忍者ブログ
その女の子が信じてくれたなら、ドロボウは空を飛ぶことだって、湖の水を飲み干すことだってできるのに
[280]  [279]  [278]  [275]  [277]  [276]  [264]  [274]  [273]  [272]  [271
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最初に言っておきます。
私は反日でも反中国・反韓国でもありません。
そういうのはどうでもいいです。

さらに、ここに書いてあることを鵜呑みにしてはいけません。
何の影響力もないですから心配する必要もありませんが、念のために言っておきます。

「話半分に聞いておけ」

さて、別に重々しいネタを扱う気もないんですけど、こんなネタを書いてみようかと。

http://www.youtube.com/watch?v=XnEO2882ZZY&mode=related&search=

ま、この動画を見てどう思うかはその人の知的レベルに依ると思います。
大体、日本のTV局って馬鹿ですから、こういった込み入った話をするのに、ろくな奴はほとんどいない。

偉そうにボス格に納まってますが、太田光って本当は馬鹿ですよ?
ほとんどものを知りません。言っていることも変に理想論的で、餓鬼かよって思いますね。
理屈は達者ですが、物事をあるべき大きさで捉えることすらできない男です。
変に簡単に言ってみたり、変に小難しくしてみたり。

鈴木サリナ。なんでこんなのが出てるんでしょうか?きっと彼女は現在のアメリカ大統領の名前すら言えませんよ。

ま、その辺は置いといてです。
問題は、話の中心人物となっている中国人女性の発言の是非です。
そして、それに続く幾つかの良質なコメントです。ほとんどが無価値な野次ですから。

「日本が中国に侵略したのは間違いない」
これは私も間違いないと思います。

「それを認めるべきなんですよ」
人のことは知らないけど、知り合いは大抵認めていると思うよ?

「そうすれば中国人は満足するんですよ」
そりゃ、嘘だ。

今まで、なんども日本の政治家は謝っています。従軍慰安婦に関しては確実に。
でも、グダグダ言い続けています。どうでしょうね。こんななってくると、謝っているほうもムカついてくるんじゃないでしょうか?
従軍慰安婦も、これまた胡散臭い部分もあるんですけどね。
ま、日本人的な性風習からすると、あっても不思議じゃないのですけど。性に関して、根本的に日本人はおおらかですから。
五月蝿くなったのは江戸時代、儒教とかが入ってきてからですよ。それ以前はみんなヤリチン・ヤリマンの集まりでしたからね、日本人。
同性愛も、ごく普通のことでしたし。

根本的に、戦争経験のない人が、同じく戦争経験のない人に、
「お前の国は、私の国にひどいことをした。謝れ」
なんていうこと自体、どうもおかしいです。

南京大虐殺。あったっていいますね。あれ、どうもなかったらしいです。私は一次資料(当時者たちの証言など、リアルタイムの物のこと)などに当たれる人間でもなければ、仮にできたとしてもやらないと思います。
要するに、興味はあるがたいしたものでもなく、それに割いてもいいと思う時間は、自由時間のうちのほんの僅かだって人間です。
ですが、若干、二次資料(一次資料を基に、後世の人が書いた資料)を読んだことはあります。

腐るほどの本を読んだ結果得た知識として一番大事だと思うのは、資料を鵜呑みにするなてことなんですね。
書いた人の思想で話が変わるんですよ。
これ、資料を捻じ曲げるということではなく、資料を都合よく取捨するなり、扱いの大小を与えるなりで簡単にできますね。
理論的思考をした事のある人なら、簡単に理解できることです。

さて、そうした目で見ていった結果、なかったと考えることの方が、より事実に近いと思われます。
説明するのは面倒臭いので、興味のある人は図書館にでも行って、そんな内容の書いてある本を3冊くらい借りて来て、ざっと読んで下さい。
1冊じゃ駄目です。
なぜかって?さっきも言ったように、鵜呑みにできないからです。
さらに、行間も読んで下さいね。曖昧になっていたり、突然断定しているものはすべて嘘だと思ってください。

