忍者ブログ
その女の子が信じてくれたなら、ドロボウは空を飛ぶことだって、湖の水を飲み干すことだってできるのに
[839]  [838]  [837]  [836]  [835]  [834]  [833]  [832]  [831]  [830]  [829
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

------------------------------------------------


☆2015年追記

この記事は2011年に書かれたものであり、2015年現在ではもはや通用するものではありません。

というのも、2014年春にタミヤが1/72F-16CJを出したからです。その後、20152月にフル武装版を出したことで、決定版について議論する必要性が完全に失われたのです。

 

そうです。タミヤ版1/72 F-16は、それほどに凄まじいスーパーキットです。

 

ですので、現在はF-16が作りたければ、タミヤ版を買えば間違いありません。

ええ、全く疑いの余地はありません。

値段も、フル武装版で2000円ちょっとで変えますし、それよりも高い海外メーカーのキットを買う必要もありません。

 

タミヤ版を除いて現時点で、デカールを除きキット単体で作る価値のあるものは、ハセガワ版くらいでしょう。

30年近く前のキットですから、値段も安く、しかもクオリティも充分に高いです。

 

また、タミヤ版の大きな欠点ですが、発売されているのがCJだけというのが、F-16LOVERには悲しいところです。

通称ビッグマウスのみしか出してませんので、その前のA~C型を作れないのです。

CJフル武装版を出してからもう1年半も経ってますし、そろそろバリエーションでC型も出してもらいたいものです。

特にC型は格好いいマーキングが豊富ですからね。

 

とまあ、そういうバリエーション違いを作りたいという方には、やはりハセガワ版がオススメです。

あ、アカデミーもC型は出してるね。ただ、ノーズコーンがねえ・・・。

 

結局、タミヤが過去作を完全に陳腐化する超絶ファルコンを72で出してくれたお陰で、多数ある他社のF-16のほとんどは駆逐され、

 

クオリティを求めるならばタミヤ版

バリエーションやコストパフォーマンスを求めるならばハセガワ版

 

という状態に落ち着きました。
タミヤには、せめてC型のバリエーション展開を熱望するとして、追記終了です。

---------------------------------------------




全国2000万
F-16LOVERの皆さん。お元気でしょうか?

スケールモデルを作るにあたって最初の難関が、
「どこのメーカーのキットがいいの?」
ずばり、これでしょう。

意外と、メーカーごとの詳細って分かりませんよね。
国産であるハセガワさんなら、ネットで検索すれば大抵のキットの作例は見られます。
が、海外製キットとなると・・・。かなり見つけにくいです。
仮に見つけても、改造してあったりすると、参考にならないし。

結局、色々調べては見たけれど、どこのキットのどこがどう良いのか悪いのか、サッパリ分かりませんよね。

F-16LOVEな私には幸せなことに、キットに恵まれています。
多分、現用戦闘機の中で、一番キットの種類が豊富な戦闘機でしょう。
ただ、恵まれていればいるほど、悩ましいのも事実です。

どのF-16を買っていいのか分からん!!

良いのか悪いのか以前に、どこがどう違うのか、ネットで調べても中々分からないのが現状です。
あるネットショップだと、説明書の組立図を載せてくれているので、パーツ構成は分かるのですが、そのディテールとなると、まずネットでの調査は難しいです。

そもそも、スケールモデルにはコピーキットという忌まわしい風習が根強くあり、下手に海外製キットを買うと、国産キットの劣化コピーだったなんてこともあります
それだけなら海外製、というかアジア圏のキットを買わなければいいのですが、ただの劣化コピーではなく良化コピーもあったりするから、更に自体を複雑化させています。

まるで、クレタ島の住人はみんな嘘つきだと、クレタ島の住人に言われているような気持ちです。

誰が敵か?誰が味方か?

このように、スケールモデルを作りたい人にとって、事態は混迷を極めています。
世界のハセガワといっても、商品宣伝にはほとんど力を入れておらず、内容の詳細をちゃんとサイトで乗せているキットなんて、ほとんどありません。
小さな写真一枚だけあれば良い方で、下手すれば実機の写真が一枚あるだけ。
最悪、イメージイラスト一枚で終わり・・・。

ユーザーを舐めんな!!

