忍者ブログ
その女の子が信じてくれたなら、ドロボウは空を飛ぶことだって、湖の水を飲み干すことだってできるのに
[837]  [836]  [835]  [834]  [833]  [832]  [831]  [830]  [829]  [828]  [827
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

各社1/72・F-16キットの比較の、ハセガワ編です。

他のメーカーは、

アカデミー編
http://gunp.blog.shinobi.jp/Entry/833/

レベル編
http://gunp.blog.shinobi.jp/Entry/831/

イタレリ編
http://gunp.blog.shinobi.jp/Entry/830/

フジミ編
http://gunp.blog.shinobi.jp/Entry/829/

となっています。

また、総括編は、
http://gunp.blog.shinobi.jp/Entry/834/

です。


最初に書いておきますが、あくまでパーツレベルでの比較です。
パーツを眺めるのと実際に作るのとでは、根本的に違うのは皆さんご承知ですね。
どんなにパーツに叩き込まれたディテールが優れていようとも、合いが悪かったりすれば台無しなわけです。
そういった組み立てなければ分からないことは、私には分かりません。
まだ組み立てていないので。
また、比較の物差しは、私が実際に作ったハセガワ製となります。

さて、1/72・F-16のキットと言えば、やはりスタンダードはハセガワ。
誰でも知ってるし、F-16LOVEの人が作ったことない分けないので、オミットしようかと思いましたが、まあやっときましょう。

ハセガワF-16のレビューです。


ハセガワF-16


単座で適当なのがなく、なぜかE型でレビュー。
ま、コンフォーマルタンクを除けば、基本同じだから。

CJどこ行った?

まずは、構成。


ハセガワF-16E

やはり、ハセガワF-16は安心する。
この心地よさは何だ?
20年来の親友と飲んでいる感じだ。

機体上面。


ハセガワF-16E
ハセガワF-16
100_2694.JPG

何十年経とうと、ハセガワキットはモールドが綺麗ですね。
さすが、傑作キットといった感じ。
過不足なく、美しくまとめたって印象。

ノズル。


100_2699.JPG

選択式。
今までで一番いい造型な気がする。

インテーク。


100_2706.JPG

インテークの構成は、どのメーカーも一緒ですね。
ただディテールが違うだけで。

主翼。


100_2712.JPG

ブロック50以降だと、主翼の先端にあるパイロン(ここもその名でいいのか?)を切り取って、新規パーツを接着する構成になっているのが、なかなか面倒。
剛性、大丈夫か?
ま、くっ付くのはミサイル一個だから、大丈夫かな。それよりもまっすぐに接着できるかが問題だ。

垂直尾翼。


100_2718.JPG

I型になると完全に新規パーツになっていますけどね。垂直尾翼。
合わせ目が結構厄介な場所にありますが(エッジの先端はペーパーがけし辛い)、流し込み接着剤を最低限流し込んで接着すると、ペーパーをかけなくても消えます。
パーツがピッタリと合う精度だからこそですね。

ランディングギア格納部。


100_2727.JPG

ここって、どのメーカーさんもディテールがいい加減?
まあ、なかなか見れる箇所じゃないだろうしね。

足周り。


100_2728ttt.jpg

イニシエキットの割りに、別パーツ化がかなりされていて、馬鹿に出来ない構成。
でも、こういうところって、かなり作り辛いんだよね。
特に塗装すると接着剤付かなくなるから、色々と面倒。
剛性も事もあり、できるならパーツは一体整形でもいい気がする。

ま、ディテール優先で別パーツにしているのなら、そのほうが良いんだけど。
組み立ては頑張れるけど、改造してフォルム再現は頑張るのは容易くない。

キャノピー。


100_2734.JPG

無色透明。
自分でスモークグレーに塗りましょう。

総評としては、20年来傑作キットとして君臨し続けてきたのは、やはり伊達じゃないって感じです。
今の目で見れば足りない部分も散見されますが、それにしてもいいキットです。
作りやすく、フォルム・ディテール共に良いキット。おまけに価格も安い。
量産できますよ。

やはり、時の洗礼を受けたスタンダードは一味違う。

レベルの方が若干ディテールが優れているような気もしますが、どっちがいいかは難しい選択ですね。
価格も大分違うし。レベルが3000円くらいで、ハセガワはC型とCJ型なら1200円くらいだし。

それよりも、ハセガワさん。そろそろF-16を新規金型でリニューアルしませんか?
20年前のキットにちょっと新規パーツを付けただけで2500円以上とか、ちょっとやりすぎです。
最近、そんなバリエーション展開ばっかりしてるし。

ま、最後のチャンスだったであろうI型やF型もこのキットをベースに出してしまったから、もうないんだろうなあ。

拍手[3回]

PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カウンター
ブログ内検索
プロフィール
HN:
無礼部員1
性別:
非公開
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
最新コメント
[03/21 孝ちゃんのパパ]
[09/11 コスオルモス]
[06/20 コスオルモス]
[05/13 コスオルモス]
[05/13 コスオルモス]
[03/06 政府開発援助]
[12/28 原田 祐嗣]
[05/21 コスオルモス]
[05/15 ラベル]
[05/06 hikaku]
[05/04 NONAME]
[05/02 リコーダー]
[04/23 Matrika]
[03/17 コスオルモス]
[03/04 コスオルモス]
[03/03 コスオルモス]
[02/11 コスオルモス]
[02/11 コスオルモス]
[12/31 コスオルモス]
[12/31 コスオルモス]
[12/27 コスオルモス]
[12/27 コスオルモス]
[12/03 テリー]
[12/01 コスオルモス]
[11/22 コスオルモス]
最新トラックバック
バーコード
アクセス解析
お天気情報
FX NEWS

-外国為替-
忍者ブログ [PR]

photo byAnghel. 
◎ Template by hanamaru.