忍者ブログ
その女の子が信じてくれたなら、ドロボウは空を飛ぶことだって、湖の水を飲み干すことだってできるのに
[605]  [604]  [603]  [602]  [601]  [600]  [599]  [598]  [597]  [596]  [595
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最近、時間がありません。
ま、そろそろ作業する時間くらいはできるかな?

それはそうと、ローゼンタール・オーギルの詳細が出てきましたね。
10月発売。
お値段5040円!!

いやー、とうとうACも5000円台突入ですか。
アリーヤが3990だったことを考えると、たかが一年でよくも上がったなあという感じです。
まあ、コトブキヤさんはバンダイなどと比べて小さいメーカーさんですから、原油高の影響をもろに受けるでしょうしね。

にしても、素晴らしい造形!!
メッチャ格好いいです。今年、最も興奮するキットとなりそうです。
武装が少ないように見えるのですが(設定とか知りません)、これで全部なんでしょうかね?

ラインバレルも10月発売で3990円だそうです。
ちょっと値段が高いかなあ。でも、元となる漫画のネームバリューを考えれば、これでも頑張ったほうだと思いますけどね。
しかし、見れば見るほど、FSSのデザインの影響を感じますねえ。このラインバレル(これって、メカの名前?)。

肩やら胸やら腹などはシルエットがほぼレッドミラージュだし、顔の感じも同じですね。基本的に人間顔でありながら、目が異様に鋭く無機質な表情ってところが。

ライン・ヴァイスリッター。
これも10月で5040円ですか。スパロボは、今まではちょっとACよりも高い感じだったのですが、これからは同じ価格帯になるわけですねえ。
にしても、5000円越えのキットってのは、ちょっと痛いですねえ。

しかし、これもここまで生物的表現ならば、いっそのことコトブキヤさんもオーラバトラーをやればいいのに。
PMTさんのガレキをキャラホビなどで売っていたのですから、原型そのものはすぐにでも使えるのでは?
今のコトブキヤさんなら、AB的ラインもプラキットで再現できるのではないでしょうか?

ま、コトブキヤさんを必死で叩こうとしているバンダイが、版権を渡すわけ無いんですけどね。

とまあ、10月のコトブキヤさんの新作でした。

オーギルはメッチャ楽しみだなあ。
ほんと、素晴らしいデザインと造形ですよ。平手の無機質さもグッド。
しかし困ったのが、色。
前にも言いましたけど、またアリーヤさんを作りたいのですよ。その時、色は白を基調とするつもりだったのです。

だが!!

既に設定色が白の機体がAC4にあったとは・・・。
設定を知らないから起こった悲劇ですねえ。
オーギルの色を変えればいいのでは?って言われればそれまでなんですけどね。

はあ、どうすっぺ?
いやいやいや。オーギルを作るなんて、ず~っと先だから。
心配すんな、俺!!

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ブキヤ
「ふた●ちゃんねる」を巡回してたら情報を見ました。

う~んブキヤさんもやはりそろそろ低価格路線にも限界だったようで、今後はこの路線なのでしょうね。
ACも買いはじめたころは「これでこの値段はスゲエ」と思っていました。やっぱり相当無理してたんですね・・・
バンダイさんのアバランチとか、通常の1/100キットですら3000円台突入ですから、まあ妥当なのでしょうけど・・・。
一昔前の1/100と今の1/100は精度が段違いですし原材料費も高くなりましたから、やはりこの流れがむしろ自然なのですね。

ラインバレル、が今後のブキヤキットの中核の一つになりそうですね。
ラインバレルのメカニックにはなかなか魅力的な機体が多いので、果敢に立体化するブキヤさんを応援したいです。

因みにラインバレルのメカの元ネタはFSSだけじゃなく色々あるようです。

PS2ソフトの「Z・O・E」とか。他には普通にエヴァでしょうかね。なんだか永野さんが協力したというウワサがあるのですが、信憑性はイマイチです。
しかし、ブキヤさんは今年後半に入ると「ブラックサレナ」「セラフ」などの大型キットを加えて、「アルテリオン」「グルガンスト」「ヴァイスリッター」「ラインバレル」「オーギル」と大ラッシュするわけですが・・・
どこもかしこも皆言います。「一体何があったんだ、ブキヤ!」と(笑)
かのバンダイさんも、突然マイナー路線なMSVを連発リリースしていますし、地味に白熱しています(爆)
コスオルモス URL 2008/06/07(Sat)00:33:32 edit
熱い2008年模型業界
やっぱり高いですよね。割安感があったACも、現在では割高感を感じます。
グレンラガンやラインバレルのキットは、2500円程度が適正かとも思うのですけどね。