中国が南京事件の証拠だといっている写真にしても、全然関係なかったものだと証明されていたりします。
要するに、中国側の証拠とされるものが、どうも捏造くさいんです。

断っておきますが、私、高校生の頃まで南京大虐殺はあったと思っておりました。
が、色々と見聞きするうちに、なかったと思うようになった人間です。

懐疑主義。これが大事です。
「本当かね?じゃ、調べてみようか」
これですよ。
この女性も、鵜呑みにしているんだと思います。受けた教育とやらを。

この女性、頭はいいんだと思います。が、賢くはありませんね。他人の頭で考えているだけですから。
皮肉にも、教科書問題を取り扱っていますが、この女性を見れば、この議題がどれだけ馬鹿げたものか分かると思いますが・・・。
教育云々ではなく、個人の知識の広さと、知識を得るための能動的行動によって、人間のバランス感覚は養われますから。

知識は絶対善です。弁護側と検事側双方の意見を把握しなくては、到底真実にはたどり着けません。両方の知識が必要です。

んで、その彼女の意見に対して鋭いツッコミが入りますね。

「アヘン戦争の流れから始まっているんだぜ?」

そうです。でも、これを問題にすると、中国人が一番否定したい日本人はたいして悪者じゃないという結論になってしまうんですね。
むしろ、イギリス人の方が極悪人じゃん、とね。
ま、世界史を齧れば誰にでも分かる問題です。

さらに、厳しい突っ込みが入ります。

「チベットは侵略じゃないのか」

まったく仰るとおりです。ま、この辺も各自、勝手に調べてください。
チベット問題に関して、彼女は平然と応えましたね。

「これこそ、内政問題であって、ここで議論すべきことではありません」

もう、この段階でお開きにすべきでだったんでしょうね。

日本が中国にやったことは問題にすべきだ。
しかし中国がチベットにやったことは正しいという前提から始めよう。

まるで宗教ですね。

存在証明など必要ない。
神は存在する。
そこから話を始めようじゃないか?

根本的に、懐疑主義者のように取り合えず事実を羅列し、そこから求められる答えを探ろうとする人とは永遠に相容れませんよ、これでは。

チベットの方も出ていて、この人は賢い方ですね。あっさりと、
「国際的に、あれは侵略だと認識されています。あなたがそう思うのは、きっと教育の問題なんでしょうね」
で片付けています。
グダグダと文句を垂れるでもなく。

理屈はどうにも付きます。彼女に関しては、明らかに矛盾してしまっていますが。
自分に都合の良いことを切り出して話をつなげていくだけの人と、どう考えたって議論なんてできないんですよ。時間と労力の無駄です。
それを良く知っているのでしょう。

だから、懐疑主義が必要なんですけどね。

結局、彼女が言っていることのほとんどすべてが、下らない言葉の羅列です。中身は何にもない。
肩書きを見ると、歴史を色々研究している方みたいですが、得た知識から導き出される答えが、その人のレベルによって、こんなにも低レベルになってしまうのです。

結局、個人の問題であって、教育の問題ではないんですよ。
どんな教科書を作ったかで認識が変わってしまうのなら、もうどうしようもないことだと思った方がいいです。

改善なんてできません。

かつて、マキアベリがこう言いました。

「人は必要に迫られるから善人になるのであって、普段は悪巧みばかりしている」

彼の時代から400年以上経った今日でも、この言葉は真実です。

最後におじいさんがちゃんとしたことを言っています。

「あなた方の言っていることはみんな、性善説なんだ。みんな良い人だというところから始まっているんだ」

まったくその通りです。
話せば分かり合える。昨日の敵とも信頼しあえる。
んなわけねーだろ!!

そういうことは、個人レベルでできてから言えと。
個人レベルでできないことが、どうして国家レベルでできるんだよと。

こういうことを言うのは問題発言だとは思いますが、あえて言います。

人間てのは、ひたすら愚劣なもんだよね?

個人レベルで付き合えば、どの民族だろうがみんないい人です。経験的に。
が、変にイデオロギーの話になると、なぜか偏ったことを言い出すんですよ。

思考停止。

これが問題なんですけどね。
思考停止ってのは、馬鹿が持っている最大の難点ですから。

この女性、これだけ流暢に日本語を喋り、これだけ美人なんですから、おそらく日本人男性と付き合ったこともあるでしょう。
いや、既婚者かもしれませんけどね。
それにしたって、恋心を抱いたことはあるはずです。
日本は悪い国で、日本人はその責任を取らなくてはならないと思っているにもかかわらず。

それってなんで?

