忍者ブログ
その女の子が信じてくれたなら、ドロボウは空を飛ぶことだって、湖の水を飲み干すことだってできるのに
[455]  [454]  [453]  [452]  [449]  [451]  [450]  [448]  [445]  [444]  [443
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

フォックス・アイ。欲しー!!
今のところ我慢しているけど、買っちゃうかも・・・

今日のリックドム2
のお時間です。

今回で完成です。
なんだか、最後はグダグダになってしまいました・・・。
まあ、キット制作には、愛が必要ということでしょうね。

さて、完成図。


完成図

ババーンと適当完成の図。
いやはや、ここまで適当に作ったことがあったろうか?否。
そんな自問自答をしてしまうリックドムさんです。

何が適当って、まあ見ていただければお分かりになるかと思いますが・・・。

各部バーニア・スラスター。シルバーだけで終わり。玩具っぽい。
グラデなし。まあ、これはやってみたいとは思ってましたけどね。
ドライブラシなし。当初の想定とまったく違うことをしています。
改造箇所の処理がいい加減。根性無しです。

そんなところですね。


三面図

お約束の三面図。

でもま、色味は気に入っています。マグレなんですけどね。
説明書通りにやろうとすると、かなりどぎついパープルなんですが、あまりそういうのって好きではないんです。
なので、デュアルフェイスさんの時に使ったパープルを白で明度を上げて、同時に軟らかい色合いにしたわけですね。
他の部分は、ほぼカラーガイドどおりの色合いです。


顔周辺

アップで。

こうしてみると、バズーカだけにグラデがかかっていることが分かりますね。
意図的にかけたわけではなく、試し吹きをしたら思ったよりもグレーの色が濃かったため、再度上塗りをしただけです。
でも、意外といい感じになってますね。


斜め

斜に構えて。

う~ん。やっぱりキット制作ってのは、手をかければかけるほど、いいものが出来るんだってのが如実にわかる結果ですね。
セレナさんやデュアルフェイスさんの後とは思えないほど、当たり前でつまらない仕上がり。
いや、悪くはないんですが、なんというか、「爽快感」がないですね。模型の醍醐味である筈の。

ま、急いでいたから、仕方ないんでしょう。


ポケ戦ショット

ジムコマンドとの比較。
やっぱり、ドムはしっかりとしていますね。
胸、腰、肩周り。比較するとどれもが、ガッシリとしています。

でも、細いなりのバランスってのがあるのがデザインの面白いところ。
模型道も深遠ですが、デザイン道も深遠ですね。

次の比較。


デブショット

デブ同士仲良く。

デブといっても、ボディビルダーみたいな体つきのセレナさんですけどね。
リックドム2さんも、肩を上げたり股を広げたりしたことで、かなり体がビルドアップされたのではないでしょうか。

さて、特に拘った箇所もなければ、丁寧にやったわけでもないリックドム2さん。
もう書くことがありません。

ほんと、ゴメンネ。リックドム2さん!!
悪気はないんだ。ただ、タイミングが悪かったんだ。


そんな訳で、恒例のレビューに入ります。

○キットの造形:6点
仮組みの時にも書いたことだが、全体像としてはいいのだが、個々の形状がイマイチ。
要するに、メリハリがない。
これが勿体ないところ。
まあ、こういう曲線表現は本当に難しいからね。


○どれだけ簡単に綺麗に作れるか度:7点

非常に簡単だと思う。
合わせ目は当たり前の様に全身にあるが、そんなのどこ吹く風。
楽勝です。
モノアイ周辺に合わせ目がないのはありがたい。
ああいった立体的な箇所ってのは、ペーパーがけし辛いから。

○可動範囲:5点
 可もなく不可もなく。
最近、こればっかり書いている気がするなあ。
まあ、表情を付けるには充分では?
って、これも毎回・・・


○関節・武器保持力:5点
 大体は大丈夫なのだが、足首が緩い。
足首というか、ボールジョイント部は良いのだが、そのBJ牝を固定している脛側のダボが若干緩いらしく、結構簡単に回転してしまう。
といっても、裾が地面に着きそうなリックドム2さん。あまり関係ないけど。
大きな欠点は、バズをちゃんと保持できないこと。
長さであったりグリップや手首の可動が致命的に足りないため、イマイチ格好いい構えができない。
この辺はHGUCなどで長くアレンジされているところからも、分かると思う。


○プレイバリュー:5点
普通。ごく普通の模型。
これが当たり前。充分に楽しい。

○置物的価値:5点
 誰がどう見てもドムなので、ガンダムを知っている人間には理解し易いと思う。
ただ、ドムとかってザクと違って、「うおー!いい!」っていう人が決定的に少ない気がする。
なので、それほど熱烈な愛を注がれない不幸なデザインかも。


○総合評価:6点
 充分にいいキット。
作るのは簡単だし、改造もそれほど難しくない。面倒臭いけどね。三次曲線の延長工作は。
その辺を普通に出来るのならば、HGUCを買う必要はないと思う。


○お勧め度:6点

やはりHGUCの存在は大きい。値段が倍といっても、大人ならば普通に買えるお値段だし。
でも、ジムのところにも書いたが、自分で作るということに重きを置くのならば、旧キットの方が面白いと思う。
構造的にも造形的にもプリミティブだから尚更。
自分なりの工夫を味わえるキットであることは間違いない。


ということでね。リックドム2さんの完成です。
手抜き間を自分で強烈に感じるのは、おそらく目的意識の欠如なんだろうなあ。
今まで、毎回何か命題をおいてやっていたけど、今回は何にもなかったから。
いや、あったはあったんだけど、時間的都合でやらなかった。ドライブラシの実験とか。
そういうのが、後ろめたさを感じる要因になっているんでしょうね。

ま、一つだけいえることは、「この色は好きだ」ってことですね。

最後に、


比較

素組みとの比較。
やっぱり段違いですね。塗装をすると。質感その他。
改造も、割と的を射たものだったみたいだし。

ま、そんな訳で、今日のリックドム2はお仕舞い。

次からは、アリーヤさんの改造と接着に入ります。
頑張るぞー!!

では。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カウンター
ブログ内検索
プロフィール
HN:
無礼部員1
性別:
非公開
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリー
最新コメント
[03/21 孝ちゃんのパパ]
[09/11 コスオルモス]
[06/20 コスオルモス]
[05/13 コスオルモス]
[05/13 コスオルモス]
[03/06 政府開発援助]
[12/28 原田 祐嗣]
[05/21 コスオルモス]
[05/15 ラベル]
[05/06 hikaku]
[05/04 NONAME]
[05/02 リコーダー]
[04/23 Matrika]
[03/17 コスオルモス]
[03/04 コスオルモス]
[03/03 コスオルモス]
[02/11 コスオルモス]
[02/11 コスオルモス]
[12/31 コスオルモス]
[12/31 コスオルモス]
[12/27 コスオルモス]
[12/27 コスオルモス]
[12/03 テリー]
[12/01 コスオルモス]
[11/22 コスオルモス]
最新トラックバック
バーコード
アクセス解析
お天気情報
FX NEWS

-外国為替-
忍者ブログ [PR]

photo byAnghel. 
◎ Template by hanamaru.