忍者ブログ
その女の子が信じてくれたなら、ドロボウは空を飛ぶことだって、湖の水を飲み干すことだってできるのに
[161]  [167]  [160]  [159]  [158]  [153]  [157]  [156]  [155]  [151]  [154
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

点数:9点。やっぱ、満点はアレしかないので
寸評:凄まじい傑作。これを同等かそれ以上をいけるのはあれしかない。

まずはこれをお聞きください。

http://www.mocovideo.jp/movie_detail.php?MODE=WIN&KEY=8EWUumZCjmo

その者。青き衣を纏いて、金色の野に降り立つべし
失われし台地との絆を結び
ついに人々を青き清浄の地へと導かん

これを見たのは小学校4年生の時でした。
衝撃的でした。2時間。映像に釘付けでした。身じろぎもせずに。
それから、20年。いまだ、これを越える映画にはであっていません。

宮崎駿って、ほんと20年前は凄い人だったんですよ。今は普通のアニメーターになってしまいましたがね。
一体、何回見たことか。200回くらいかな。
ええ、大体セリフを覚えてますよ。

ナウシカと聞くと、私は遠い目になってしまいます。
というのも、あまりにも素晴らしい名場面が連なっているからです。

まず、導入部。
美しいタペストリーとアニメで、なにやら伝説めいたお話を、なんとなく見ている側に理解させてしまうのは、凄まじい手腕です。宮崎君。

そして、空を飛ぶナウシカ。
ゴーストタウンでボロボロになった人形を握り、「また一つ村が死んだ・・・」とユパ。

素晴らしい導入です。ここだけで、釘付けになってしまいますよね。

「積荷を・・・積荷を燃やして」
「積荷ね。分かった。大丈夫。みんな燃えたわ」

「みんな、待って。お願い。もう誰も殺したくないの。大婆さまも分かって・・・」

「姫姉さま、可哀相・・・」
「わたしは大丈夫。すぐに帰ってくるわ」
「ホント?」
「あら、わたしは嘘をついたこと、あった?」
「ない・・・」
「ね?」

「ナウシカ。泣いてるの?」
「うん。嬉しいの・・・」
子供には、この心理は分からないでしょうなあ。ほんと、この映画は見れば見るほど理解度は深まっていき、コクが出てきます。

特に終盤です。飛行艇に捉われていたナウシカを、アスベルと女たちが救い出したあと。

「ごめんなさい。私たちのしたことがみんな間違いでした」
「あなたは?」
「ラステルの母です」
「お母様・・・」
「ナウシカ、急げ!!」
「みなさん、ありがとう!!」

ここからですよ。もうね、滂沱の涙です。今、これを書きながら、私は・・・わたしは・・・。

「雲よ!!雲に押し付けて乗り移るつもりだわ!!お母様やみんなを残しては行けない!!」
「行け、ナウシカ!!」
「アスベル!!」

ここですよ。もうね。駄目です。私。平常心ではいられません。
何を書けばいいのか、何を書いているのか、分かりません。
モニターが滲んでいます。

音楽がとにかく素晴らしい。宮崎の影に隠れていますが、宮崎アニメになくてはならない人、久石譲。この人の音楽は本当に素晴らしいです。
映画がこのクオリティになったのは、半分はこの人の功績ですよ。

雲から浮かび上がり、地獄と化した飛行艇を見つめ、潤むナウシカ。
奥歯を噛み締め、メーベを加速させる・・・。

「姫様~!!」
「ミト!」

「ユパ様、みんなが、みんなが!!」

「無茶じゃ、姫様。エンジンが爆発しちまう!!」
「谷まで持てばいい。300まで上げて!!」
(神様。風の神様。どうかみんなを守って・・・)
どうしてナウシカは、ここまで強くなれるのでしょうか?

「よく引き付けてから撃て」
「あの人は敵じゃないよ。何か叫んでいた」
「邪魔する奴はみんな敵だ。撃て!!」
「嫌だ!!」
両手を広げて、正面から突っ込むナウシカ。
「ラステルさん・・・」

もうね、このシーンで泣かなかった人は、この銀河にはいないと思います。
何百回見ても、私はこのシーンで呼吸を忘れます。
どうしてここまで優しく慣れるのでしょうか、ナウシカは?

「私たちを運びなさい。王蟲の群れの前に降ろすだけでいい」
王蟲の前に降り立つナウシカ。
「姫様、あんなところに・・・」

ここまで胡散臭くなく、鬱陶しくなく、清廉で、説得力のある究極の自己犠牲を体現したシーンがあったでしょうか?
本当に美しい人の心ってのを信じさせてくれるシーンです。
凄まじいまでの意志力。何がなんでも、谷の人を救ってみせる。ナウシカとは一体。

父親が殺されても、けっして自分に同情せず、人のために命すら投げ出せる人。
アニメの世界ですが、これほどの説得力があるシーンは、他に思いつきません。

命絶えたナウシカを高く掲げる王蟲。
気が付き、テトを撫でるナウシカ。
「ありがとう。王蟲。ありがとう」

「その者。青き衣を纏いて~。伝説は本当じゃった」
谷のみんなと抱き合うナウシカ。

こんなに気持ちのいいエンディングは、例を見ませんな。
完璧です。

ナウシカが落ちた腐海の底。そこに忘れてきたマスク。
その側に、新たな木の芽が・・・

おわり

拍手[3回]

PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カウンター
ブログ内検索
プロフィール
HN:
無礼部員1
性別:
非公開
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリー
最新コメント
[03/21 孝ちゃんのパパ]
[09/11 コスオルモス]
[06/20 コスオルモス]
[05/13 コスオルモス]
[05/13 コスオルモス]
[03/06 政府開発援助]
[12/28 原田 祐嗣]
[05/21 コスオルモス]
[05/15 ラベル]
[05/06 hikaku]
[05/04 NONAME]
[05/02 リコーダー]
[04/23 Matrika]
[03/17 コスオルモス]
[03/04 コスオルモス]
[03/03 コスオルモス]
[02/11 コスオルモス]
[02/11 コスオルモス]
[12/31 コスオルモス]
[12/31 コスオルモス]
[12/27 コスオルモス]
[12/27 コスオルモス]
[12/03 テリー]
[12/01 コスオルモス]
[11/22 コスオルモス]
最新トラックバック
バーコード
アクセス解析
お天気情報
FX NEWS

-外国為替-
忍者ブログ [PR]

photo byAnghel. 
◎ Template by hanamaru.