忍者ブログ
その女の子が信じてくれたなら、ドロボウは空を飛ぶことだって、湖の水を飲み干すことだってできるのに
[197]  [196]  [188]  [193]  [192]  [191]  [190]  [187]  [189]  [186]  [185
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

さて、今日のリ・ガズィのお時間です。

今回はリガジーさんの下半身を作ってあげます。

早速見てみましょう。
まずは足です。


足

おお!ちゃんと色分けされているじゃないか。
色プラが威力を発揮していますね。

ま、どうせ全塗装をするので関係はないのですが、別パーツ化されているのは嬉しいです。
足裏も、ジェガンさんとは違い、かなり細かいモールドが施されていますね。
この辺のディテール表現、MGの専売特許だと思っている人がいますが、そんなことはないんですよ~。

次は膝下ですね。


膝下

単純な構造ではありますが、見て分かるとおり、足首装甲に可動が仕込んであります。

今までのシリーズと同じように、ビス止めの穴がありますが、やはりここもパーツで埋めるようです。
しかしこのビス穴埋めのパーツ。毎回精度が低いんですよね。はめても歪んでいるため、隙間や凸凹ができまくり。
やっぱりパテは必要なのでした。

さらにスラスターノズルを取り付けていきます。


スラスターノズル

おお!!綺麗に色分け、別パーツ化されているな。結構結構。

古のキットばかり弄っているとこんなところにも感激してしまいますね。
しかしです。残念ながら、赤いパーツをはめ込む場所周辺にはバリがあったりで、綺麗にはめ込みにくいかもしれません。
私はナイフで削ったりしましたが、まだちょっとずれています。
これはキッチリとすり合わせをしてあげないといけませんね。

あと、黄色いパーツはかなり固定強度が緩いです。
塗装後は、接着必須ですね。

こうして膝下完成です。


膝下完成

モールドなどもしっかりしていて、結構いい造型だと思いますよ。

ただ、膝の出っ張りはどうにかならなかったかなあと思いますけどね。
設定画を見ると、おそらくこれは可動式なんだと思うんですよ。簡単にできただろうに、それをしていない。
代わりに、変なモールドを彫って別パーツ感を出そうとしています。これが大失敗。
逆に立体感を損ねてしまっていますね。

ま、それほど大きな問題でもないんですけど。

では、足首に可動を確認しておきましょうか。


可動確認

写真を撮ってから気が付いたのですが、上の写真。向かって左側が右足の様に置いてますが、実際は逆です。
向かって左は左足です。
黄色いスラスターノズルが付いている方が、脚の内側ってことです。

つまり、写真だと内側よりも外側に足首は曲がるように感じますが。実際には逆で、内側の方が曲がるってことです。
そんな訳で、これまでのキットとは違い、内側にかなり曲げられるリガさんです。

おまけに、前にもかなり倒せるようになっていますね。
これも足首装甲が動くお陰ですね。
後ろへは、スラスターが干渉して、そこそこまでですね。

次、腿です。


腿

なんともはや。これまでのシリーズ以上に、簡単と言うか適当と言うか投げやりな造形ですね。
見所が一切ありませんよ。

しかも問題は、ビス穴埋めパーツがないんですよ。
ジェガンさんでもあったのに・・・。

仕方ないですね。見栄えの悪さを我慢して観賞してくださいね。
穴埋めパーツがあろうとなかろうと、私はパテで修正してやるつもりでしたから関係ありませんが。

さて、膝の可動確認です。


膝可動確認

予想通りの結果ですね。
後ろには90度。
前にはほぼゼロ。

格好いいS字立ちには、足首と膝の前傾可動がある程度必要なんだけどねえ。
バンダイはその辺のことはいまだに分かってないから。
大体、造形美というものの素人が、CADを使ってデジタルに設計したり金型を作ったりしているわけですからね。そりゃ、変な認識のズレも起こりますよ。

使われている技術や精度は確かに高いものですが、その辺りに、ガンプラがガレキに比べて造形的魅力が低い理由があるのではないでしょうか?
細かいディテールだけのことではありません。フォルムやプロポーション、シルエットなど。基本的なことも含めてです。

本質的に、ガレキとインジェクションプラキットは、比較できないものなんですけどね。
向いている方向性が、まったく違うものですから。
しかし、模型という観点では、両者ともまったく一緒です。

造形というものを理解しているWAVEさんは、体力が全然違うのに、バンダイよりも魅力あるインジェクションキットを出していますからね。1/100はアレですけど。
ボークスさんが出している唯一のインジェクションプラキット、ナイトオブゴールドも、やはり魅力的な造形です。
ま、その分、この2社のキットを作るには、バンダイのキットよりも恐ろしく手がかかりますけど。
造形ってものを理解している原型師が作っているかどうかってのは、やっぱり最終的には大きな差を生むんですよね。
コトブキヤさんのプラキットなんて、本当に素晴らしいですよ。

