内の半分くらいですからね。
ガンダムだけしか見えていない人でも、「Ξを出せ。ナイチンを出せ」色々あるわけですし。
視野の広い方なら、1/3も出ていないってのが実感かもしれません。

キャラクターモデルの模型業界って、一つのシリーズについて、今までに一度も徹底的に出したことがないと思うんですよ。
バンダイですら、アニメの後半に出てくるメカはオミットされたり。
他のメーカーさんともなると、リリースの速度があまりにも遅く、忘れている間に、いつの間にか打ち切りになっていたり。

一つのシリーズを短期間で一気に出すってのはリスクも大きいでしょう。
それだったら、色んなシリーズを同時展開してもいいから、それぞれを数ヶ月に一個ずつでも出してくれれば、充分に楽しいんですよね。

現在、コトブキヤさんがACとスパロボを同時展開しているように。これは随分とピッチが早いですけど。

その裏で、そうしたマイナーなものを三ヶ月に一遍、半年に一遍でもいいから、長い目で見て出してくれると、ユーザーはとても嬉しいです。

WAVEさんも、マクロスの版権を持っているみたいですから、FSSのプラキットと平行してそれぞれを半年に一個ずつでも出してくれないかなあと。

ま、ちょっと前に比べて、「ガンダムオンリー」ではない模型業界にはなっていると思います。
色々と可能性を探っていこうと。バンダイですら、ガンダム以外に目を向け始めていますし。
その鳥羽口を開いてくれたのが、コトブキヤさんですね。

この傾向がもっと強まっていけば、我々のような人間は、楽しくて仕方ない模型ライフを送れるようになるでしょうね。

頑張れ!!模型業界。
【2007/09/05 23:51】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カウンター
ブログ内検索
プロフィール
HN:
無礼部員1
性別:
非公開
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
最新コメント
[03/21 孝ちゃんのパパ]
[09/11 コスオルモス]
[06/20 コスオルモス]
[05/13 コスオルモス]
[05/13 コスオルモス]
[03/06 政府開発援助]
[12/28 原田 祐嗣]
[05/21 コスオルモス]
[05/15 ラベル]
[05/06 hikaku]
[05/04 NONAME]
[05/02 リコーダー]
[04/23 Matrika]
[03/17 コスオルモス]
[03/04 コスオルモス]
[03/03 コスオルモス]
[02/11 コスオルモス]
[02/11 コスオルモス]
[12/31 コスオルモス]
[12/31 コスオルモス]
[12/27 コスオルモス]
[12/27 コスオルモス]
[12/03 テリー]
[12/01 コスオルモス]
[11/22 コスオルモス]
最新トラックバック
バーコード
アクセス解析
お天気情報
FX NEWS

-外国為替-
忍者ブログ [PR]

photo byAnghel. 
◎ Template by hanamaru.