忍者ブログ
その女の子が信じてくれたなら、ドロボウは空を飛ぶことだって、湖の水を飲み干すことだってできるのに
[739]  [738]  [737]  [736]  [735]  [734]  [733]  [732]  [731]  [730]  [729
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日のオージのお時間です。

今回は、細部塗装と装甲パーツの接着を行いました。

まずは、細部塗装から。

シリンダー

シリンダー塗装の場合、エルガイムなどはゴールドとシルバーで塗り分けたんですが、今回はゴールドの変わりにカッパーを使ってみました。
本体にゴールドを大量に使うので、他に使いたくなかったんですよ。

使ってみて、カッパーって使いどころの難しい色って気がしました。
いい色なんですが、メタリック塗装に求められる高級感が余り感じられないような。
カッパー=銅なんですから、当たり前ですが。
この辺は使い方次第でしょう。単に私の想像力が乏しいだけだと思います。

次。接着です。


接着

多分、これだけだと思います。
ここで恐いのは、足首のシルバーのパーツと、両肩の丸っこいバインダーですね。
両方ともはめ込みのピンとダボの位置の関係で、接着面が若干開いてしまうんですよ。
なるべく押し付けては見るんですが、やはり手を離すと戻ってしまい・・・。
多分、後から見たら、僅かに隙間が開いていると思います。

分かってはいても、これは現段階では対策のやりようがないですね。形状とピンダボの位置が原因ですから。
足首は一応挟み込んではいますけど、これだけでは怪しいです。
肩に至っては、形状が楕円なので、挟み込むことができません。
仮にできても、円の片側が開いている状態で接着するわけですから、変に力を加えるとかえって隙間が開いてしまうんですね。
この辺は同じ状況になった事のある人なら分かると思いますけど。

ま、後で修正する覚悟をしときます。

そんな訳で、今日のオージはお仕舞い。

次回から、接着待ちを利用して、いつもの様に次のキットの仮組みに入ります。
そのキットは、エルガイムのトリに相応しいあのキットです!!
お分かりですよね?

では。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カウンター
ブログ内検索
プロフィール
HN:
無礼部員1
性別:
非公開
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
最新コメント
[03/21 孝ちゃんのパパ]
[09/11 コスオルモス]
[06/20 コスオルモス]
[05/13 コスオルモス]
[05/13 コスオルモス]
[03/06 政府開発援助]
[12/28 原田 祐嗣]
[05/21 コスオルモス]
[05/15 ラベル]
[05/06 hikaku]
[05/04 NONAME]
[05/02 リコーダー]
[04/23 Matrika]
[03/17 コスオルモス]
[03/04 コスオルモス]
[03/03 コスオルモス]
[02/11 コスオルモス]
[02/11 コスオルモス]
[12/31 コスオルモス]
[12/31 コスオルモス]
[12/27 コスオルモス]
[12/27 コスオルモス]
[12/03 テリー]
[12/01 コスオルモス]
[11/22 コスオルモス]
最新トラックバック
バーコード
アクセス解析
お天気情報
FX NEWS

-外国為替-
忍者ブログ [PR]

photo byAnghel. 
◎ Template by hanamaru.