忍者ブログ
その女の子が信じてくれたなら、ドロボウは空を飛ぶことだって、湖の水を飲み干すことだってできるのに
[880]  [879]  [878]  [877]  [876]  [875]  [874]  [873]  [872]  [871]  [870
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先日、スピットファイアが完成したとき、私は3年ぶりのキット完成の喜びの最中、鉄則を忘れておりました。

己のことは黙して語るなかれ。

この鉄則をてっきり忘れてしまったお陰で、面倒な自体を招き寄せてしまいました。
会社には飛行機好きのオジさんがおりまして、よく無料で印刷できる飛行機のペーパークラフトなどを作っている人がいます。
プラモデルはむつかしくて作れそうにないと言っていました。
随分と以前から、私が模型趣味だとは会社の人には言ってあるのですが、スピットの完成の喜びで鉄則を忘れた私は、完成したキットの写真をみせびらかし自慢してしまいました。
まあ、仲がいいのでオジさんも喜んで見てくれました。
問題はこのあとです。

「やっぱりプラモデルはペーパークラフトとは全然質感が違うなあ。
凄く本物っぽいもんなあ。
俺にも作ってくれんかね?」

いやー!!!

とは言えません。
咄嗟に笑顔を作り、
「いいですよ!!」
といいました。

ああ~、やはり己のことをひけらかすと良い事はないと思いました。
作りたいキットが沢山あって、でもなかなか作る時間も取れなくて、一ヶ月かかってやっと完成させたのに、今度は頼まれものかあ。
正直、ゲンナリしてしまいました。

おそらく模型をちゃんと作ったことのない人なので、模型を一つ作ることの労力と時間のことをわからないのだろうと思います。
ただ、無邪気に俺も欲しいなあと思っただけでしょう。
気持ちはわかります。

ゲンナリしたのと同時に、むしろ喜んで作ってやらねばと、すぐに思い直しました。
なぜなら、このオジさんはあと数ヵ月で定年退職なのです。
随分と以前から、オジさんの退職記念になにかプレゼントしてあげたいなあと思っておりました。
飛行機好きという共通点があったので、なにか模型を作ってあげればいいかなあとも、実は考えていたのです。
ですが、オジさんの好きな機体が今ひとつわかりませんでした。
随分と前に「F-4ファントムが好きだ」と言っていたので、これを作ってあげようかあとも思いました。
しかし、「最近ではプロペラ機はいいなあ」とも言っており、結局なにが一番好きなのかわかりませんでした。
そんなこんなで、キットをプレゼントするのはやめようかなと思っていた矢先の出来事だったのです。

気持ちを切り替え、
「どの機体がいいですか?」
と聞くと、
「俺、双発機が好きなんだよ」
と言い出しました。
うわー、それは辛いかも。このオジさん、でかいの好きだしなあと思いました。
が、取り越し苦労で、
「でも、サイズがでかいと、飽きるのも早いんだよなあ。月光なんていいと思うんだけど、いいのある?」
と質問され、
「月光だと、タミヤが出している1/48がありますね。するとサイズが35cmくらいになります」
「うーん。それだとちょっと大きいなあ。20cmくらいがちょうどいいと思うんだけど」
「それでしたら、1/72ですね。月光の1/72は・・・ちょっといいキットがあるか知らないです」
「別に月光でなくてもいいよ。何かいいのあるかね?」
「そうですね、双発機好きなら、モスキートなんてどうですか?」
「あ!モスキート好き。映画で見たよ。モスキート。モスキート爆撃隊ってやつ。モスキートいいなあ。それがいいや」

ここで私はなぜか変な勘違いをします。
モスキートと言えば、タミヤ1/48という頭がまずありまして、なぜかタミヤは1/72で出していないと、おかしな思い込みをしてしまったんです。タミヤのサイトで見たことあったのに。欲しいと思ったのに。欲しいキットなんて星の数ほどあるからでしょうか?