簡単だけど、造形は70点のキットを作るか。
それとも、手はかかるけど、限りなく満点を追求したキットを作るか。
この辺は価値観ですね。

カトキさんがデザインを担当していた時期に、ガンプラの造形レベルも一気に上がりました。上に書いたフォルムやプロポーションなどは今まででは考えられないくらい、レベルアップしましたよね。
カトキさんは原型師ではないけど、デザインというものを立体にしたとき、造形としてどうかってのを理解していた、数少ないデザイナーさんだと思うんですよ。

2000年以降のMG充実期は、本当にいいキットが多く出ていましたね。中にはアレなデキのキットもありましたが、バンダイにしては平均レベルも高かったと思います。
分けてもいまだMGの中で屈指のキット、Ex-Sは本当にいいものでしたよ。
開発者も、デザインを起こしているカトキさんも、みんな高い温度で融合して、いい仕事をしていたなと。

この時期、本当に細かいディテール以外は、ガレキ並みになったかなと。
といっても、ガンダム系のデザインには、それほど細かいディテールなんてないんですけどね。
意外と単純。

ガンダム系デザインに細かいディテールを盛り込むとすると、個人の感性でやるしかないわけで、やっぱりガレキの領域になるかな。
シリコントライブさんのキュベレイは本当に格好いいですから。
あれを見たあとだと、いままでいいキットだと思っていたMGキュベレイが霞みます。
しかし、細かいディテールはインジェクションキットでは不可能なのかな?最近の技術をみていると、そうとも思えないけど。

でも、カトキさんが外れて(外して?)しまった今後はどうなることやら・・・。
プロポーションなどを、また素人がデザインしていくのでしょうか?
クオリティが下がりそうですね。MG。
ってか、既に下がってるんですけどね。Hi-νで。

アレ、可動範囲くらいしかアピールポイントないですよね。
デザイン改変は置いといても、色はセンスのない色だし、顔も酷いし、ディテールやモールドにいたっては、手抜きとしか思えないようなナンセンスな代物だし。
背中周辺のバランスはどうしようもないし。
高額化させるため、無駄に付けられたオプションパーツが、さらに購買欲を減退させるし。

まあね、もういいです。Hi-νのことは。
私はなかった事にしてますしね。
ええ、買ってませんよ。Hi-ν発売記念とか言っておきながら、いまだに買ってません。
多分、今後も買うわないでしょう。

ここでね、ヒュッケバインでイチャモンを付けられたコトブキヤさんが、頑張って版権を取得して、素晴らしい造形のHi-νを是非一つ。
って、バンダイの子会社のサンライズが版権を下ろすわけねーか。

しかし、最近のMGは・・・。
何とかガンダムばっかり出したり、バリエーションばっかりだったり、詐欺的な商品展開をしたり、おかしなアレンジをしたキットを公式設定とか意味分からないことをして正当化してみたり、カトキさんを外してみたり。
ここの所のMGは迷走状態ですね。

思えば、クロスボーンガンダム・フルクロスが、MG最後の花だったのかも知れない・・・。
そうでないことを祈ります。

ま、模型のリーディングをしているのがガンプラですから、嫌いであろうとなかろうと、バンダイが駄目になると他の模型メーカーにもユーザー離れが波及して、模型業界が廃れていかないかが心配です。

コトブキヤさん。次のリーディングを目指して頑張って!!
ボークスさんにWAVEさん。いまこそインジェクションキットに本格的な殴りこみをかけるチャンスだと思いますよ。
海洋堂さんは・・・食玩メーカーになってしまったか?
ハセガワさん、アオシマさん、そして大御所のタミヤさん。かつての威信を取り戻しましょう。
本当になあ。タミヤさんほどの技術があれば、どんな種類のキットを出してもいけるだろうに。
なんだって、キャラクタープラキットには手を出さないんだろう?

無駄話が長くなりすぎました。


下半身完成

ともかく、下半身が完成しました。

中々どうして、格好いいじゃありませんか。
が、やはり腿が短いですな。
膝下が、腿の三倍くらの長さがありますよ。
これはちょっとやりすぎなんじゃないかなと。人型から外れたデザインでもありませんしね。

全体ができてみないと分かりませんが、また腿の延長工作をしなくてはならないかな?

そんな訳で、今日のリ・ガズィはお仕舞い。

また。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カウンター
ブログ内検索
プロフィール
HN:
無礼部員1
性別:
非公開
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリー
最新コメント
[03/21 孝ちゃんのパパ]
[09/11 コスオルモス]
[06/20 コスオルモス]
[05/13 コスオルモス]
[05/13 コスオルモス]
[03/06 政府開発援助]
[12/28 原田 祐嗣]
[05/21 コスオルモス]
[05/15 ラベル]
[05/06 hikaku]
[05/04 NONAME]
[05/02 リコーダー]
[04/23 Matrika]
[03/17 コスオルモス]
[03/04 コスオルモス]
[03/03 コスオルモス]
[02/11 コスオルモス]
[02/11 コスオルモス]
[12/31 コスオルモス]
[12/31 コスオルモス]
[12/27 コスオルモス]
[12/27 コスオルモス]
[12/03 テリー]
[12/01 コスオルモス]
[11/22 コスオルモス]
最新トラックバック
バーコード
アクセス解析
お天気情報
FX NEWS

-外国為替-
忍者ブログ [PR]

photo byAnghel. 
◎ Template by hanamaru.