ごめんなさい。言い方悪いですけど、正直、こう思いますよ。
内容も伝えないまま、キットを買わせるつもりかと。
というか、それで売れると思っているのかと。
エアモデル買う人なら、どんな形してるか知ってるでしょってことでしょうか?
それとも、既存のバリエーションキットだから、分かってるでしょってことでしょうか?

いずれにしても、こういうメーカーのユーザーに対する甘えはよくないと思うのです。
こんなことをやっているから、初心者に敷居が高くなり、更にスケモの衰退が加速するのです。

とはいえ、メーカーがやってくれない以上、ユーザーも頑張る必要があるわけです。
ある程度、自分を犠牲にしてね。
何でもかんでも、メーカーの責任だ!なんて言ってたら、ただ権利主張を繰り返すばかりの愚民ですから。
日本が豊かになったからか、こういう輩はかなりいるんですけどね。

責任はすべて他者に押し付けて、労力と時間を無視した結果だけを手に入れようとする愚民が。

双方の思いやりと歩み寄りが必要です。
それができれば、相乗効果で、もっともっと良い世界になります。

そんな訳で、F-16LOVEの皆さんの参考になればと思い、各社のF-16を写真で比較してみようかと思います。
とはいえ、F-16すべてのキットを手に入れるなど事実上不可能です。お金も勿体ないしね。

なので、ハセガワ、イタレリ、フジミ、レベル、アカデミーという代表的なメーカーのF-16を比較してみようかと思います。
ま、ハセガワ製はF-16LOVEな皆さんなら大体知っていると思うので、あえてする必要はないかもしれませんけどね。
あくまで、良く分からん人向けです。

下のリンクから、各ページに飛んでください。

フジミのF-16はコチラ
http://gunp.blog.shinobi.jp/Entry/829/

イタレリのF-16はコチラ
http://gunp.blog.shinobi.jp/Entry/830/

レベルのF-16はコチラ
http://gunp.blog.shinobi.jp/Entry/831/

ハセガワのF-16はコチラ
http://gunp.blog.shinobi.jp/Entry/832/

アカデミーのF-16はコチラ
http://gunp.blog.shinobi.jp/Entry/833/

ここからは、各社F-16キットを比較しての総括レビューです。
各ページでも書きましたが、ここでも一応書いておきます。

この比較は、あくまでパーツレベルでの比較です。
ハセガワさんのF-16は実際に作りましたが、他のメーカーのはまだです。
ですから、当然キットの根本的なデキである、パーツの精度などは分かりません。

どんなにディテールが優れていようとも、パーツがまったく合わないのでは、そのキットは駄作以外何物でもありません。
しかし、私は作っていないので、実際に作らなければわからないことは分かりません。

どんなに顔は可愛くて凄い美人でも、脱がせたら凄まじいまでのタレパイだったら、無理でしょ?男として

パーツレベルとは、人間で言えばです。顔だけ見て、この比較レビューを書いているわけです。
ですから、どれだけヨセアゲしているかまでは、私には分かりません。
脱がせてませんから。
その辺はご自分でお確かめ下さい。

まあ、私もいずれ作ると思うので、その時はちゃんと書きますけどね。長短を。

さて、まずは簡単に書きましょうか。

アカデミー>>>レベル≧ハセガワ>>フジミ>イタレリ

こんな印象です。
私は実機の再現度というのは、あまり念頭においてません。
というか、実機のことをそこまで知らないのです。
パネルラインがどうとか、サイズや長さがどうとか、そんなことは知りません。
簡単に言えば、キットとして格好いいかどうか。それだけです。
勿論、まったく実機と違うのではスケールモデルの意味がなくなってしまうので、フォルムは重要ですけどね。
ディテール面に関しては、格好良ければそれでいいという感じです。

まず、キットとしての格好良さ。
その上で、実機の再現度が高ければ尚良し

そういう感じです。

簡単に言えば、

可愛ければ良し
その上で、オッパイがナイスサイズなら尚良し
更に、形が綺麗ならグレート
しかも、薄ピンクならファッキングレート

そういうことです。

なぜアカデミーの評価がこんなに高いのか?
簡単に言えば、精密感が圧倒的だからです。
1/72としては破格のモールド群。ここまでやるかというようなパーツ分割。
こういうところが、私のフェティシズムを刺激しました。

それまで、アカデミーはただのパクリ模型メーカーだと思っていた私の偏見を、ぶっ飛ばしましたね。
1/48に迫るディテールを1/72に掘り込むと、視覚的に情報が圧縮されて、ここまで密度感・精密感がでるのかと思いました。

