忍者ブログ
その女の子が信じてくれたなら、ドロボウは空を飛ぶことだって、湖の水を飲み干すことだってできるのに
[665]  [664]  [663]  [662]  [661]  [660]  [659]  [658]  [657]  [656]  [655
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日のダイゼンガー・逸騎刀閃のお時間です。

なんだか、久しぶりにアウセンザイターさんに触りました。
前回の記事を見てみると・・・一週間前ですか。ちょっと間空きすぎ。
ん?以前にもこんなことを書いたような気が。デジャブかな?

さて、今回から気合いを入れて合わせ目消しを含む二次整面にかかります。
では、今日の成果。


合わせ目消し

たったこれだけ?って感じかもしれませんけど、これでも1時間以上かかってます。
顔の合わせ目は、基本的に顎と鼻の上になるわけですが、曲線なので、かなりやり辛いです。
それ以上に、ワンパーツが大きくて疲れます。

一番左の赤いパーツなぞ、エッジに合わせ目があるので、かなり面倒です。
裏表の両面から研ぎだして、そのあとは研ぎだしたところの面がよれているのでフリーハンドで均すと。
それだけで、相当疲れました。

そんな訳で、今日のダイゼンガー・逸騎刀閃はお仕舞い。

時間がないですけど、やはり一日にワンパーツでもいいから整面を進めておかないとモチベが下がりすぎてしまっていけませんね。
整面が終われば、またモチベは上がりますけど。
一旦停止してしまうと、再開するのが億劫になっていけません。

では。


~追記~

waveさんの公式サイトで、Ma.K.からガンス(GANS)のキット情報が出てますね。
いや~、これはちょっと欲しいです。
何て言うんでしょうねえ、こういうデザインの感じ。近藤さんっぽいというかなんというか。
80年代のリアルメカをイメージしたデザインって、こういう風味のものが多かった気がします。なんだか、凄く懐かしい感じがするのですよ。

こういう独特な感じのデザインって好きです。
マシーネン・クリーガーといえば・・・実は私はまったく知らないものなんですねえ。
模型に復帰してから数ヶ月。技術的なことにも目がいくようになり、色々と調査をしている時に出会ったのが、私とMa.K.とのファーストコンタクトです。
現在でも、元にアニメor漫画あるのかは知りません。

ただ、一部ではマニアックな人気があり、しかしキットが既に絶版状態で、みんな苦労しながら作っている感じでしたね。
パワードスーツのようなものもありますが、私としてはあまりそっちに興味はなく、主にメカだけのものが好きです。
そんな訳で、このガンスには相当興味があります。

最近、waveさんもプラキットを野心的に出していますねえ。
ガーランド関連を2つも一気に出すわ、マシーネンの金型を引き受けて、追加パーツを施すなどして発売するわ。
夏のワンフェスで発表していたエンゲージSR3の続報がないのが心配ですが(多分、今年中の発売はないだろうなあ)、いままでのwaveさんのペースを考えると、相当なやる気を感じます。
ま、Ma.K.は、ニットーから金型を引き取っただけで、イチから開発したわけではないんですけどね。ボトムズ関連と似てます。

そういえば、ハセガワさんもMa.K.からキットをだすというアナウンスがありましたけど、あれの続報て出ているのでしょうかね?
楽しみにしているのですが。
一昨年から去年くらいまではボトムズのリバイバル人気があったみたいですが、バンダイが後出しジャンケンで乗り込んできてしまったので、別のものを各メーカーさんも探しているのでしょうか?

12月発売で、6090円ということです。ちょっと高いですね。
ま、今現在このキットを欲しがる人は相当少ないでしょうから、この価格帯も頑張ったほうでしょう。
しかも、このキット。絶対に作ること自体、かなり面倒だと思うんですよね。
ニッパーと接着剤だけでは、組み上がらない予感・・・。

話は変わりまして、ACの次回作は、ホワイトグリントまでお預けなのでしょうかね?
ローゼンタール・オーギル以降、ホワイトグリント以前のラインナップ情報を聞かないので、もしかしたら、半年くらいのブランクが空くのかもしれません。
ま、去年から今年にかけて、かなり精力的に展開していましたし、コトブキヤさんも他のシリーズに忙しいでしょうから、ACはちょと息切れ気味なもかもしれませんね。

ついでに、バンダイからのVF-25。アルト機が発売されましたけど、オズマ機が11月に決定しているようです。
でも、やっぱり素体だけで、アーマードパックは付いていないとか。
バンダイってのは・・・。

11月ころにスーパーなりアーマードなり付属のキットが出ると思ってましたけど、オズマ機が11月に発売となると、早くても12月。まあ、来年と考えていいのかもしれません。
出さないって選択肢は止めてください。

となると、私は10月のオーギル以降は、買うキットはないかな?
お金が節約できて嬉しいですけど、物足りない気もしてしまいますね。
ってことは、今まで買えなかったキットを買ったり、Ma.Kを買ってしまったりするのだろうか?

