忍者ブログ
その女の子が信じてくれたなら、ドロボウは空を飛ぶことだって、湖の水を飲み干すことだってできるのに
[346]  [345]  [344]  [343]  [342]  [341]  [340]  [339]  [338]  [337]  [336
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回は夏に相応しく怪談です。
これから、私自身が体験した恐ろしいお話をします。

夜中、誰もいない部屋でPCに向かってこれを読んでいるあなた。そっと後ろを振り返ってみてださい・・・

「お前だ!!」

さて、半月ほど前のことです。
深夜、丑三つ時をちょっと過ぎた時間帯。私は寝ておりました。かなり暑かったので、熟睡とまではいきませんでしたが。
その時、突然

ガタン!グシャ!!

異様な音が、私の部屋に響き渡る!!!

かなり大きな音だったので、眠りの浅い私はすぐに起きました。
「なんだろう?こんな時間に、こんな大きな音がするなんて・・・」
部屋を見渡します。

・・・と、あれ、何これ?
半分寝ぼけている頭が異常に気が付くのに、たっぷり10秒はかかりました。

ここから先は覚悟のある人だけ読んでくださいね。
恐ろしい出来事が書かれています。
正直、渦中の人である私も、いまだ根本的解決法を見つけられません。

では、気合いのある人だけ・・・

あなたの知らない世界にご招待。


ここを読んでいる人。あなたは覚悟ができた人ですね?
後ろに誰も立っていないか確認しましたか?
夜、トイレに行かなくてもいいように、今行っておきましたね?

では、続きです。

そこにある異常、それはなんと、
そこにあるはずの物が消えうせている!!

ベッド脇に飾っておいた物が2つも、跡形もなく消え去っているのです!!
今年の2月くらいに(逆シャア祭りを始めた頃)買った完成品サーバインさんと、その後ろに立っていた筈のフライルーさんが消えているんです。

はあ!?

焦る私。
なぜないんだ?

さっきの音。
あるはずのない場所にない、二つの模型。

事実を繋ぎ合わせ、ヒョイっと下を見ると・・・。あった
棚の下に落ちてました。二つとも。
しかも、サーバインさんは背中のコンバーターが片方取れていました。
泣きたいです。

このサーバインさん。超お気に入りなのです。
オーラバトラー自体、デザイン的に大好きなのです。が、本当に格好いいキットってほとんど出回っていないんですよね。
MG・ダンバインはかなりいいデキだとは思いますけど、プラキットでABを再現するのはちょっと無理があるようで、ガレキやフィギュアには及ばない感じです。
そのガレキも、イベント限定がほとんどで、今では普通に買うこともできません。ヤフオクでたま~に出品されていても、無駄にプレミアが付いてますしね。

で、サーバインですが、決定版とも言うべきキットが幸いにして存在するんですよ。
一つはPMTさんが出している物。もう一つはマクスファクトリーさんが出した、究極のサーバイン。
マックスさんのこれ、もう20年前のキットで既に絶版品のはずなのに、ヤフオクでしょっちゅう見ますね。つまり、コレクター御用達のキットってことです。
なんで、コレクター専用になるのか?簡単です。

ソフビ製だから

ソフビって綺麗に作ることすらレジンキャストよりも難しいですし、それを普遍的に保存しておくことはもっと難しい素材です。
それが故に、レジンよりも圧倒的に安くガレキを提供できた素材なのに、廃れてしまったわけです。
ま、細かい成型もレジンには劣るってこともありましたけど。

で、そんなソフビのサーバインを作る自信がなかった私は、散々悩んだ挙句、メガハウスさんの完成品サーバインを買ってしまったのです。
え?模型野郎の風上にも置けない、ヘタレ野郎だって?
御免なさい。負けました。自分との戦いに。
だって、プレ値のお陰で、マックスFのソフビよりもメガさんの完成品のほうが安いんですもん!!
それに、完成品を買ったのは、これとハイコンプロのサザビーさんの2個だけ
ですよ?見逃してください。

ま、言い訳はいいです。

で、お気に入りのサーバインがなぜ丑三つ時の動くもののない私の部屋で倒れたのか?

次の日、壊れた箇所を修復し、ついでにサーバインを今までと同じように立たせました。
が、立ってくれない!!まったく自立しません。
サーバインさん、背中にでかいコンバーターを背負っているものですから、重心が後ろにあるんですよね。
なので、どうしてものけぞってしまいます。

この半年間、何の問題もなく自立していたサーバインさんが、なぜ急に立たなくなったのか?
私には一つの仮説がありました。

結論から言えば、PVC製だから。

PVCといえどもやはりソフビですから、熱に弱い
わけです。プラやレジンよりも遥かに。
後ろに重心があるのに、これまで立っていられたのは、かかとに生えている爪が支えになっていたからなんです。
これが、高い気温と負荷に負けて曲がって
しまっていたのでした。

これ、実験で立証しました。
お湯で爪を曲げて、元の様にちゃんと自立できるようにします。
で、二日後。やっぱり倒れていました。今回は、倒れることを想定して、被害がないように保護しておきましたけどね。

さて、どうしようか?夏の間中、このサーバインさんはいつ倒れるか分からない状態に置かれるわけです。
毎年毎年・・・。
果てしない恐怖だ。

根本的な解決は、足裏に真鍮線をさしてベースに固定するか、おなじく真鍮線で背中に支持棒を作るか。
完成品とはいえ、PVC製の物は、やはり熱に弱いのです。

恐ろしい
ことです。
毎年夏になると、この恐怖が襲ってくるのです。
根本的な解決をしても、また別のところに負荷がかかるようになるわけで、それが恒久的な維持を保障しているわけでもありません。

悩んでいます。
このまま仕舞ってしまうには勿体ないほどの造形。仕舞っているうちに溶けていたなんてこともあるかもしれません。

かといって立たせておけば、いつまた倒れて、今度こそ致命的破損ってことになるかも分かりません。
立体物が好きな奴は完成品ですら、その保存に覚悟が必要ってことです。
これほどに戦慄すべき出来事があるでしょうか?

さて、どうしようか・・・

予は甚だ迷う。天道は是か非か!!
司馬遷も、こんなことを考えながら、この警句を書いたのでしょう。(違)

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カウンター
ブログ内検索
プロフィール
HN:
無礼部員1
性別:
非公開
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリー
最新コメント
[03/21 孝ちゃんのパパ]
[09/11 コスオルモス]
[06/20 コスオルモス]
[05/13 コスオルモス]
[05/13 コスオルモス]
[03/06 政府開発援助]
[12/28 原田 祐嗣]
[05/21 コスオルモス]
[05/15 ラベル]
[05/06 hikaku]
[05/04 NONAME]
[05/02 リコーダー]
[04/23 Matrika]
[03/17 コスオルモス]
[03/04 コスオルモス]
[03/03 コスオルモス]
[02/11 コスオルモス]
[02/11 コスオルモス]
[12/31 コスオルモス]
[12/31 コスオルモス]
[12/27 コスオルモス]
[12/27 コスオルモス]
[12/03 テリー]
[12/01 コスオルモス]
[11/22 コスオルモス]
最新トラックバック
バーコード
アクセス解析
お天気情報
FX NEWS

-外国為替-
忍者ブログ [PR]

photo byAnghel. 
◎ Template by hanamaru.