ACも、軌道に乗るまでは無理してでも安価にしておきたかった。
しかし軌道にのった今は、原油高を言い訳にして、一気に値上げに踏み切った。
これが真相かもしれません。原油高のための上乗せは、10%程度で大丈夫な筈ですし、20%を超える値上げは、相応の意味があるのでしょう。
とはいえ、買ってしまうんですけどね。AC。MGよりも私好みのキットですから。
たかが1000円の上乗せで、次の素晴らしいキットに繋がると思えば安いものですけどね。
バンダイお得意の打ち切りを今のところコトブキヤさんはしていませんし。

ラインバレルの立体化は、私も応援してます。
原作は知らないのですが、それとは関係なく、模型ってものを楽しみたい人間からすると、色んなものがあるほうがいいので。
デザインも中々素敵ですし。

永野さんは色んなことをしているようですね。彼のデザインセンスの幅がメカだけに留まらず、ファッションやキャラクターデザインにまで広がっているためなんでしょう。
私としては、MHを描いてくれれば満足ですけど。

今年のコトブキヤさんは、スパロボ中心で行くみたいですね。去年がAC中心だったからでしょうか。
スパロボのデザインは、個人的に微妙なものも多いので、AC中心の方が嬉しかったり。
しかし、馬鹿でかいダイゼンガーを企画しているようで、それはちょっと楽しみです。
どう考えても値段がアレになると思うので(2万で収まるのか?)、おそらくは買わないでしょうけど。
逸騎刀閃で満足ってのもありますけどね。

結局、バンダイも新しいことをやらざるを得なくなったってのは、コトブキヤさんが示した可能性と実績。それとガンダムを基本としたキットに行き詰まりを感じたからなのでしょうね。

ガンプラの主力のMGシリーズを続けていくため、マイナーMS、あるいは量産機をMG化できるならしたい。
が、それらが売れなかったら、MG(ホビー事業部)の存続は危うい。
だから、他のメカシリーズも出してみよう。マクロスやボトムズなど。
MGの売り上げが下がっても、ある程度それを補填する受け皿として。
コトブキヤが示したように、マイナーであっても品質が高ければ売れるのだから。

これが現在のバンダイの思惑なのかもしれませんね。
それでも腰が引けているから、マクロスの発売は遅いですし、ボトムズも年に数体しか出ないんですよねえ。R3の次はあるのでしょうかね。

結局、ガンダムから脱却できていないわけですけど、少なくともマイナーMSまでに手を出し始めた姿勢は評価すべきかなと思ってます。
ギラドーガを出さなかったら、「やっぱりバンダイはバンダイだ」になりますけどね。

ふ○ばは私もよく見ます。たまに超絶作例が出てくることがあるのが、あそこの恐いところですよねえ。
情報も早いですし。
頭のおかしい人が何人かいるのが、玉に瑕ですね。
【2008/06/08 00:00】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カウンター
ブログ内検索
プロフィール
HN:
無礼部員1
性別:
非公開
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリー
最新コメント
[03/21 孝ちゃんのパパ]
[09/11 コスオルモス]
[06/20 コスオルモス]
[05/13 コスオルモス]
[05/13 コスオルモス]
[03/06 政府開発援助]
[12/28 原田 祐嗣]
[05/21 コスオルモス]
[05/15 ラベル]
[05/06 hikaku]
[05/04 NONAME]
[05/02 リコーダー]
[04/23 Matrika]
[03/17 コスオルモス]
[03/04 コスオルモス]
[03/03 コスオルモス]
[02/11 コスオルモス]
[02/11 コスオルモス]
[12/31 コスオルモス]
[12/31 コスオルモス]
[12/27 コスオルモス]
[12/27 コスオルモス]
[12/03 テリー]
[12/01 コスオルモス]
[11/22 コスオルモス]
最新トラックバック
バーコード
アクセス解析
お天気情報
FX NEWS

-外国為替-
忍者ブログ [PR]

photo byAnghel. 
◎ Template by hanamaru.