忍者ブログ
その女の子が信じてくれたなら、ドロボウは空を飛ぶことだって、湖の水を飲み干すことだってできるのに
[279]  [278]  [275]  [277]  [276]  [264]  [274]  [273]  [272]  [271]  [270
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「ブラックホークダウン」

点数:1点
寸評:どうしようもない映画。時間の無駄

さて、ブラックホークダウンです。この映画って話題になりましたっけ?まったく知りませんでした。
TVでやっていたので、なんとなく見てしまいました。
このところ、模型制作ばっかりで、ろくに映画も見ていなかったですからね。

が、時間の無駄でした。

アメリカの戦争映画ってみんなそうですが、自国中心というか、絶対的に自分らの非を認めない描き方をするんですよね。
この映画もそうです。

ソマリアでの内戦にアメリカが口出ししたところから映画は始まっているわけですが、この口出し。世界中の誰も喜んでないんですよね。
アメリカが自国の言いなりになる政府を他国に作るために、勝手に口出ししているだけですから。
みんな嫌がってます。

勝手に世界警察なんていってますが、あの国に正義なんてないですよ?
ちゃんと事態を把握すれば、自ずとアメリカの薄汚さが見えてきます。
それがキッチリと証明されたのが、イラク戦争でしたね。

オサマ・ヴィン・ラディンとフセインは関係なかったと証明されてしまったのに、それでも自国の非を認めようとしない。
イラクの民間人があの戦闘でどれだけ死んだのか、公式な発表はありませんが、一説には4万人以上も死んでいるのです。
アメリカが勝手な介入をしなければ、死ななくてもよかった人たちが4万人も。

4万人も殺した虐殺者・ブッシュは、いまだアメリカの最高権力者です。
これが、アメリカ人のメンタリティです。

イラク戦争が開始された後、大統領選挙がありましたね。
あの時、ジョン・ケリーが下馬評では優勢でした。
面白いのは、ジョン・ケリーを推しているのは、911テロのあったニューヨーク市民であったりするわけです。
そう、都市部に住んでいる人はケリーを推していたのです。

一方で、ブッシュを推していたのは田舎の人たちです。内陸部の、頭の固い(というか馬鹿)保守的な人たちですよ。

面白いデータがあります。
ブッシュを推している人に聞いたところ、離婚反対、中絶反対など、現代ではありえないような古臭い、宗教的といってもいいでしょうが、そういったメンタリティの持ち主が圧倒的に多いのです。

一方、ケリーを推していた人たちは、あらゆることの必要性を認めた上で、バランスを考える人達なのでしょう。
ブッシュの支持層みたいな、中世的な思考を持った人は少なかったようです。

つまり、ブッシュみたいな人間の方がいいと思っているような、どうしようもない馬鹿がアメリカには多いのです。
精神的田舎者(世界が狭く、偏狭な思考の持ち主と言う意味で)は、いつだって世界のマジョリティですが、それがどれだけ世界を悪くしてきたのか・・・。

前置きが長くなりました。

そういったメンタリティを持つアメリカ人が戦争映画を作るからこうなるのです。
荒筋は、内戦に口出しし、政権の中枢にいる人物を誘拐しようとアメリカ軍が動きます。
が、作戦が失敗し、ヘリが墜落しまくります。
それを助けるために兵が徒歩で援護に向かい、ヘリも援護します。
するとまたヘリが墜落し、またもや援護しなくては成らなくなります。

これの繰り返しです。
クソですね。

さらにムカつくのは、アメリカ兵が死ぬ時は、さも酷い虐殺であるような演出をしているところです。
殺される兵は可哀相な感じにし、殺すソマリア人は冷酷にね。

が、ソマリア人をアメリカ兵が殺す時は、虫を殺すみたいにバタバタ殺しています。
ソマリア人など殺されるのが当然だというような演出です。そこに視聴者がなんの感慨も抱かないようなやり方です。

これって、アメリカの戦争映画では普通ですよね。みんなこんな感じです。
アメリカ兵が死ぬと、さも可哀相だという演出をする。
敵はただ撃たれて死ぬだけ。

吐き気がします。

イラク戦争が始まってから暫くの間、アメリカでは戦争ものの映画が沢山公開されました。
こうすることで、戦争批判が噴出するのを防いだわけですね。
調べてみれば分かりますよ。あの時期、どれだけの戦争映画が公開され、それが如何にアメリカ中心に描かれていたのか。

パールハーバーもこれも、どうしようもない屑です。

見ない方が身のためです。
胸糞悪くなります。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カウンター
ブログ内検索
プロフィール
HN:
無礼部員1
性別:
非公開
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
最新コメント
[03/21 孝ちゃんのパパ]
[09/11 コスオルモス]
[06/20 コスオルモス]
[05/13 コスオルモス]
[05/13 コスオルモス]
[03/06 政府開発援助]
[12/28 原田 祐嗣]
[05/21 コスオルモス]
[05/15 ラベル]
[05/06 hikaku]
[05/04 NONAME]
[05/02 リコーダー]
[04/23 Matrika]
[03/17 コスオルモス]
[03/04 コスオルモス]
[03/03 コスオルモス]
[02/11 コスオルモス]
[02/11 コスオルモス]
[12/31 コスオルモス]
[12/31 コスオルモス]
[12/27 コスオルモス]
[12/27 コスオルモス]
[12/03 テリー]
[12/01 コスオルモス]
[11/22 コスオルモス]
最新トラックバック
バーコード
アクセス解析
お天気情報
FX NEWS

-外国為替-
忍者ブログ [PR]

photo byAnghel. 
◎ Template by hanamaru.