忍者ブログ
その女の子が信じてくれたなら、ドロボウは空を飛ぶことだって、湖の水を飲み干すことだってできるのに
[834]  [833]  [832]  [831]  [830]  [829]  [828]  [827]  [826]  [825]  [824
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

各社1/72・F-16キットの比較の、フジミ編です。

他のメーカーは、

アカデミー編
http://gunp.blog.shinobi.jp/Entry/833/

ハセガワ編
http://gunp.blog.shinobi.jp/Entry/832/

レベル編
http://gunp.blog.shinobi.jp/Entry/831/

イタレリ編
http://gunp.blog.shinobi.jp/Entry/830/

となっています。

また、総括編は、
http://gunp.blog.shinobi.jp/Entry/834/

です。


最初に書いておきますが、あくまでパーツレベルでの比較です。
パーツを眺めるのと実際に作るのとでは、根本的に違うのは皆さんご承知ですね。
どんなにパーツに叩き込まれたディテールが優れていようとも、合いが悪かったりすれば台無しなわけです。
そういった組み立てなければ分からないことは、私には分かりません。
まだ組み立てていないので。
また、比較の物差しは、私が実際に作ったハセガワ製となります。

フジミというとカーモデルという印象ですが、模型全盛期には、結構エアモデルも出していたようで、たまーにネットでエアモデルを調べていても、出くわすメーカーです。

最近、F-22とF-35を1/72キット化してくれたメーカーでもあり、またエアモデルファンの私としては、期待が高まっております。

さて、そんなフジミのF-16。発売はいつだか知りません。
一応説明書には1995年9月と書いてありますが、このバリエーションの発売日なのか、再販の日付なのか、詳細は不明です。

本当に、スケールモデルは発売日が分からない!!

さて、本題に入りましょう。


フジミF-16

F-16のこのバリエでパーツを見ていきます。

まずは、全体の構成を。


フジミF-16C

エアモデルを作ったことのある人なら、これだけで構成はなんとなく分かるはず。

スタンダードであるハセガワと大きく違うのは、単座と複座の違いを、機体上面パーツ丸ごと取り替えではなく、コックピット周辺だけ別パーツ化して再現していること。
これをすると、低コストで単座複座を再現できるメリットはありますが、そのパーツ周辺だけパーツの合わせ目がモールドではなくなるので、随分と違う印象になりそう。

そんなことも考え、ハセガワさんは機体上面丸ごと取り替えたのかな?
あ、でもF-2は丸ごとじゃなかったな。


100_2747.JPG

ピトー管が一体整形です。
ちょっと珍しいですね。

さて、それでは本レビューの本題、ディテールの確認に入ります。


100_2751.JPG

機銃周辺。

ここだけ取って付けたようにポッコリと盛り上がっているのは、違和感ありますね。


100_2754.JPG

F-16特有の機体上面のモールド。

ハセガワ並みに詳細に再現しているかな?
ただ、いかんせんモールドが甘いです。細いのはいいのですが、浅いです。

これは、作るときは彫り直してあげないと、確実に埋まるレベルです。


100_2767.JPG
100_2769.JPG

機体の裏側。

結構、あっさりした感じです。
そして、やはり浅いです。

次。翼。


100_2772.JPG
100_2781.JPG

モールドに関しては、明らかにハセガワの方が綺麗ですね。しっかりと入っていますから。
フジミ製は、浅い上に、ハセガワよりもディテールが少ないです。

次。足周り。


100_2786kkk.jpg

ハセガワ製と比較して作り易い構成にはなってますね。
ただ、やはりディテールが劣る。

ノズル。


100_2792.JPG

どうなんだろ?良いのか悪いのかよく分からない。
まあ、こんなもんなのかなって気はする。

キャノピー。


100_2805.JPG

スモークグレーです。

総合すると、モールドは、ハセガワに劣るものの、割りと丁寧に再現されてはいる。
しかし、浅いので掘りなおす必要があり、ちゃんと作るとなると結構大変なキット。
そんな印象です。
コックピットも、かなり適当なデキですしね。

兵装は、ハセガワ製にはないものが付いてます。けどまあ、あんまり意味ないかな。
ハセガワのウェポンセットを買えば、全部事足りちゃうし。

値段的にもたいした差はありませんし、これならハセガワ製がオススメかな。



拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カウンター
ブログ内検索
プロフィール
HN:
無礼部員1
性別:
非公開
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
最新コメント
[03/21 孝ちゃんのパパ]
[09/11 コスオルモス]
[06/20 コスオルモス]
[05/13 コスオルモス]
[05/13 コスオルモス]
[03/06 政府開発援助]
[12/28 原田 祐嗣]
[05/21 コスオルモス]
[05/15 ラベル]
[05/06 hikaku]
[05/04 NONAME]
[05/02 リコーダー]
[04/23 Matrika]
[03/17 コスオルモス]
[03/04 コスオルモス]
[03/03 コスオルモス]
[02/11 コスオルモス]
[02/11 コスオルモス]
[12/31 コスオルモス]
[12/31 コスオルモス]
[12/27 コスオルモス]
[12/27 コスオルモス]
[12/03 テリー]
[12/01 コスオルモス]
[11/22 コスオルモス]
最新トラックバック
バーコード
アクセス解析
お天気情報
FX NEWS

-外国為替-
忍者ブログ [PR]

photo byAnghel. 
◎ Template by hanamaru.