忍者ブログ
その女の子が信じてくれたなら、ドロボウは空を飛ぶことだって、湖の水を飲み干すことだってできるのに
[277]  [276]  [264]  [274]  [273]  [272]  [271]  [270]  [269]  [268]  [267
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

さて、今日のα-アジールのお時間です。

今回は、細部の塗装と墨入れまで行いました。一部、ふき取りまではできていない箇所もありますが。
あと少しですね。


顔

とりあえず顔。
見て分かるとおり、今回の墨入れは何とかブラウンって色で行いました。

目の黒いところも、実はエナメルで墨入れの要領でやってます。
こんな細かい所まで普通に塗っていたら、命が幾つあっても足りません。
そんなに生き急いではいけませんって。

本来なら、首のパイプとシリンダーは塗り分けるべきなんでしょうけど、もうモチベが続きません。
手抜きさせていただきます・・・。

そんなわけで、今日のアルパアジールはお仕舞い。

また。


~追記~

なんとなく思いつき、you tubeで調べたらあった!

we are the worldのPV。USA for Africa
いや、この曲、私が幾つくらいだろう?ちょっとわかんないんですけど、小学生だったと思うんですよ。半ズボンはいて、寝小便していた頃。
なので、洋楽は早すぎた。当然、引っかかることなく過ぎ去った曲だったんですね。
サビくらいしか知らないと。

で、PV見ていて笑った笑った。
その錚々たる面子に。

どいつもこいつも阿呆みたいに歌上手いわ。当たり前だよね。なんたって、面子が凄まじい。

いきなり登場、ライオネル・リッチー。初っ端この人かよ。贅沢な切り込みだねえ。

ティナ・ターナーもいたんだ。この頃からガラ悪かったんだ。

おお、ジャイケルじゃないか。んで、引き取るのはダイアナかよ。すごいデュエットだよ。
ダイアナ。独特の綺麗な歌声。健在だよねえ。

後ろからノッソリと現れたのはブルース・スプリングスティーン。おいおい、ボス、顔がいっちゃっているぞ。
すんげえ存在感出してるね。流石はアメリカンロックの大御所。

スティープ・ペリーもいたんだ。相変わらず鼻の穴、でかいよね。早くジャーニーに戻れよ。

まじか!ヒューイもいたんだ。滅茶苦茶、歌うまいよなあ。賢い奴が馬鹿やってる感があって、格好よすぎだよ、あんた。
hart of rock'n roll !!

んで、おいおい、不良娘。シンディーお嬢のお出ましかよ。当時はまだ若いけど、今は立派なおばさんだね。

すげー、贅沢な集まりだよなあ。

え、そんなんで満足するなって?

うひゃ~。御大レイ・チャールズ爺さんもいるのかよ!独特のノリは健在。

スティーヴィーも来てたんだ。うほ!!相変わらず、ペンギンみたいな動き。
しかもボスと歌ってるし。いいなあ~。

あれ?ここでちょっと写ってるのって、ベッド・ミドラーじゃね?
おばさんの顔、久しぶりに見ましたよ。最近はどうしてますか?

他にもキム・カーンズだの、ジャクソン一族だの、ビリー・ジョエルだの。
とにかくゴージェス!!な面子だ。

変にテンションが上がってしまったよ。

いいねえ。こういうことをやらせると、アメリカって本当に格好いいんだよね。
日本がやると、名前だけ有名な演歌歌手とかが出てきたり、顔で売れているだけの馬鹿なアイドル歌手が出てきて、しみったれたことを言ったりするんだ。
一生懸命、美談にしようとしてね。

ってか、今も昔も、日本人にやらせても絶対に格好よくできないよな、こういうことって。誰がどうとかじゃなくて。
センスがないんだ。

サラっとこうアメリカみたくやれや。

本当に格好いいわ。
曲自体はいたって普通で、子供が歌いやすい旋律を目指したんでしょうね。
つまり、凡作ですよ。
でもね、そういうことが問題ではないんです。この場合。

どっかの馬鹿(かつては作家。今は・・・)がUSA for AfricaのPVを見て、「Africa for USA」だと思ったって書いてたけど、俺もそう思ったわ。
こんな楽しい集まりができるなら、アフリカが貧困でもいいんじゃないかと問題発言してみたり。
どうせ、アフリカの野郎共は阿呆なんだし。

何回教えても、ちゃんとした農業ができず、すぐに簡単でいい加減な焼き畑農業をするし。んで、飢饉を引き起こすんだぜ?
寄付金を貰っても、使い方分かってねえし。
どうしようもないよ。

でもさ、こういうことをもう一回やってみないか?
環境問題とかに引っ掛けて、「USA for the earth」とかでさ。
だめか?そうだよね。発案者のくせに批准しなかった「京都議定書」っていう鬼門をアメリカは抱えているからね。
じゃ、world for the earthとかでいいじゃん。アメリカだけじゃないんだからさ。凄い奴らがいるのは。

アメリカって不思議な国だ。国家レベルで考えるとどうしようもなく卑怯なのに、文化レベルで考えると間違いなく世界でトップ。
あ、民度も低いかな。
ショウビズ大国だよね。アメリカって。

まあいいさ。こんだけ楽しいことができるのはアメリカだけなんだから。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カウンター
ブログ内検索
プロフィール
HN:
無礼部員1
性別:
非公開
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリー
最新コメント
[03/21 孝ちゃんのパパ]
[09/11 コスオルモス]
[06/20 コスオルモス]
[05/13 コスオルモス]
[05/13 コスオルモス]
[03/06 政府開発援助]
[12/28 原田 祐嗣]
[05/21 コスオルモス]
[05/15 ラベル]
[05/06 hikaku]
[05/04 NONAME]
[05/02 リコーダー]
[04/23 Matrika]
[03/17 コスオルモス]
[03/04 コスオルモス]
[03/03 コスオルモス]
[02/11 コスオルモス]
[02/11 コスオルモス]
[12/31 コスオルモス]
[12/31 コスオルモス]
[12/27 コスオルモス]
[12/27 コスオルモス]
[12/03 テリー]
[12/01 コスオルモス]
[11/22 コスオルモス]
最新トラックバック
バーコード
アクセス解析
お天気情報
FX NEWS

-外国為替-
忍者ブログ [PR]

photo byAnghel. 
◎ Template by hanamaru.