忍者ブログ
その女の子が信じてくれたなら、ドロボウは空を飛ぶことだって、湖の水を飲み干すことだってできるのに
[204]  [203]  [202]  [201]  [200]  [199]  [195]  [198]  [197]  [196]  [188
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日は4月1日です。
そんな時にこんな情報が次々と飛び込んでくるとは夢にも思いませんでしたよ。

いや~ビックリしましたね。
まさかまさか。あのバンダイがそんなことをするとは・・・、夢にも思いませんでしたよ。

MGの100番目はなんとナイチンゲールに決定したようですね。
しかもその後、サザビーのVer2もやるとアナウンスしてますね。

素晴らしい!!
英断ですよ。

今後、100体目から2週目になるのかと危ぶまれていましたが、それもちゃんとしてくれました。
2週目には入らない。MGは今後、今までMG化されていないZ以降のMSを中心としてやっていくと、ホビー事業部の広報は言っていますね。

そうでなくっちゃあ!!

まだあります。
R3のエルガイムMK2が思いのほか好評だったため、HGHMを復活させ、シリーズを充実させていく予定だそうです。
その他、重要なヘヴィーメタルは、R3でも出していくそうですよ。エルガイムMK1とかバッシュとかオージとか。
嬉しいですね。

さらにさらに。もっと嬉しいニュースが飛び込んできましたよ。
ボークスさん、WAVEさん、ワークショップキャストさんが共同出資して、新たな模型メーカーを設立。
そこでは主にFSSのデザインを、なんと廉価販売に適したインジェクションプラキットとして発売していくことが目的となるとか。
その際、ディテールなどがいい加減になったり、フォルムやスタイルが崩れるのを防ぐため、ガレキを原型として金型を煮詰めていくらしいですよ。
目標は「ガレキの美しさをインジャクションで」ってことらしいです。
つまり、WAVEさんが単独で出しているハイクオリティな1/144のMHシリーズをさらにグレードアップして、より作りやすく、より安く、しかも造形の優れたプラキットを作ってくれるって事です。
素晴らしいですね。涙が出るほど嬉しいですよ。

アレだけ素晴らしいデザインが、敷居も値段も高いガレキだけになってしまうってのは勿体ないですから。
やっぱり作りやすいプラキットで沢山展開してくれると、本当に嬉しいですよ。

さらにあの超絶ディテールで有名なシリコントライブさんに一般販売の版権が降りるそうです。
これで、イベント限定だけでなく、普通にあの素晴らしい造形を手に入れることが出来るようになるってことです。
西山さんのファンは嬉しい限りですね。

まだありますよお!
バンダイがこれまでほとんど独占し、なかなかおろさなかったオーラバトラーシリーズの版権を、なんとコトブキヤさんに全面的に譲ることが決定したらしいです。

英断です。
今のバンダイはガンダム系しか展開する気がありませんからね。
しかもコトブキヤさんはオーラバトラーのガレキをこれまで沢山販売していますからね。
ま、イベント限定でしたけど。
でも、それらのノウハウが生きてくることは間違いありません。
これは楽しみなシリーズになりそうですね。
これに合わせて、これまでイベント限定として出していたオーラバトラーのガレキを一般販売するようです。
そこにPMTさんの素晴らしいサーバインやズワウスも入っていると事。
これは買いですね。

作り易さという意味ではまだまだバンダイに勝てないコトブキヤさんですが、造形と言う意味では既に超えてますからね。
オーラバトラー。楽しみですよ。

もう一個サプライズが。
マックスファクトリーさんが作った決定版とも言うべき伝説のキット。
1988年にソフビで一般販売され、レジンではもう手に入れる手段がなかったサーバインが帰ってきます!!

なんと今回は要望の高かったレジンキャストキットとしてサーバインを一般販売する予定のようです。
確かにソフビキットは経年変化に対して弱すぎましたもんね。
当時販売されたレジンキットのサーバインは、販売個数が少なすぎたため、まず見かけませんし。
元のキットが持つ美しい造形を普遍的に維持しようとすると、本当に難しい素材ですよ、ソフビは。
それが故に、ソフビキットのサーバインはほとんどコレクターアイテムと化し、伝説にもなっているほどの造形美を持つのに、ネット上でも作例がほとんど見つからないレアなキットとなっていましたからね。
これは嬉しいことです。
サーバインの売れ行きがよければ、ズワウスの開発も視野に入れるとのこと。
オーラバトラーファンの方。みんなで買いましょうね。

もう一個、おまけといってはなんなんですが、サーバインと同じくMAXファクトリーさんの決定版キットである、ボトムズ物のデザイン「テスタロッサ」

これも再販される予定のようです。これはサーバインに輪をかけて、超レアなキットですよね。完成品の画像を、私は一つしか知りません。
本当に伝説のキットですよね。素晴らしい造形を持ちながら販売数が少なく、入手が非常に困難でしたから。
しかも、発売されたのが80年代だったため、成型技術がちょっとアレなものなんですよね。
気泡だらけという・・・。
なので、普通の人では綺麗に仕上げることができないくらい、敷居の高いキットだったわけです。
それを今回、現代のガレキ技術で再販してくれるわけですから、こんなに嬉しいことはありませんよ。

素晴らしいことだらけですね。今年の模型業界は。
これはきっと、出戻りが急増するに違いない。お金が幾らあっても足りないくらい、面白いことになりそうですよ!!
積みキットが莫大に増えること間違いなし!!


いや~エイプリルフールの日に、こんなに幸せになれるとは思いませんでしたよ。
ははは・・・。エイプリルフールっていいなあ・・・・ポツリ、ポツポツ(涙が落ちる音)。

・・・夢見すぎだよね。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カウンター
ブログ内検索
プロフィール
HN:
無礼部員1
性別:
非公開
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
最新コメント
[03/21 孝ちゃんのパパ]
[09/11 コスオルモス]
[06/20 コスオルモス]
[05/13 コスオルモス]
[05/13 コスオルモス]
[03/06 政府開発援助]
[12/28 原田 祐嗣]
[05/21 コスオルモス]
[05/15 ラベル]
[05/06 hikaku]
[05/04 NONAME]
[05/02 リコーダー]
[04/23 Matrika]
[03/17 コスオルモス]
[03/04 コスオルモス]
[03/03 コスオルモス]
[02/11 コスオルモス]
[02/11 コスオルモス]
[12/31 コスオルモス]
[12/31 コスオルモス]
[12/27 コスオルモス]
[12/27 コスオルモス]
[12/03 テリー]
[12/01 コスオルモス]
[11/22 コスオルモス]
最新トラックバック
バーコード
アクセス解析
お天気情報
FX NEWS

-外国為替-
忍者ブログ [PR]

photo byAnghel. 
◎ Template by hanamaru.