それを理論の中心にまず入れてみませんかと。
自己弁護をするために、他人を否定していませんかと。
自分の頭で、個人としての責任で、ものを考えてみませんかと。

さっき知識は絶対善と言いましたが、それは知識がなくてはなんにも判断ができないからです。
が、知識を持っていると思われる彼女にしても、所詮はこの程度です。
これが知識のない人間だったらどうなるでしょうか?

推して知るべしです。

人って愚劣といいましたが、世の中、ほとんどの人間が時間と労力を使って、この手の知識を蓄えたりはしません。
色々知っておこうと思ってないんです。
馬鹿だから。私も含めてです。

俺は知っている。ちゃんと読んでいるよって言う人でも、複数の資料を比べて公正に判断しようという姿勢はほとんど持っていません。
一方聞きで、それを真実として語る人間の如何に多いことか。
馬鹿だから。勿論、私も含めてね。
上から物を言っているつもりはありません。客観的に話したいだけです。

結局、人間が分かり合うっていうのは不可能な話なんですよ。

ケネディの言葉です。
「隣人を愛せと聖書にはあるが、我々は敵国やイデオロギーの違う人間を愛することはできないだろう。
が、少なくともその違いを理解し、共存していくことはできる。
なぜなら、我々は共に家族を愛し、子供将来を思う気持ちは同じだからだ。
そして、最終的な我々の共通点は、この小さな惑星の住み、やがて死んでいくのだ」

ざっと要約ですがね。
また、こんなことも言っています。

「平和とは、結論や結果ではない。日々維持していくものである。
なぜなら、問題を解決するために努力し続けるプロセスこそが、つまりは平和なのだから」

こういう根本的なことを分かる人と分からない人が居ます。
分からない人のほうが圧倒的に多いのですが。
そして、議論になるのは、根本的なことが分かる人同士でなくてはなりません。
どちらか一方でも駄目なら、議論は成り立ちません。

昔やっていた(今は知らないけど)ここが変だよ日本人。
これである韓国人留学生が言っていた言葉。

「日本は軍国主義じゃないですか。軍拡してばっかりで。帝国主義ですよ。そんな隣国をどうして信頼できるんですか?」

それに対してテリー伊藤(この人、賢いのか頭でっかちか、いまだに判断が付きません)が一言。

「君、日本に留学しているよね。随分と日本の様子が分かったと思う。それでどう思う?日本人は帝国主義的だと思う?」

素直なんですね、留学生。

「思いません」

認めていました。

こんなレベルなんですよ。正確な知識を持っているのに、それで判断しない。
感情が優先し、どっかで覚えてきた便利な言葉を頼って、実のないことを喋るだけ。

どうしようもないよね。こういうのを思考停止って言うんだからさ。

こういった中国・韓国人が多いように感じてしまいますが、それってマスコミの罠だと思います。
実際、私がこう考えるように、向こうでもこんなことを言っている同国人を馬鹿だなあと思ってみている人って沢山いると思うんですよ。

つまり、根本的にな意味において、若者世代は既にお互いを敵視していないと思うんですよね。
ただ、それが生き甲斐になってしまっているような屑どもがいまだ沢山生き残っていて、問題を起こしたがっているだけです。

だいたい、靖国問題にしても、朝日新聞が大事にした問題ですから。
朝日が問題視するまで、中国・韓国ともに、何の問題も感じておらず、文句も言ってなかったんですからね。
朝日の記事を見て、「こりゃ、いい梃子だ」って向こうの愚劣な政治家が考えただけのことです。

普通に考えれば、国家・民族に捉われず、戦死者を悼むってのは問題になりませんから。

相手国がウダウダ言う中で、これ見よがしに参拝する政治家(小泉なり石原なり)も愚劣ですけどね。
これに対して、「個人として、それとも公人としての参拝ですか?」なんていうマスコミのレベルもどうかと思います。

ごく身近な友人の話。
どういう成り行きでかは忘れましたが、同性愛の話になりました。
私は同性愛肯定派(といっても好きではないけど。そういうもんだと認めているだけ)。彼は否定というのではないけれどもおかしいと思う派ですよ。
その時、
「江戸時代中ごろまでは、同性愛も当たり前のことだったんだよ?
かの有名な武田信玄にも男の愛人がいてさ、高坂昌信って名前なんだけど、そいつに浮気しましたごめんなさいっていう手紙を書いているんだぜ?
信長だって森蘭丸っていう男がいたしね」