ま、そんなことをする前に、「積んであるキットを減らそうぜ」月間にしたほうが良さそうですね。
なんとか今月中に、アウセンザイターさんも完成の目途を立てたいのですがね。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
休暇の結果。
どうもです。
ついに2学期始まり、またキット製作の日々とはしばらくお別れになりそうです。
私のブログでこれからまだまだ公開していきますのでよろしくお願いいたします。

無礼部員1様はコンスタントに続けられていますね。しかもすごい作業量を。
私なんかどんなに手間かけようとしても、せいぜいサーフェイサーをしっかりかけるくらいのもので、表面ヤスリ掛けを行ってません・・・。

やっぱり表面ヤスリがけしたほうが段違いに質感が良くなるのでしょうか?
私は最近そのヤスリ表面処理がとても気になっています。HGUCサザビーを仕上げた時、他の方々はほとんどそれを行われていましたので。

紙やすりは大量にあるのですが、どうにもちょいちょいとしか使わないので・・・。
ダイゼンガーさんのような巨大キットとなると、やはりパーツ一つの表面をとってもこういった作業を行うのはとても大変ですよね・・・。私は途中でギブしそうで・・・ダメだな自分。

マクロスキット。自分も買おう買おうと思っていたのですが、なぜか突然カーモデルが前日になって欲しくなってしまい、ついつい別の物に資金を買ってしまいました。また違う機会に持ち越しへ・・・。(買ったのは「エンツォ・フェラーリ」と「ジャガーXJ220」というスポーツカーです)
ふたばでは大好評のようですね。素組みでも恐ろしくカッコイイです。塗装する必要がないように作っているところは流石は技術のバンダイさん、といった感じで。
ガンダムダブルオーはどうなるでしょうか。個人的には以外に00ガンダムHGとケルディムガンダムHGが良い出来ではないかと思いました・・が、
やっぱりHGUCギラドーガのほうが気になります(笑)ギラドーガはAFVミリタリー風味でたっぷり遊べそうなメカなので。
うーん、ドイツ兵+タイガー戦車のような塗装が似合いそうです。

追伸
マクロスのオズマ機もいいなと思っていた矢先・・・またバンダイさんはエクストラフィニッシュverを出すそうです・・・。ストライクフリーダムガンダムをメッキにするみたいで。
うーん、こういう売り方さえなければバンダイさんは大好きなのに・・・(←自分勝手)
あとマシーネン・クリーガーは確か元々は模型雑誌の連載企画から生まれたものだそうです。なので漫画もありますがあくまでそれが原作、というわけではないみたいです。
コスオルモス URL 2008/09/22(Mon)13:00:16 edit
最近、結果が出せないです・・・
新学期ですね。学生さんも大変です。頑張ってくださいね。
現在、ケンプも作っておられるとか。楽しみに待ってます。

コンスタントというわけには、最近いかなくなってきてしまいました。
いまいち時間が空かないので、かなり不規則なペースでしか作れません。
作業量を減らせばいいような気もするんですけど、合わせ目を消しているとどうしてもヒケが気になり始め、ヒケを消していると今度はパーツの端っこのめくれたような部分(コトブキヤさんのキットには必ずあります)が気になり始め・・・。

結局、番手の荒いペーパーをかけてしまうと、目の細かいペーパーも必要になってしまうんですよね。
この整面作業さえ減らせれば、時間的にも精神的にも負担は軽減できるんですけど。
難しいところです。

ペーパーをかけたからといって、質感が段違いによくなるわけではありませんねぇ。残念ながら。
先ほどもいった、パーツのめくれやヒケは無塗装よりも、塗装をすると目立ってきてしまうのは確かですけど。
コトブキヤさんのキットは、微妙に面がよれていることも多いので、これも塗装すると、より目立つ箇所ですね。