まるで、タミヤの1/48・F-16を見たときの興奮と同種でした。
タミヤ版ヨンパチF-16も、1/32を圧縮したお陰で、密度感・精密感が半端なくなったわけですから。
その結果、ヨンパチF-16で、これ以上のキットはもう出ないとまで言われたわけですからね。

とはいえ、欠点もあるんですよね。アカデミー版。
やはり、ノーズコーンのシャクレがちょっとね。
ま、真横から見なければ、問題ないですよ。きっとね。

レベルは、ハセガワ版よりもずっと後に出ただけあって、ディテール再現は勝っているように感じます。
ただ、これも欠点が。
単座と複座の違いを、コックピット周辺を別パーツにすることで再現しているんですね。
この場合、モールドとは全然違う隙間が、その部分にできてしまうわけで、気になる人には気になるでしょうね。

ハセガワ版は、やはり20年来のスタンダードは伊達じゃないと言うところでしょうか。
必要充分なディテール再現。
作りやすい構成。
パーツの合いの良さ。
ほとんど完璧に格好いい全体のフォルム。
欠点がほぼありません。ま、ハセガワに多い、バリが面倒くさいですけどね。
レベルが若干上かとも思いますが、価格を考えれば(レベルはハセガワの倍以上)、ハセガワの方が総合的にいいかもしれませんね。

上の評価では真ん中扱いですが、価格や入手のし易さ、作りやすさなどを考えれば、アカデミーに匹敵するキットだと思います。

フジミは、コックピットがショボ過ぎるのと、モールドがほとんど死に掛けているので、素組みで作るにしても、結構手間がかかると思います。
やっぱり、フジミといえば、カーモデルなのかなあ。
ハセガワと言えばエアモデル。タミヤと言えばAFV。フジミと言えばカーモデル。

では、アオシマは何だ?艦船?

ま、フジミも、昔はかなりエアモデルを出していたんですけどね。

イタレリは、まずわなくていいキットです。
これを買うなら、ハセガワでいいです。ハセガワがいいです。
価格も同じくらいなのですが、キットのデキに差がありすぎます
まあ、フジミも結局は同じですけどね。

やっぱり、イタリア人だよねえ、って感じですか。
大味なんですよね。イタレリって。キット全般が。
運河モールドはいつものことだし、ディテールも少ないし。
武装の豊富さと、発売までの早さと、種類の多さ。これが、イタレリの武器でしょうか。
X-32をキット化するなんて、イタレリならではの行動力ですよ。

そんなところでしょうか。

約めて言えば、

ハセガワ買っとけば、間違いはなし!
作り易いし、手に入り易いし、安いし。
超絶ディテールを味わいたいなら、アカデミーを買えば間違いなし。
価格は高いが、モールドは圧倒的。ノーズコーンはアレだけど。

イタレリ、フジミは、ハセガワの前では霞んで見える。
レベルは、総合的にハセガワよりもデキがいいが、アカデミーがある以上、あまり存在感ない。

あとは、実際に作ってみてからのお楽しみ。

いつになるか分かりませんが、必ず全メーカーを作りますよ。
そして、各メーカー、各スケールのF-16を並べるのだ!!

それが、F-16LOVEである漢の掟なのだから!!!

拍手[4回]

PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カウンター
ブログ内検索
プロフィール
HN:
無礼部員1
性別:
非公開
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリー
最新コメント
[03/21 孝ちゃんのパパ]
[09/11 コスオルモス]
[06/20 コスオルモス]
[05/13 コスオルモス]
[05/13 コスオルモス]
[03/06 政府開発援助]
[12/28 原田 祐嗣]
[05/21 コスオルモス]
[05/15 ラベル]
[05/06 hikaku]
[05/04 NONAME]
[05/02 リコーダー]
[04/23 Matrika]
[03/17 コスオルモス]
[03/04 コスオルモス]
[03/03 コスオルモス]
[02/11 コスオルモス]
[02/11 コスオルモス]
[12/31 コスオルモス]
[12/31 コスオルモス]
[12/27 コスオルモス]
[12/27 コスオルモス]
[12/03 テリー]
[12/01 コスオルモス]
[11/22 コスオルモス]
最新トラックバック
バーコード
アクセス解析
お天気情報
FX NEWS

-外国為替-
忍者ブログ [PR]

photo byAnghel. 
◎ Template by hanamaru.