そう言っても、彼は断固として自説を曲げず、同性愛はおかしいと言い続けていました。
「人それぞれなのは認めるけど、おかしい」
とね。

「お前が言っているのは、善悪の問題にしてしまっているんだ。感情に依ってな。
俺が言いたいのは、根本的にこの手のことってのは、その時代の道徳的な価値観によってその意味が変わってしまうってことだ。
だから、おかしいっていうこと自体が間違っている」

つまりは、小学生が初めて知ったセックスという肉体交渉に持つ嫌悪感と同じです。
自分にとって非日常的なことだから、否定するというね。

それでも納得しませんでしたけどね。
ようするに、これも思考停止です。
「同性愛=俺は気持ち悪い=良くない」
それが元凶だってば。

他にもありました。

「昔はな、旅をしている侍とかいるだろ?するとな、停まる宿がないんだ。昔のことなんだから当たり前だね。
そういう時は、行きずりの農家に泊めてもらうんだ。
その時、農家ではどうするか?一般的に、その家の娘とかを夜の相手として差し出すんだ。
勿論、宿泊費やら貰っているからってのもあるしな。
でもま、それが当時は当たり前だったんだぜ?」

そういうと、全力で否定するわけです。

「いや、それは違うだろ?一般的だったの、本当に?あそ、本当なんだ。
でもさ、当たり前のこととして差し出していたんじゃなくて、嫌々だったんじゃないの?」

彼は基本的にこうです。何でもかんでも自分の価値観の中で判断して善悪をきめてしまうんですね。
感情の事実を切り離して考えられないんですよ。
自分の感情と乖離した事実を認めたくない。
だから、事実を曲げようとする。

これが一般的な人だと思うんですけどね。

勿論、嫌々の時もあったでしょうけど、当時の日本はセックスにかんしては恐ろしくおおらかで、行きずりの相手とやるなんてことはごく当たり前だったんですよ。
キリストやら儒教やらが入ってきて、この辺がやかましくなりましたけどね。

だから日本って恐ろしく沢山の売春施設ってのを昔から持っているんですよ。
ですが、そこで働いている売春婦が卑下されていたかというとそうでもなく、平気でどこぞの偉い大名の奥方になったりしているんですね。

こうかくとアレですけど、彼はいたって寛容で心の広い人間です。
むしろ、私の方が偏狭だと思います。
念のため、彼の名誉を守るために書いておきます。

ちなみにもう一つ書いておきますが、私は誰彼構わずやるのは好きではありません。
その辺は私も現代の道徳観念の中で育った人間ということです。
ただ、感情と事実を区別する訓練は日頃からしているので、受け入れられるってことです。

ま、彼とは長い付き合いで、親友中の親友ですけどね。
私にとって、部分否定部分肯定は当たり前なので、こんなことも平気で書きます。
面と向かっても言いますし。

勿論、私にもこうした思考停止はあると思います。
人間は自分の感覚がすべてですから、自分の根本的な間違いってのは認識し辛いんですな。長所も短所も分かりませんて。
さらに言えば、超音波で飛ぶコウモリの世界観が分からないように、自分と違う価値観の人の気持ちは、極端な話、分かりません。
が、人間には思考力と想像力があります。

否定されればその時は向きになる私でも、後々冷静になって会話を分析したりはしています。
そうやって、歪な頭や心から脱して、真実に近いところにいけたらなって思ってます。

は~、長くなった。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カウンター
ブログ内検索
プロフィール
HN:
無礼部員1
性別:
非公開
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリー
最新コメント
[03/21 孝ちゃんのパパ]
[09/11 コスオルモス]
[06/20 コスオルモス]
[05/13 コスオルモス]
[05/13 コスオルモス]
[03/06 政府開発援助]
[12/28 原田 祐嗣]
[05/21 コスオルモス]
[05/15 ラベル]
[05/06 hikaku]
[05/04 NONAME]
[05/02 リコーダー]
[04/23 Matrika]
[03/17 コスオルモス]
[03/04 コスオルモス]
[03/03 コスオルモス]
[02/11 コスオルモス]
[02/11 コスオルモス]
[12/31 コスオルモス]
[12/31 コスオルモス]
[12/27 コスオルモス]
[12/27 コスオルモス]
[12/03 テリー]
[12/01 コスオルモス]
[11/22 コスオルモス]
最新トラックバック
バーコード
アクセス解析
お天気情報
FX NEWS

-外国為替-
忍者ブログ [PR]

photo byAnghel. 
◎ Template by hanamaru.