メタリック仕上げにする場合、どうしても綺麗な表面でないと傷が目立ってしまうので、サザビーなどではより表面に気を使う方が多かったのかもしれませんね。
1200番くらいまで、丁寧にかけないと、綺麗な光沢が得られないとか言う人もいますし。
私は800番で終わらせて、サフを丁寧に吹けば充分だと思いますけど。

結局、全パーツにペーパーをかけるのは、面を均一にするためってのが大きいと思います。
塗装を施すと、ちょっとしたヒケやヨレ、傷やめくれなどが気になるものですから。

グロス塗装に拘る方は、塗装の上から艶ありクリアを厚く塗るかウレタンクリアを塗って、そこから2000~3000番ペーパーで研ぎ出しして塗膜でだるくなったエッジを復活させ、コンパウドで磨いてツヤツヤにするらしいですが、流石にそこまでは私は無理です。
ウレタンは体に悪すぎますし(普通に使っておられる方は、この塗料のリスクを知っているのかと心配になります)、艶ありクリアで代用すると、今度は乾燥時間が半端ではなくかかりますしね。

さらにそこからペーパーを丁寧にこなすのは、本当に根気勝負だと思います。

それに比べれば、ダイゼンガーの整面なぞ、屁の河童なんですけどねえ。
やっぱ、私は根性無しです。

マクロス。早く私も欲しいのですが、糞忌々しいバンダイ商法に私まで乗ってやる必要はないなと思い、必死に我慢しています。
デキは滅茶いいんですけどね。
ホント、ちょっと驚くほど売れているみたいですね。そこらのMGなんぞよりも売れてそうです。

マクロスのバリエは顔だけが違うので(オプションパックは別として)、私としては、オズマ>ミシェル>アルトの順で顔が好きなんですよ。
で、オプションパックは、アーマード>スーパー>ノーマルの順なので、どうしてもオズマ機アーマードが欲しいんですよねえ。

そういえば、コスオルモスさんはカーモデルもやられるのですよね。
それこそ、上に書いた磨きこみが生きてくるキットではないですか!

やるのですか? 
や る の で す か ?!(無理強い)

00セカンドのデザインに関しては、今のところ、私は冷えてます。
折角ファーストでガンダムというカテゴリの中ではいいデザインを開拓したのに、セカンドでは悪い意味で後退してしまったなと。
ファーストの面影が残ってはいるのですが、色気を消して記号だけ残したって感じのデザインがいまいち。
これから出てくる敵メカに期待ですかね。

ギラドーガはいいですよね。
旧キットとも設定画ともかなり違うバランスですが、個人的には格好いいと思います。
なんだか、HGUCの逆シャアシリーズって、ちゃんと太く作ってくれているのが好感が持てます。最近のガンダムの風潮である変に細っこいアレンジでないのか。

ストフリのエクストラフィニッシュ。
なんだか、諭吉君を請求するらしいですね。こやつは。
こんな奴に、絶対に渡しませんけどね。私の諭吉君は。

マシーネン・クリーガー。
そうなのですか。ってことは、ガンダムで言うところのセンチネルみたいなものなんでしょうかね。
だからかな。模型的表現をこれでもかってくらいにつぎ込んだ作例が多いのは。これが魅力なんですよね。

スタイリッシュなデザインが多い現在、こういう無骨というか不細工というか、そんなデザインは基調ですから、これからもどんどん発売して欲しいものです。
【2008/09/23 01:02】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カウンター
ブログ内検索
プロフィール
HN:
無礼部員1
性別:
非公開
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリー
最新コメント
[03/21 孝ちゃんのパパ]
[09/11 コスオルモス]
[06/20 コスオルモス]
[05/13 コスオルモス]
[05/13 コスオルモス]
[03/06 政府開発援助]
[12/28 原田 祐嗣]
[05/21 コスオルモス]
[05/15 ラベル]
[05/06 hikaku]
[05/04 NONAME]
[05/02 リコーダー]
[04/23 Matrika]
[03/17 コスオルモス]
[03/04 コスオルモス]
[03/03 コスオルモス]
[02/11 コスオルモス]
[02/11 コスオルモス]
[12/31 コスオルモス]
[12/31 コスオルモス]
[12/27 コスオルモス]
[12/27 コスオルモス]
[12/03 テリー]
[12/01 コスオルモス]
[11/22 コスオルモス]
最新トラックバック
バーコード
アクセス解析
お天気情報
FX NEWS

-外国為替-
忍者ブログ [PR]

photo byAnghel. 
◎ Template by hanamaru.