忍者ブログ
その女の子が信じてくれたなら、ドロボウは空を飛ぶことだって、湖の水を飲み干すことだってできるのに
[869]  [868]  [867]  [866]  [865]  [864]  [863]  [862]  [861]  [860]  [859
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日のF-22のお時間です。

久しぶりにラプターに触る気がします。
考えてみれば、2ヶ月以上ほったらかし。
途中にスピットを挟んでしまったので、だいぶ再開が遅れてしまいました。

まずは、一番面倒な整面作業を行い、然る後塗装開始。


100_4439.JPG

下地黒を塗装し、そこにフジミのF-22のカラー指定に従い、混色→塗装。
アカデミーを作っているのにフジミのカラー指定でやるのは、ひとえにアカデミーのカラー指定が阿呆だからです。

説明書には色の説明はあるものの、肝心のカラー指定にはどの色をどの部分に塗るのかの指定がないんですな。
ここの色はこれ。あっちはこの色という指定が抜けているのです。ただ色が載っているだけで。
これ、明らかにミスだとおもうんですけどね。記載のし忘れ。

なので、アカデミーのカラー指定しかもっていない人は、大変な思いをすることでしょう。
私はイチイチ類推したりするのがかったるかったので、フジミの指定通りにやることにしました。

しかし、機体色がかなり白っぽいのが気になる。
実機はもう少し濃いグレーな気がするんだが・・・。
まあ、ハセガワの指定も同じ色にシルバーを混ぜているので、全部塗れば違って見えるのかな?
というか、シルバー50%ではまったくメタリックな感じが出なかったので、70%くらい混ぜてしまったよ。


100_4447.JPG

んで、マスキング。
わざわざ紙でやらなくても良いような気もするのですが、なんとなく境界がぼやけているほうが好きなので、こうしました。
ちなみに、私が持っているハンドピースは0.3mmなので、フリーハンドでの迷彩塗装はできません。ぼやけすぎます。

雨が降ったり、作る気力がなかったりで中々進みませんが、まあいいでしょう。
キットの山は更に規模を拡大していますが、これもいいでしょう。
チンタラ作ればいいのさ。

そんな訳で、今日のF-22はお仕舞い。

また。

拍手[4回]

PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カウンター
ブログ内検索
プロフィール
HN:
無礼部員1
性別:
非公開
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリー
最新コメント
[03/21 孝ちゃんのパパ]
[09/11 コスオルモス]
[06/20 コスオルモス]
[05/13 コスオルモス]
[05/13 コスオルモス]
[03/06 政府開発援助]
[12/28 原田 祐嗣]
[05/21 コスオルモス]
[05/15 ラベル]
[05/06 hikaku]
[05/04 NONAME]
[05/02 リコーダー]
[04/23 Matrika]
[03/17 コスオルモス]
[03/04 コスオルモス]
[03/03 コスオルモス]
[02/11 コスオルモス]
[02/11 コスオルモス]
[12/31 コスオルモス]
[12/31 コスオルモス]
[12/27 コスオルモス]
[12/27 コスオルモス]
[12/03 テリー]
[12/01 コスオルモス]
[11/22 コスオルモス]
最新トラックバック
バーコード
アクセス解析
お天気情報
FX NEWS

-外国為替-
忍者ブログ [PR]

photo byAnghel. 
◎ Template by hanamaru.