「モスキートの1/72なら、ハセガワしか出していないのですが、現在生産休止中です。ただ限定版としてスピットと2機セットのコンボキットならこの間出てましたよ。・・・これです。どうですか?」
「うん、これがいいや。これ、頼むよ」

うわー、これはちょっときついな。
ついこの間スピットを作ったばかりなのに、またスピットかよ。
しかも、モスキートと同時進行かよ。
考えてみれば、3年間の休止の前、最後に作ったのも1/72スピットだったし、再開は1/48で、また1/72スピット。モスキート付きで。
きついな。主に精神的に。

が、自分で提案した以上、責任をもってやるしかありません。
早速その場で注文。
ハセガワが2014年末に出した、オーバーロード作戦のコンボキットです。

んで、自宅に帰って、改めてモスキートのキットを調べ始めます。主に、製作の工程を考えるためでした。
そして、私も実はモスキートが好きで、モスキートが欲しい、作りたいと思っておったわけです。
なので、どうせならタミヤのキットを買って同時進行で作ってみっか!と自殺的なことを考え、勢いでタミヤ版1/48を注文。
しかもそのあとに自分の不注意とアホさ加減を思い知らされます。

タミヤも1/72を出していた!!!
そうだよ。出していたよ!
なぜ俺は忘れていた!
かつて迷ったじゃないか!72と48のどっちがいいのかなあって!
それをなぜ俺は忘れていたのか?
馬鹿なのか!阿呆なのか!
俺!死ね!俺!

そこで、プラスに考えようとなんとか自分の心を引っ張り、どうせ同時進行で作るのなら、同じスケールの方が面白いよな。違いもよくわかるしと考えた挙句、さらなる泥沼に。
72を注文して、一旦48をキャンセルしようと思ったら、既に48は発送準備に入っており、キャンセルできなくなっておりました。
最近、アマゾン早いんですよね。
お陰で、無駄にモスキートを48と72両スケールで揃えることとなってしまいました。

まあいいさ。
まだ私は前向きに考えようとします。
だって、こうすれば、タミヤとハセガワの72を比較できるだけでなく、同じタミヤの48と72をも比較できるじゃないかと。

確かに、スケールモデルの楽しみの一つとして、異なるメーカーで同じ機体の比較をすると言うのもあります。
が、これはいかにもやりすぎ。
モスキートは好きですが、そこまでアレやコレやとキットを揃えるほどじゃありません。

結局、頭よりまず腰が動いてしまう性分のせいで、無駄な出費をしてしまった私です。
よく考えて、よく調べれば、オジさんのプレゼントでスピットまで作る必要はなかったのになあ。
しかも、コンボキットは無駄に高いし。
というか、ハセガワのモスキートは、タミヤに比べて高いし。

はぁ~。

しかも、この3つのキットをなに?あと2ヶ月で作る必要があるって?
きついだろ。俺、ただでさえ手が遅いのに。

やりますよ。気合で。

そんなわけで、本来ならハーディガンを作るターンなのですが、予定を変更してモスキートを作ることになりました。

次回から作り始めます。

ちなみに、次にタミヤが出す1/32シリーズはなんと、モスキートだとか!
嬉しい半面、不思議な因縁ですな。
買うとしてもまだ予定だったモスキートを急な事情で作り始めた途端、タミヤが新作で出すなんて。

タミヤさんにお願いです。
しつこいですが、そろそろ1/32シリーズで、グリフォン・スピットを出してもらえませんか?
できれば、バブルキャノピーで。
できれば、二重反転プロペラで。
あ、それはシーファイアか。
まあ、五翅ペラでもいいですけど。
そして、Bf109F型も出してもらえませんか?
今、一番私が期待しているシリーズが、タミヤさんの1/32エアクラフトシリーズなんですよ。

是非!
お願いいたします!!

俺がグリフォン・スピットを作り始めれば出してくれるかな?

では。

拍手[2回]

PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カウンター
ブログ内検索
プロフィール
HN:
無礼部員1
性別:
非公開
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
最新コメント
[03/21 孝ちゃんのパパ]
[09/11 コスオルモス]
[06/20 コスオルモス]
[05/13 コスオルモス]
[05/13 コスオルモス]
[03/06 政府開発援助]
[12/28 原田 祐嗣]
[05/21 コスオルモス]
[05/15 ラベル]
[05/06 hikaku]
[05/04 NONAME]
[05/02 リコーダー]
[04/23 Matrika]
[03/17 コスオルモス]
[03/04 コスオルモス]
[03/03 コスオルモス]
[02/11 コスオルモス]
[02/11 コスオルモス]
[12/31 コスオルモス]
[12/31 コスオルモス]
[12/27 コスオルモス]
[12/27 コスオルモス]
[12/03 テリー]
[12/01 コスオルモス]
[11/22 コスオルモス]
最新トラックバック
バーコード
アクセス解析
お天気情報
FX NEWS

-外国為替-
忍者ブログ [PR]

photo byAnghel. 
◎ Template by hanamaru.