忍者ブログ
その女の子が信じてくれたなら、ドロボウは空を飛ぶことだって、湖の水を飲み干すことだってできるのに
[719]  [718]  [717]  [716]  [715]  [714]  [713]  [712]  [711]  [710]  [709
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日のオージのお時間です。

オージとお時間。・・・なんか似てる。

さて、今日は脚部を組み立てました。


足

まずは足です。
細かさは、エルガイムさん以下アトール以上といった感じの作りになってます。
かかとが動きませんからね。オージさんは。

ただ、爪先はちゃんと稼働します。
作ってて初めて知ったのですが、踵の二股の間に、もう1つ蹴爪みたいなのがあったんですね。


足ディテ

こんな感じになります。

裏から見ると分かりますが、踵の二股パーツ。肉抜き穴がありますね。
ま、裏なので埋めなくても見えないって話はありますが・・・。

次。脚です。


脚フレーム

なかなかのディテールを入れているフレームですな。
構造はエルガイムさんと比べれば至って単純です。あっちは相当細かかったですから。

フレームだけで組み立てるとこんな感じになりますが、フレームがあるのは膝関節までです。
んで、装甲を付けます。


脚装甲

結構、装甲パーツが多いですね。

エルガイムさんではかなり組みにくかった脚ですが、オージさんのは組み易いです。
ただ、塗装を考えると、やっぱり面倒な構造ですねい。
腿や膝裏などは仕方ないにしても、足首装甲が面倒。
はめ込みされている部分を見るとなんとか後ハメできそうですが・・・、失敗すると足首装甲をつけることができなくなりそうで恐いです。


ランダムスレート

ランダムスレートです。

このためにディテールを造形していたわけですね。
ここ、ちょっと面白い構造です。
二枚上のフレームだけの奴を見ると分かるかな?
膝裏にポリがありますね。こいつが引き出し式になっていて、ランダムスレートを開く時はこいつを引き出してから開くんですよ。
単純な構造の割りに、うまいこと再現したなあ。

ただちょっと気になったのは、フレームの合わせ目も消さなくてはならないこと。
後ろ側だけですが、凹凸が激しい箇所なので、ちょっと神経使いそうですね。

そんな訳で、今日のオージはお仕舞い。

次回は胴体ですね。いつもの如く。

では。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カウンター
ブログ内検索
プロフィール
HN:
無礼部員1
性別:
非公開
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリー
最新コメント
[03/21 孝ちゃんのパパ]
[09/11 コスオルモス]
[06/20 コスオルモス]
[05/13 コスオルモス]
[05/13 コスオルモス]
[03/06 政府開発援助]
[12/28 原田 祐嗣]
[05/21 コスオルモス]
[05/15 ラベル]
[05/06 hikaku]
[05/04 NONAME]
[05/02 リコーダー]
[04/23 Matrika]
[03/17 コスオルモス]
[03/04 コスオルモス]
[03/03 コスオルモス]
[02/11 コスオルモス]
[02/11 コスオルモス]
[12/31 コスオルモス]
[12/31 コスオルモス]
[12/27 コスオルモス]
[12/27 コスオルモス]
[12/03 テリー]
[12/01 コスオルモス]
[11/22 コスオルモス]
最新トラックバック
バーコード
アクセス解析
お天気情報
FX NEWS

-外国為替-
忍者ブログ [PR]

photo byAnghel. 
◎ Template by hanamaru.